キュートな手のひらパン&一風変わった惣菜パンが話題の大阪・papa2 BAKERY


2018.12.05

LINEトラベルjp 旅行ガイド

全国でも屈指のパン激戦区・関西。今回は、まるでおままごとのような見た目がキュートすぎると話題のpapa2 BAKERY(パパパパベーカリー)をご紹介。通常より3分の1サイズにしたミニパンシリーズは、インスタ映え抜群!
かわいいだけでなく、ボリューミーな惣菜パン、関西らしいだし巻き玉子サンドなど気になるパンが目白押し!お子様向けの手土産や新幹線のお供にぴったりのパンが見つかります。
かわいすぎるミニパン!一口サイズで食べやすい
「ミニミニサイズがキュートすぎる!お皿に並べると、おままごとしているみたい!」と大阪で密かな人気を集めている、「papa2 BAKERY(パパパパベーカリー)」。
通常販売しているパンの3分の1サイズのミニミニシリーズはインスタ映えも抜群!
実際に手のひらに置いてみると、ジャストサイズ!小さいお子さんにも食べやすく、いろんな種類のパンを試してみたい欲張りさんにもぴったりなんです。
子どもに人気のアンパンマン、ミニベーコンエビ、塩パン、クロワッサンなど全12種類。お皿に並べたらかわいくて食べるのがもったいなくなりそう!
インスタ映え抜群と女子の間で話題になっているのがミニバーガーシリーズ。サバやウィンナー、チーズバーグ、エビ、あんバター、カツの6種類あります。
小さくても食べごたえ抜群!一つ90円のお手頃価格もうれしいポイント!
惣菜パンがおいしい理由
パパパパベーカリーの親会社はお弁当屋さん。そこで働いていたオーナーが作るお惣菜パンは、グルメに厳しい舌をもつ大阪人も納得の味わい。
一押しは、だしの効いたたまごサンド。ふわっとした食感、ダシの味わいが口の中いっぱいに広がるたまご焼きは、有無をいわせないおいしさ。
使用している卵は、老化防止と美肌効果抜群のビタミンEが通常の卵の30倍という、こだわり家族のこだわり卵。一度食べたら虜になります!
パン職人は、ハード、デニッシュ、惣菜、お菓子パンとそれぞれ担当が決まっており、試行錯誤しながら、こだわりのパンを作り上げています。
ハード系パンのサンドイッチもその一つ。モチモチ食感と、噛むごとにパンの甘味と具材の味わいが増し、食べ応えたっぷり!バゲットは、シンプルに焼くだけでもやさしい甘さが口いっぱいに広がります。
桃、洋ナシ、さくらんぼ、キウイフルーツ、栗など、季節の素材を使ったデニッシュ系パンは、スイーツ好き女子必見!見た目も味もあま~い味わいに、癒されます。
世界の料理をアレンジした惣菜パンに注目
フランス南部発祥の薄い、葉っぱのような形をしたパンがフーガス。パパパパベーカリーは、生地にたっぷりのチーズを練り込み、チーズの甘味、焼いたパリパリ食感が楽しめる味わいになっています。
人の顔よりも大きなチーズフーガスは、ワインのお供にぴったり。
カレーパンのような見た目の「ガンホ」は、たっぷりのオクラとひき肉をスパイスで煮込んだアメリカ南部の郷土料理。ほんのり甘いパンに、パンチが効いたスパイスがしみ込み、がっつり食べたいときに最適です。
焼きそばパンといえば、ソース焼きそばと紅ショウガが定番。ですが、ここの焼きそばパンは、全体的に白っぽい色合い。
実は、アジア風焼きそばパンなんです。スイートチリとタイ料理の定番パッタイのソースで作った焼きそばは、ほんのりピリ辛。玄米バンズのほどよい甘味とのコラボがたまりません!
定番の食パンとクリームパンは別格の味わい
毎日食べても飽きがこない食パンをめざし、試行錯誤して作られた食パンは、お店の一押し!北海道産の小麦とバターをふんだんに使い、ふんわり食感とほんのり甘い味わいに仕上がっています。
おススメは4枚切り。ちょっと厚めに切った食パンをそのまま食べるとふんわり食感。トーストすると、さくっとした食感とふわっとした食感を同時に楽しめます。
バターはほんのちょっとでOK!小麦粉とバターの甘味が感じられるので、何もつけなくてもとってもおいしい!
子どもから大人まで大人気のクリームパン。パン屋にいったら一つは買ってしまうという人もいるでしょう。パパパパベーカリーの棚を見てみると・・・ない?!実は生地が薄く、中のクリームがあまりにもとろとろで、安易にトングでパンを取ると、クリームが飛び出しかねないという理由から、レジ裏に置いてあるんです。
持ってみると、通常のクリームパンよりもどっしり。となると甘いかなと思いきや、とろふわクリームは、あっという間に口の中でとろけてしまうはかなさ。見て持った感じと食べた感じのギャップがあまりにも大きいクリームパン。一度食べたら間違いなく虜になります。
新大阪駅から歩けます
papa2 BAKERY(パパパパベーカリー)は、オーナーの娘さんが、「将来パン屋さんになりたい」という一言から始まり、弁当やで働きながら、パンの専門学校に行き、オープンにいたったのだそう。お店の名前も娘さんが「パパ~パパ~」と言ったから。娘さんへの愛情と同じくらいの愛情で作るパンは、おいしいに決まっています!
カメラのレンズのような入口の前にたつと、パンを焼くおいしい香りがふわり。ついつい引き寄せられるように店に入ってしまうはず。
最寄りは地下鉄御堂筋線「東三国駅」ですが、新大阪駅からも歩いていくことができるので、新幹線のお供に、子どもへの手土産に、恋人と自宅でのプチパーティー用に、いかがですか?いろいろなシーンで楽しめるパンが揃っています。 

read-more
パパパパ ベーカリー
rating

4.0

3件の口コミ
place
大阪府大阪市淀川区東三国5-6-10
phone
0663987713
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら