古都・京都のクリスマス!「ロームイルミネーション」


2018.12.15

LINEトラベルjp 旅行ガイド

京都市右京区に本社を置くローム株式会社の本社周辺で開催されるロームイルミネーション(2018年度は11月22日~12月25日開催)。シンボルツリーやメタセコイア並木、芝生広場等のイルミネーションも美しく必見ポイントが満載です!
春や秋が圧倒的に人気が高い京都の町は、クリスマスシーズンの人混みは比較的少なめで、古都でのクリスマスはきっと印象深い思い出になってくれることでしょう。
シンボルツリー ヤマモモの木
LEDを中心におよそ86万球の電球が使用され、京都市内で開催されるイルミネーションとしては最大規模とされるロームイルミネーション。このイベントは京都に本社を置くローム株式会社が社会貢献の一環として本社周辺で実施しているもので、2018年度は20回目の開催に当たります。
そのロームイルミネーションの玄関口となるのが五条通(国道1号線)に面し、会場のシンボルツリーでもある一対のヤマモモの木です。ここから続くメタセコイア並木や敷地内の芝生広場、隣接する名倉公園にも美しい明かりが灯ります。
会場へのアクセスは、京都市バスの西大路五条バス停の利用がオススメで、バス停からは徒歩3分程でシンボルツリーへと到着することができます。その他は阪急・西院駅から徒歩約15分、JR丹波口駅から徒歩約20分ほどで到着することができます。
メタセコイアの並木の合間から見たシンボルツリーです。シンボルツリーは高さが約10メートルもあり、見上げるほどに大きな木ではありますが、まん丸のドームのような形で何とも愛らしい姿。
光のプロムナード
佐井通りの歩道沿いにズラリと林立するメタセコイアの並木は黄金色のイルミネーションが施され、「光のプロムナード」と名付けられています。佐井通りを通過する車はみな一様にゆっくりと徐行運転です。年配の方などはタクシーでここを通過し、ホテルへ向かうというのも良いですね。
メタセコイアは、夏場の緑色から秋は黄色を経て赤みの強いオレンジ色へと紅葉するので、紅葉を背景とする期間中前半と、落葉後の後半ではちがった表情を見せてくれます。
名倉公園
五条通から南下し、ローム本社の南側を右手(西)へ進むと名倉公園があり、こちらも美しいイルミネーションが。
公園には子供たちが喜ぶ遊具もあり、イルミネーションに囲まれ幻想的な風景に。夜の公園が珍しいのか、子供たちもいつもよりなんだか楽しそうに見えます。
藤棚も夜空を連想させるイルミネーションが美しく、ちょっと座って休憩することも。
光のカクテルガーデン
名倉公園からさらに西側には、「光のカクテルガーデン」と名付けられた芝生広場もありこちらも見逃せません。ここのイルミネーションは2018年度からリニューアルし、新たに多数のLEDバーと、高さ約6メートル幅約12メートルの大型LEDビジョンが設置されました。
芝生広場のLEDは賑やかな音楽と連動し様々な表情を見せてくれます。
ロームイルミネーション期間中の土日祝日は、この広場を舞台に関西の大学生らによるアカペラコンサートも開催されます。また、やはり土日祝日限定で本館前には京都を代表する喫茶店である小川珈琲の出店も。小川珈琲の本店は、芝生広場から徒歩約2分の至近距離にあるので、熱い珈琲をいただいてから帰るというのもオススメです。(小川珈琲本店の営業は夜21時まで) 

read-more
ローム株式会社
place
京都府京都市右京区西院溝崎町21
phone
0753112121
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら