神戸でクリスマスを優雅に過ごす「神戸布引ハーブ園」


2018.12.19

LINEトラベルjp 旅行ガイド

街中に楽しい雰囲気が漂うクリスマス。都会の喧騒から少し離れた場所にある神戸布引ハーブ園では、色彩豊かな植物に囲まれながらのんびりとクリスマスを楽しむ優雅な時間が過ごせます。クリスマスマーケットを見て周って、夜には温かい飲み物を片手にイルミネーションを眺める…日常を離れたボタニカルガーデンで過ごすクリスマスの見どころを紹介します。
クリスマスムードのボタニカルガーデン
神戸市営地下鉄「新神戸駅」から歩いてすぐにある神戸布引ロープウェイで「神戸布引ハーブ園」へ。ロープウェイを降りるとドイツの古城「ヴァルトブルク城」をモチーフとした展望プラザが目の前に広がります。
神戸布引ハーブ園では11/23~12/25まで「ボタニカルクリスマス」をテーマとした「古城のクリスマス2018」を開催中。展望プラザを始め、園内がクリスマスの装いになっています。
展望プラザのウェルカムガーデンにはクリスマスタワーが飾られ、クリスマスマーケットも開かれています。少し歩いただけでもクリスマス限定のグルメメニューも目に飛び込んできて、どこから散策を始めるか迷ってしまうほど。
日本最大級のハーブ園である「神戸布引ハーブ園」はロープウェイの"ハーブ園 山麓駅"から"風の丘 中間駅"まで、どこからでも神戸の街を見渡すことができます。展望プラザからも神戸の町並みを一望することができますが、広い園内を散歩をしてみるとさまざまな花や緑との出会いがあります。
中間駅近くの"風の丘芝生広場"は広く開かれていて、神戸港を一望しながら自然を感じられる場所の一つです。まずは展望プラザでクリスマスマーケットを見て周って、中間駅へ向って下りながら園内を散歩し、展望プラザでのイルミネーションの時間に合わせて戻るルートをとるといいでしょう。
心躍るクリスマスマーケット「アンペルマン」て何者?
クリスマスマーケットには本場ドイツで買い付けられたオーナメントや伝統工芸品が並び、あれもこれもとお気に入りの雑貨を探すのに夢中になります。
そんな中、見慣れないキャラクターが…ドイツで"信号男"として親しまれる「アンペルマン」。旧東ドイツ時代に誕生し、現在でもベルリンを中心に活躍している歩行者用信号機のマークのキャラクターです。親しみのある形から世界的にもファンが多いキャラクターですが、日本ではなかなか手にすることができません。
日本人には縁のないように思えるアンペルマン…実はアンペルマンの生まれたベルリン市ミッテ区には、日本の文豪・森鴎外が留学中に暮らしたことから、なんと「森鴎外記念館」があります。そして、鴎外が半生を過ごした旧居跡地に「森鴎外記念館」が建つ東京都文京区に2018年4月、交流の証としてアンペルマン信号機が贈られました。
日本と意外な繋がりのあるアンペルマンは、東西ドイツ統一の平和や融合の象徴でもあります。世界の平和を願うクリスマスのモチーフとしても愛らしさがあり、マーケットではクリスマスカードや日本限定グッズなど豊富にそろっているのでぜひ手にとってみて。
クリスマスマーケットでは、嬉しい特典もあります。ハーブ園限定のハンドクリームやハーブティーなど「KOBE HERB GARDENS Original」の商品を購入すると、一人につき一枚、ハーブ園のポストカードをいただけます。お土産としても喜ばれるオリジナルブランドの商品をチェックしてみて。
冬のハーブ園であたたまる
展望プラザにある「神戸菓子工房 Honey Dew」では、体の中から温まるクリスマス限定のドリンクメニューが登場。ベルギーチョコレートのしっかりとした甘みがあって、ダークチェリーが飾られたホットチョコレート"黒い森(フォレ・ノワール)"や甘ずっぱさとハーブの香りがホッとする"林檎とクランベリーのジュース"。(各600円)温まりながら園内を散歩したり、展望プラザから神戸の街並みを眺めたり、寒いからこそ体に染み渡る温かさと一緒に味わって。
園内の中腹にあるグラスハウス(温室)のクリスマスガーデンでは、鮮やかな花々に囲まれて絵本の一ページのような写真が撮れます。秋から冬にかけてのガーデニングデザインのヒントも得られるのがいいところ。グラスハウスはハーブを活用した暮らしがイメージできる"ハーブの家"やカフェラウンジ"The Veranda at KOBE"に繋がっていて、フォトスポットであると同時に、暖かく過ごせる場所でもあります。
グラスハウスのクラフトコーナーでは、季節のハーブを使った暮らしのアイテムづくりも体験できます。(500円)5種類のハーブの中から好きな3種類を選び、自分好みの香りを作り、最後には防虫効果のあるローリエの葉を入れて香り袋の完成。植物だけなのにしっかりとした香りがあり、自分でもハーブを栽培して生活の中にハーブを取り入れてみたくなります。
ロマンチックな古城のクリスマスイルミネーション
草花の色彩と香りに癒された一日の終わりには、光にあふれるクリスマスイルミネーションと神戸の街の夜景が待っています。ウェルカムガーデンの大きなクリスマスリース、クリスマスタワーに明かりが灯り、イルミネーションと神戸の夜景、両方を楽しめるロマンチックな世界が広がります。
12/22(土)~25(火)はクリスマスのスペシャル期間。イルミネーションはロープウェイ最終下り時刻の21:00まで点灯、クリスマスマーケットも20:30まで営業されています。
12/21(金)までのイルミネーションは16:00~17:15までで、クリスマスマーケットの営業も16:30までなので、クリスマス以外でも午後から夕方にかけて過ごすように訪れるのもおすすめです。
神戸布引ハーブ園「古城のクリスマス2018」は、クリスマスマーケット、イルミネーションだけではなく植物の香りと神戸の街並みを望む景色をのんびりと楽しめる空間になっています。優雅な時間を過ごしに冬のハーブ園を訪れてみてはいかが? 

神戸布引ハーブ園/ロープウェイ
rating

4.5

220件の口コミ
place
兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
phone
0782711160
opening-hour
[ロープウェイ上り時刻]9:30-1…

この記事を含むまとめ記事はこちら