能代市旧料亭金勇でお座敷貸切り、優雅な雪見ランチ&夜景食事プラン


2019.01.03

LINEトラベルjp 旅行ガイド

秋田県能代市柳町の旧料亭金勇はかつての高級料亭、建物は随所に天然の秋田杉を使い、国登録有形文化財にも指定されています。現在は能代市の観光交流施設として建物や庭を公開しています。
ここではお座敷を貸し切り、優雅なランチに夜は郷土料理のきりたんぽ鍋やお酒を楽しめるプランが女性を中心に大人気です。施設見学はガイドのお願いも可能、能代春慶塗の展示や囲碁好きには過去3回本因坊選が開催された部屋も魅力です。
県内屈指の高級料亭だった国登録有形文化財の建物
料亭金勇(かねゆう)は1890年創業。その建物は天然秋田杉の産地でかつて木都と呼ばれた能代を象徴する貴重な建物です。
今では再現が難しいという大規模和風建築は木造2階建。1階には天井に長さ9メートルの天然杉の丸太を使った42畳の中広間「満月の間」やそれぞれ趣の異なる5つのお座敷があります。
2階の大広間は広さ110畳。見所は樹齢260年以上、直径2メートル級の天然秋田杉を使った畳1畳分の杢目板を卍型に配する「四畳半仕切り格天井」です。
大広間の床の間は幅2間半、見事なイタヤカエデの床柱は十和田湖畔で伐り出されたものです。
趣の異なるお座敷、日本庭園、廊下も見事
旧料亭金勇の1階にはそれぞれ趣向が異なるお座敷が5つあります。雪見障子を上げれば、美しい日本庭園を眺めることもできます。
冬景色の日本庭園では、雪を被った雪囲いが風情ある姿を醸し出します。
二階の大広間の両側には畳敷きの廊下、庭園も一望できます。
高級料亭のお座敷貸切って優雅にランチ!
広間やお座敷だけでなく、高級料亭ならではの廊下などの設え、建築美も見所です。
こちらはかつて政治家や上客が会合や商談に利用した「田毎の間」です。卍張りの折上天井には通常の板目とは異なる模様が現れた杢板や絞り丸太が使用され、網代編など凝った造りとなっています。
金勇では建物を見学するだけでなく、そのお座敷を貸し切って食事を楽しむこともできます。ランチプラン「金勇らんち」では6つのお店が趣向を凝らした仕出し弁当を用意。料金は1500円から3240円まで、客はお好みのお弁当を選ぶことができます。
※金勇らんちは基本予約制です。当日でもお座敷が空いていて、お店が対応してくれれば利用可能な場合もありますが、人気で予約で埋まっていることも多く、予約して行かれることをお勧めします。
冬は雪見、夜はライトアップ、郷土料理の鍋やお酒も
夜は郷土料理のきりたんぽ鍋やお酒も頂けるプラン「金勇夜物語」が用意されています。ライトアップされた建物やお庭を眺めながらお食事が楽しめます。冬には雪景色も相まって雪見ランチ、雪見酒も楽しめます。
本因坊戦を再現した碁盤など、展示も充実
過去3度、囲碁の本因坊戦が開催されたお座敷では、囲碁界史上初の七冠を達成した井山裕太さんのサインや棋譜を再現した碁盤などの展示が行われています。
館内では、能代の伝統工芸品、能代春慶の常設展示のほか、時期により様々な企画展やイベントも開催されています。
※イベント情報は旧料亭金勇のホームページの催し物のページで見ることができます。
館内では随所に木都能代ならではの見事な技を見ることもできます。金勇の歴史や建物の魅力を詳しく知りたい方はガイド案内を頼むこともできます。 

read-more
能代市役所 旧料亭金勇
rating

4.5

27件の口コミ
place
秋田県能代市柳町13-8
phone
0185553355
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら