昭和レトロな商店街に行列!熱海プリンカフェ2ndはかわいさ満載


2018.12.31

LINEトラベルjp 旅行ガイド

最近、おしゃれなカフェやゲストハウスなど、新たな街の魅力で若者や女性を惹きつけ、人気が復活している熱海。その人気を牽引している店の一つが熱海プリンです。熱海駅近くの1号店には常に行列ができています。
2018年そんな人気店の2号店が昭和レトロな商店街「熱海銀座」の中にオープンしました。1号店と趣の異なるかわいいお店。カフェスペースはタイル張りの浴槽や風呂桶のテーブルなどお風呂の中にいるようです。
昭和レトロな熱海銀座商店街の中に2号店!
JR熱海駅から約1.1km、歩いて約12分のところにある熱海銀座商店街。昭和レトロな商店街には近年、話題のゲストハウスやカフェなどがオープン。人気のまち歩きスポットとなっています。
緩い坂になっている商店街のアーケードを下れば数分で「熱海親水公園」、坂を上がっていくと「熱海七湯 大湯間歇泉」や「湯前神社」はすぐです。
人気の熱海プリンの2号店「熱海プリンカフェ2nd」は熱海銀座商店街の中ほどにあり、平日の午前中も多くの人で賑わいます。
1号店と趣の異なる2号店、店構えはとにかく“かわいい”という言葉がぴったりです。店頭にはプリンの絵が描かれた暖簾、赤い格子の窓、温泉マークがついたキュートなロゴ。ポップでカラフルだけど、ゆるふわっとした雰囲気が訪れた人の心をほっこりさせます。
なんだろう新しいのに懐かしい、この感じ。店頭では記念撮影する人の姿が絶えません。
お風呂をイメージしたグッズもかわいい!
さあ、暖簾をくぐって店内へ入ってみましょう。
お風呂をイメージした2号店にはこんなかわいいオリジナルグッズも揃っています。
ユニークなカバのキャラクターも楽しく。
1号店にはないカフェスペースでまったり
1号店がテイクアウト専門なのに対し、2号店は店内にカフェスペースを備えます。
店内のインテリアもタイルを用いるなどお風呂をイメージ。白を基調としたカフェスペースの壁には円形のライト、随所にかわいいキャラクターが描かれています。
メニューはこの木桶に入れて提供されます。食べる時は桶をひっくり返してテーブルがわりにして。
なつかしい味、新しい味。2号店限定商品も
熱海プリンの看板商品、小さな牛乳瓶に入ったとろーりなめらかな口当たりが特徴のプリンは、カラメルシロップも手作りで、2種類のカラメルをブレンドした特製のカラメル。カバさんの容器もかわいいのです。
熱海プリンにはイチゴ味や季節限定の濃厚チョコレート味など、バリエーションも豊富です。
実は熱海プリン2号店でしか頂けない商品も多くあります。たとえば、こちらミルクソフトにプリン、クッキーを合わせ、カラメルフレークをトッピングした「プリンパフェ」もその一つ。
この他、熱海シフォン、皿プリン、タピオカドリンク、ボトルドリンクなども2号店の限定メニューです。
こちらは熱海の温泉をイメージしたちょっぴりしょっぱいサイダーに、熱海の花火をイメージしたカラフルなゼリーが浮かぶ「熱海ランデヴー」。
ユニークなスイーツを飲み比べ、食べ比べ
ブラックタピオカを使用したタピオカドリンクは、ミルクティー、抹茶ミルク、カフェオレの3種類。
この他にもユニークな商品が目白押し。お風呂上りについさい飲みたくなる、どこか昔懐かしいボトルドリンク「風呂上がりの牛乳三兄弟」。イチゴ牛乳とフルーツ牛乳は1日30個限定です。
熱海プリンは2017年、熱海駅前商店街の中にオープンするや年間販売本数40万本を突破、熱海の新名物となりました。熱海にお越しの際は立ち寄ってみませんか。 

read-more
熱海プリンカフェ2nd(セカンド)
place
静岡県熱海市銀座町10-22 沢口ビル1F
phone
0557851112
opening-hour
10:00-18:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら