発祥の地でラーメン作り!「カップヌードルミュージアム 大阪池田」


2018.12.22

LINEトラベルjp 旅行ガイド

NHK連続テレビ小説の影響で、インスタントラーメン発祥の地として人気が高まっている大阪・池田市。そんな池田市にあるカップヌードルミュージアムで、「チキンラーメン」が手作りできるのをご存じですか?所要時間90分、小麦粉を手でこねるところから手作りする本格派です。
定員制で事前予約が必要なため、電話またはインターネットで申し込みましょう。
朝ドラでも注目!期間限定の企画展も
阪急宝塚線・池田駅からミュージアムまでは徒歩5分。平日でも社会科見学の学生グループや外国人観光客で賑わっています。中に入ると、ロビー正面にどーんと「安藤仁子(マサコ)展」のパネル。現在NHKで放送されている連続テレビ小説のヒロインは、世界で初めてのインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明した日清食品の創業者、安藤百福(モモフク)氏の奥さんがモデルです。その安藤仁子氏の生涯を紹介した特別企画展を、2019年3月31日(日)まで開催しています。
チキンラーメンファクトリーを予約している方は、正面入り口から入ってすぐ左にある小さなミュージアムショップで受付し、チキンラーメン作りの体験料金を支払い(中学生以上500円、小学生300円)、番号札を受け取ります。そこで集合時間などを案内され、館内を見学しながら待ちます。
しばし館内を見学
1階展示室には、インスタントラーメンのパッケージが壁や天井にずらっと並んでいます。インスタントラーメンの歴史を紹介している壁面展示や、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が誕生した研究小屋の再現、カップヌードル型の体感シアターなどを抜けると、奥にスープと具材を選んで自分だけのカップヌードル(1食税込み300円)が作れる「マイカップヌードルファクトリー」があります。
「マイカップヌードルファクトリー」は事前予約は不要ですが、混雑時は待ち時間が発生します。できあがりまでの所要時間の目安が45分のため、時間に余裕のあるときがおススメです。最終受付が15時30分のため、14時45分からチキンラーメン作りをされる方は、体験後に「マイカップヌードルファクトリー」でオリジナルのカップヌードルを作ることはできないため、早めに来館するなど注意が必要です。
チキンラーメン作りに合わせて来た場合には、ちらっと様子だけ眺めて、必ずトイレを済ませておきましょう。その後は2階へ上がり、前のグループが体験している様子をガラス越しに眺めながら、スタッフに呼ばれるのを待ちます。
おすすめ!「チキンラーメンファクトリー」
受付時にもらった番号を呼ばれたらキッチンに入り、指定された席につきます。席に用意されたエプロンとバンダナをつけ、手を洗います。最初に全体の流れを説明され、ビデオを見たあと、2人1組で実際の作業に入ります。参加者6名につき1名スタッフがついて丁寧にやり方を教えてくれるので、難しいことはなにもありません。
小麦粉を手でこねるところから、製麺機で麺生地をのばす、蒸す、味付けするという一連の流れがあり、途中生地を休ませている間にパッケージにマジックでお絵かきします。その後は麺を揚げている様子をガラス越しに見学。この油で揚げて麺を乾燥させる製法は「瞬間油熱乾燥法」といいます。揚がった麺がテーブルに運ばれ、その場で袋詰めして、一人一人に渡してくれます。
完成した「チキンラーメン」とバンダナはお土産に
手作りしたものと市販品1つ、そして使用したバンダナもお土産にもらえます。エプロンは返却しましょう。手作りしたチキンラーメンの賞味期限は、作った日から1か月間です。
盛りだくさんの内容で、あっという間の90分。親子や友達同士が多く、カップルでの参加もアリ。こんなデートも素敵ですね。
2019年1月19日から2月28日までは、バレンタインデーにちなんで“ハート形”のチキンラーメンが手作りできます。バレンタインにそんなヒネリのきいたプレゼントも、喜ばれそうですよね。完全予約制ですので、希望者は早めの予約がお勧めです。
アンテナショップで味わいたいグルメ
池田駅に戻る途中にあるアンテナショップでは、チキンラーメンを衣に使ったコロッケのコロチキ(1個150円)や、から揚げの池カラ(1カップ350円)が楽しめます。どちらもチキンスープ味のサクサクの衣でとってもおいしい!池カラは注文してから揚げるので、揚げたてが食べられます。 

read-more
カップヌードルミュージアム 大阪池田
rating

4.5

677件の口コミ
place
大阪府池田市満寿美町8-25
phone
0727523484
opening-hour
9:30-16:30(最終入館15:30)

この記事を含むまとめ記事はこちら