沖縄料理を手軽に持ち歩き!「MARKET SS43」のカップライス


2018.09.14

LINEトラベルjp 旅行ガイド

那覇市の国際通りから路地に入った場所にあるカップライス専門店「MARKET SS43」は、沖縄料理が持ち運べる手軽さと、スタイリッシュなルックスから、沖縄県民や観光客に話題のお店です。片手に収まるカップに入れられたライスの上には、沖縄料理のおかずがセンス良く盛り付けられています。小さなどんぶりのようで、かわいらしくフォトジェニック。手軽においしく沖縄料理が味わえるカップライスをご紹介します。
沖縄料理が手軽に持ち運びできるカップライス
「MARKET SS43(マーケットエスエスヨンサン)沖縄カップライス専門店」で提供されているのは、沖縄料理のチャンプルーやタコライスなどが、お店のロゴ入りのかわいらしいカップに収まったカップライスです。沖縄料理が片手で持ち運びできる手軽さと、スタイリッシュでかわいらしい見た目から、今、地元沖縄の人や観光で訪れる旅行者に人気があります。
ありそうでなかった地元沖縄料理が詰まったカップライス。その誕生は、「MARKET SS43」の代表である川連さんが、沖縄へ旅行で訪れた時の出来事がきっかけでした。
旅先での楽しみの一つは、地元の料理を味わうこと。滞在中に沖縄料理を味わうために食堂へ訪れたら、一つの料理のボリュームが多くて、一品でお腹いっぱいになってしまい、色々と食べたかったのに食べられなかったということがありました。
そこで、旅行で訪れた人たちが、色々な沖縄料理が食べられるようにと、お腹いっぱいにならない量にすること、気軽に食べ歩きができるようなスタイルをと考えた末に、このカップライスというスタイルが出来上がりました。
「MARKET SS43」のカップライスのサイズはSサイズとMサイズの2種類あります。他にも食べたいからSサイズに、とか、カップライスでお腹いっぱいにしたいからMサイズになど、食事の予定や自分のお腹の具合でサイズが選べます。
チャンプルーにポーク玉子、どの沖縄料理にするか悩ましいメニュー
「MARKET SS43」のカップライスのメニューは、8種類ほどあります。お客さんに人気があるのはタコライスやポーク玉子などですが、食事の時間帯によって、売れ筋のメニューが変わります。
「MARKET SS43」は朝8時から営業しているので、朝食で利用する観光客が多いのだとか。朝食メニューで人気が高いのは、温かいもずくのあんかけがトッピングされた「もずく丼」や、納豆とオクラ、たくわんが並べられた「ねばねば丼」です。
また、「MARKET SS43」では、注文したいカップライスの中に苦手な食材が入っていた場合に、他のトッピングに変更したり、除いた食材の量だけ、別の具材を多めにしたりなどの対応をしてもらえます。
例えば人気のタコライスですと、味付けに使われているサルサソースは、子供には刺激が強い味付けです。子供用にサルサソースをケチャップに変更するといった対応をしてもらえるので、家族で楽しむことができます。
カップライスの新メニューとして、ライスの代わりにそうめんを使った「タコそーめん」が登場しています。ライスだとボリュームあるし、お腹にたまるけれど、そうめんなら食べられるということありますよね。サルサソースのスパイシーな味わいで、そうめんをスルスルと食べ進めることができます。
限定メニューでは、沖縄県産のもとぶ牛が使われた「もとぶ牛ステーキ」や、沖縄のあぐー豚の「あぐー豚生姜焼き」があります。
「MARKET SS43」のカップライスは、ライスの上にだけ具材がのせられているのではなく、カップの中間と底にも具材が入っています。そのため、上のトッピングを食べてしまって、あとはライスをもくもくと食べるだけではなく、最後までライスと具材を一緒に味わうことができます。
食べ歩きもイートインもできます!
気軽に持ち運びができるようとカップスタイルで提供されますが、店内にはカウンター席とテーブル席がありますので、店内でゆっくりカップライスを味わうことも可能です。店内の壁に描かれたお店のロゴと一緒にカップライスを撮影すると、インスタ映えな写真が撮れます。カップライスがおいしいうちに食べられるように、撮影は素早く行いましょう。
飲み物はソフトドリンクやアーサー汁がメニューにあり、オリオンビールも用意されています。旅のスケジュールで、テイクアウトにするのか、店内でゆっくり味わうのか選べます。
テイクアウトにした場合、カップライスが倒れてしまうことがないようにと、安定して持ち運びができるように対応してもらえるので、車で海へ移動してビーチで味わうということもできます。車内で食べる場合は、カップライスをドリンクホルダーにセットできますので、座って膝の上にお弁当箱を広げるといったアクションが不要で、気軽に食べられるというのが魅力的です。
「MARKET SS43」へのアクセス
「MARKET SS43」があるのは、国際通りから路地に入った場所なのですが、初めて訪れる場合には少し分かりにくいかも知れません。お店の公式インスタグラムでは、国際通りからお店までの道順が動画で紹介されているので、訪問前に一度ご覧になって確認することをお勧めします。
旅行のスケジュール上、「MARKET SS43」の店舗へ行けないという場合は、那覇空港でも購入できます。飛行機に搭乗する人しか購入できませんが、JAL搭乗口側の免税店を通り過ぎて最初に見えてくる売店で販売されています。
カップライスのメニューや数量に限りがありますので、売り切れの場合がありますが、2018年9月現在、毎日販売されています。沖縄での最後のグルメとして、カップライスを帰りの飛行機へ持ち込んではいかがでしょうか。 

この記事を含むまとめ記事はこちら