富士山と初日の出が楽しめる雄大な二年詣り!神奈川・大山阿夫利神社


2018.12.20

LINEトラベルjp 旅行ガイド

神奈川県の東丹沢に位置する「大山」は、昔から修験道として登られていた山。その「大山阿夫利神社」での二年参りは、雄大な富士山の姿と風情ある初詣が楽しめます。山頂では多くの方が初日の出をもとめ大晦日から登りはじめます。年の初めのおめでたいときを素晴らしい風景とともに始めてみてはいかがでしょうか?記事内では二年参りの様子を動画でも紹介しています。
大山阿夫利神社の初詣は下社、初日の出も!
昔から修験道として信仰されてきた「大山(おおやま1,252m)」には、中腹にある「大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)」下社と、山頂にある上社があります。通常は登山客が目立つ大山ですが、年末年始の二年参りは、一般客も多く混じり賑わいを見せています。
下社の大晦日は、刻一刻とお正月を迎えようと大変な賑わいがあります。下社からでも大きな展望があり、海から登る初日の出も期待できます。
大晦日は深夜でも小田急電鉄「伊勢原駅」から大山ケーブル行きのバスが出ており、ケーブルカーも特別運行しています。ですがバスもケーブルカーも大変混雑するので、早めに出かけるのがおすすめです。
年が明けるとお餅つきなども行われ、まさにお目出たいイメージ一色!参拝客が杵をもつチャンスもあります。この時間帯になると一般客が多く初詣に出向いてくるので、下社は大混雑になっています。
山頂の上社で、初日の出と赤富士で年頭の祈願を
大山阿夫利神社の上社で初日の出と赤富士※に年頭の祈願を行う登山客もたくさんいます。大山の登山道は整備状態も良く、一般の方でも登れるようになっていますが、この時期の山頂直下は路面凍結が多く、すべり止めなどの準備は欠かせません。
※赤富士は日の出間近でしか見られない真っ赤に染まる富士山のこと。
下社から上社までの標準時間は1時間30分ですが、登山客が多いために少し多めに時間をとっておいた方がいいでしょう。大山の初日の出は6時50分ごろなので、混雑も加味して4時過ぎに下社を出るのがいいでしょう。あまり早く到着すると寒さで待ちきれなくなってしまいます。
赤富士山は時間がたつと赤味が薄れていきますので、この時を見逃さないように!氷点下になると自動で機能が使えなくなるスマホの機種もあるので、写真を撮るならコンデジなどを持参するか、それまではスマホをポケットなどで温めておくのがいいかもしれません。
山頂は相当な寒さなので、防寒対策はしっかりと
伊勢原地域の初日の出の平均気温は一桁程度です。気温は1,000m登ると6度が下がるとされていて、平均気温から7~8度低い大山山頂での寒さ対策は忘れないように。その代わり澄んだ空気が素晴らしい景色をもたらしてくれます。
初日の出を拝み富士山を堪能したら、早めに下山するのがいいでしょう。長居すると下山者の渋滞に巻き込まれてしまいますし、中にはすべり止めを用意していない方もいて、なかなか前に進みません。
多くの登山客で雪面はつるつるになっています。下山の際に、自分より山頂側にすべり止めを装着していない方がいる場合、いつ滑り落ちてくるかわからないので注意します。その場合距離をとるか、もしくはやり過ごすのが賢明!もちろん自分も滑り落ちないような配慮も必要です。
大山阿夫利神社二年参りの様子を動画で紹介!
ここでは大山阿夫利神社二年参りの様子を動画に収めてあります。ぜひご覧ください。
大山は1,200mを超える独立峰なので、富士山や初日の出以外にも素晴らしい景観があります。東京方面の景色がくっきり眺められることも!
相模湾が朝日に照らされると、遠く江の島の姿も確認できます。
赤富士と初日の出を同時に眺められる大山阿夫利神社。ぜひ今度の初詣は大山阿夫利神社に出かけてみてはいかがでしょうか?下社で二年参り、さらに大山山頂を目指せばきっといい思い出として残るのは間違いありません。 

read-more
大山阿夫利神社
place
神奈川県伊勢原市大山355
phone
0463952006
opening-hour
[平日]9:00-16:30[土休日]9:00…

この記事を含むまとめ記事はこちら