伊勢「山村みるくがっこう」でフォトジェニックスイーツ女子旅へ!


2018.11.30

LINEトラベルjp 旅行ガイド

皆さん、伊勢にある山村みるくがっこうはご存知でしょうか。こちらは三重県伊勢市で大正8年から代々続く、山村乳業の直営店のお店です!伊勢で長年愛され続けてきた製品の美味しさをもっと知ってもらいたいという思いからオープンしました。伊勢神宮外宮からすぐの場所にあるので、参拝の後にも立ち寄る事ができます。今回は、この山村みるくがっこうで食べる事ができるフォトジェニックスイーツを紹介します。
まずは可愛い外観を写真に収めよう!
昭和レトロな雰囲気を感じる山村みるくがっこうの外観は、思わず写真に収めたくなってしまいます。また、ここで買った商品は店前の小学校時代を思い出す懐かしいイスに座って食べる事ができます。「山村牛乳」と大きく書かれた外観と一緒に写真を撮っても可愛いかもしれませんね。
ディスプレイにも細かいこだわりが溢れていて思わず見とれてしまいます。
お手製の壁面に手書きで書かれたメニューもとっても可愛くてフォトジェニック!手書きのメニューには商品の説明も書いてあるので読んで、食べたいものを探しましょう。
一番人気のプリンソフトを食べよう!
プリンもソフトクリームもどっちも食べたい。そんな夢を叶えてくれるのが、この「プリンソフト」(280円 税込)です。あえて牛乳瓶の半分までしか作っていないプリンの上に、その場でソフトクリームを盛っていただく事ができます。見た目も可愛く、どこか懐かしさを感じる優しい味わいのプリンソフトはぺろっと食べられてしまいます。とても可愛らしく持ち帰りしたくなってしまう牛乳瓶ですが、持ち帰りはNGとのこと。どうしても返却できない方のみ、ビン代1つ20円(大ビン30円)で持ち帰ることができます。
こちらも山村乳業の美味しい牛乳を楽しめる大人気メニューのソフトクリームです。コーンの種類や大きさによって値段は異なりますが、全て250円程度という良心的な価格で楽しむことができます。
ソフトクリームは山村濃厚牛乳をベースに、自家製練乳を加えたミルク感たっぷりの濃厚なソフトクリームになっています。また、ソフトクリームに添えられた食パンのラスクは、地元のパンドーラというパン屋さんで山村牛乳を使用して焼いた食パンを使っているというこだわりも!
フルーツ牛乳はあの映画にも使われていた!?
山村みるくがっこうで実際に飲む事ができるその名も「山村フルーツ」という牛乳は映画「テロマエ・ロマエ」で、使われているものなんです。使われたシーンは、ローマ時代から日本へタイムスリップしてきた、阿部寛さん演じる主人公ルシウスが銭湯でフルーツ牛乳を口にして感動する場面です。ここへ訪れる際には、映画で予習してから行くのも面白いかもしれません。ルシウスの気分になってフルーツ牛乳をグビッと飲み干してみたいですね。
期間限定メニューにも注目!
季節に応じた限定メニューにも注目してみましょう。12月の限定メニューは地元伊勢で採れた旬のイチゴをふんだんに使ったイチゴプリンです。他にも冬の寒い季節には、山村牛乳、山村フルーツ、山村コーヒーをホットみるくとしていただくことができます。伊勢観光で寒くなった体に温かい牛乳が沁みること間違いなしです。 

山村みるくがっこう
place
三重県伊勢市本町13-6
opening-hour
10:00-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら