1日4組の隠れ宿!熊本・小田温泉「草太郎庵」で貸切湯を好きなだけ


2018.09.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

人気の黒川温泉からわずか車で5分のところに、1日4組限定の小さな隠れ宿「草太郎庵」があります。こちら、客室は4部屋だけなのに、貸切温泉は5つもあり、宿泊者はすべて無料で好きなだけ入ることができます。これが美肌成分たっぷりの極上湯なのです。さらに、昼間は蕎麦処としても営業しているおいしい料理も大評判。これでひとり宿泊料金1万1000円(税別)。極上のコスパで、ちょっと秘密にしておきたくなる宿です。
黒川温泉近くの穴場宿「草太郎庵」
九州を代表する人気温泉地・黒川温泉からわずか車で5分。小田温泉は、初夏にはホタルが舞う小田川が近くを流れる山あいの静かな温泉地。そこに1日4組限定の宿「草太郎庵」はあります。古民家風の母屋と季節を感じさせる緑がやさしく迎えてくれます。
15時以降であれば黒川温泉からの送迎もお願いできます(要予約)。宿泊の前後に黒川温泉の湯めぐりや温泉街散策を楽しむとよいでしょう。
4部屋だけの「草太郎庵」の静寂
部屋はシンプルな和室で、人数によって6畳と8畳が選べます。小ぢんまりとしていますが、トイレや洗面台、冷蔵庫など必要なものがそろっています。
部屋に案内されると、ほどなくしてお茶とお菓子が供されます。草太郎庵は昼は蕎麦処としても営業していますので、お菓子には揚げた蕎麦、そしてお茶は風味豊かな蕎麦茶です。
すべて貸切で入れる5つのかけ流し温泉
草太郎庵の温泉はすべて貸切で入るお風呂です。客室は4部屋しかないのに対し、貸切風呂は5つもあり、必ずどこかは空いていてゆっくりと入れるようになっています。しかも宿泊者は無料。部屋に用意された「入浴中」の札をお風呂の入り口にかけて利用します。
5つの貸切風呂のうち、露天風呂は3つあります。写真の「山魚狗(やませみ)の湯」がいちばん大きな貸切露天です。8人ぐらいは一度に浸かれるほど広い露天に、思いっきり足を伸ばして入れるのがなんとも贅沢。
小田温泉の特徴は、天然の保湿成分であるメタケイ酸を豊富に含んでいること。肌のセラミドを整える作用があり、しっとりと潤いのある美肌に導いてくれます。
和の風情にあふれた内湯の貸切岩風呂「鴛鴦(おしどり)の湯」は、寒い冬に人気の湯。源泉は同じなのに、ここは湯の色がやや黄褐色に見えます。坪庭を眺めながら静かに入れるお風呂です。
貸切内湯「木啄樢(こげら)の湯」は、陰影が美しいお風呂。このお風呂がいちばんお湯の色がコバルトブルーに見えます。窓の向こうに眺めるモミジにも季節が感じられます。
「草太郎庵」の真骨頂、蕎麦と熊本を味わう会席
食事処でいただく料理は、「草太郎庵」に宿泊する最大の楽しみでもあります。
アユやヤマメなど、地元でとれた新鮮な川魚をはじめ、素朴なもてなしが心に残ります。
熊本の名物といえば馬刺し。草太郎庵の食事にももちろん登場します。赤身はとろっとしてクセがなく、白いたてがみは舌の熱で溶ける食感と脂の甘みが感じられます。
ほかにも前菜の辛子れんこん、赤身の美味しさを堪能できる特選あか牛の石焼き、といった熊本の名物や郷土料理が盛り込まれます。
そして〆に登場するのは、自慢の蕎麦。地元・阿蘇産と北海道産を合わせて石臼挽きにした蕎麦粉を使い、オーナー自ら手打ちしています。最初は塩で、そのあとは生わさびを付けていただきます。阿蘇の清らかな水でキリッと締まった蕎麦は、塩で味わうとより香りと甘みが引き立って感じられます。 

この記事を含むまとめ記事はこちら