五右衛門風呂&坪庭付き!金沢の宿「蒼風庵」で日本文化に触れる


2018.12.11

LINEトラベルjp 旅行ガイド

古都の雅に惹かれ、何度も訪れる人が多い街・金沢。その中心部に、町家を改修した一棟貸宿「蒼風庵(そうふうあん)」があります。設備は快適さを追求しながらも、歴史を感じる部材とデザインを可能な限り残してリノベーションされたお宿、「蒼風庵」の魅力に迫ります。
五右衛門風呂で武士気分!?
「蒼風庵」があるのは、金沢のおへその位置。近江町市場まで徒歩3分、ひがし茶屋街、武家屋敷、兼六園や21世紀美術館もお散歩コースという立地です。
そんな賑やかな界隈でも、一本筋を入れば喧騒とは無縁、「蒼風庵」は静かな小道の奥に、しっとりと建っています。黒い杉板の外壁、左官の松飾り、特徴的な窓の格子など、風情たっぷり。期待に胸を躍らせながら、中へ入っていきましょう。
1Fは、和室2間。開放的なキッチンには、6人分の食器と、調理器具・調理家電が一式揃っています。北陸の台所・近江町市場で新鮮な食材を買ってきて、旅仲間と美味しい食事を作るのも楽しいですね。まさに暮らすように旅するとは、そういうこと。
縁側を挟んで坪庭へと繋がる和室は、季節で色付く庭木を愛でながら過ごす、極上のリビング空間。ホテルでは決して味わえない、一棟貸宿ならではの癒しを堪能しましょう。
そして何と、1Fのメインイベントと言っても過言ではない、五右衛門風呂! 薪で焚く古代仕様ではないので、安全に武士気分が味わえます。壁は憧れのヒノキ。木の香りに包まれながら、のんびり湯に浸かれば、旅の疲れも取れますね。
心静かに過ごす部屋
「蒼風庵」の2Fは、寝室2間。4人分の布団が敷ける和室には大きな窓があり、自然の美しさが眼前に広がります。また、希望すれば、宿の女将が茶を点ててくれますよ。
奥の板間には、2人分のベッド。間接照明が優しく灯り、ぐっすり眠れそう。
2F階段手前には、2畳の面白い空間があります。金沢ならではの群青の壁と、一壁一面の窓から射す自然光が美しい室礼。のんびり本を読んだり、瞑想したりと、一人の時間を過ごすにはこれ以上ないお部屋です。子供連れの家族旅行なら、お子さんの遊びスペースにしても良いでしょう。
日本の美と古いモノの味わい
「蒼風庵」は、室内の調度品や建具、庭石など、かつて町家で使われていたものを大切に繋いでいるお宿。古き良きモノ、懐かしいモノ、宿の女将が見つけてきた掘り出しモノなどが随所に見られ、金沢の歴史に思いを馳せる世界観を宿しています。
キッチンに用意された一つずつ柄の違う湯飲みは、金沢の骨董屋さんで女将が少しずつ集めたという九谷焼。宿にある加賀棒茶をいただく時に、どの湯飲みでいただこうかと迷うのも楽しい時間です。
フリードリンクは他に、加賀紅茶、珈琲も用意されています。
宿には、あちこちに花が生けてあり、女将のおもてなしの心が伝わります。花器一つとっても、伝統文化を感じるモノばかりで、和空間ならではの美を味わえますね。
日本文化の体験メニュー
「蒼風庵」では、宿泊客はもちろん、宿泊客ではなくても、書または茶の体験メニューを受けることができます(要予約)。というのも、女将は書の師範。2階の掛け軸は女将の作品なのですが、さすが達筆!惚れ惚れ見入ってしまいます。
坪庭の景色を前に、心静かに書や茶の湯に集中する贅沢な旅時間。日本文化の体験メニュー、本当にオススメです! 

read-more
蒼風庵
place
石川県金沢市西町 4-17-10
phone
0762995646
すべて表示arrow

一棟貸し

¥13,517

arrow icon

2021/07/02 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/06/19

この記事を含むまとめ記事はこちら