幻の3番ホームで餃子を焼く「ギョーザステーション」両国駅で開催


2018.08.24

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2017年に開催され、開店から閉店まで絶えず満席状態で話題を集めたイベント「ギョーザステーション」が、「『Aji ギョーザ』が2つになった記念 ギョーザステーション」と名前を変えて帰ってきました。両国駅の幻の3番ホームを会場に、2018年8月24日(金)~9月5日(水)まで期間限定で実施されます。
駅のホームでギョーザを焼くという非日常的な空間を味わえるイベントの、楽しみ方をご紹介します。
会場は普段は立ち入ることができない両国駅の3番ホーム!
両国駅には、普段は立ち入ることのできない3番ホームが存在しています。
1929(昭和4)年の駅舎改築当時は巨大ターミナルだった両国駅ですが、東京駅にターミナル機能が移設した結果、30年前に定期旅客列車の発着が終了。残ったのが現在の3番ホームといわれています。現在は通常は閉鎖されていて、一部の臨時列車の発着のために使用されるのみとなっています。
今回の「『Aji ギョーザ』が2つになった記念 ギョーザステーション」では、通常は立ち入り禁止の3番ホームへ入ることができるばかりか、ホーム上で自分でギョーザを焼くことができるという面白い体験ができるんです。
陽が沈む時間帯になると、ホームは並んだ提灯の灯りに照らしだされて幻想的な雰囲気に。
まずは「はじめてセット」を購入しよう
「ギョーザステーション」は、幻の3番ホームで自分でギョーザを焼いて楽しむイベントです。テーブルにはガスコンロまたはIHと、フライパンが用意されています。
ギョーザやドリンクは単品でも購入できますが、まず最初は「はじめてセット(500円)」がおすすめです。昨年のイベントではギョーザは味の素冷凍食品「ギョーザ」1袋(12個入り)のみでしたが、今回は「しょうがギョーザ」1袋(12個入り)も選ぶことができ、これにドリンク1杯がセットになっています。
お腹が空いている人や、「ギョーザ」と「しょうがギョーザ」を両方楽しみたい方は「ダブルはじめてセット(700円)」がおすすめです。
ドリンクは、ギョーザによく合うビールやチューハイ、ソフトドリンクだけでなく、ノンアルコールビールも用意されています。
面白い形にギョーザを焼いて盛り上がろう
グループでひとつのフライパンを囲んでみんなでワイワイ盛り上がれるのも、このイベントならでは。ギョーザの並べ方をいつもとは違うものに変えて、焼き上がりを面白い形にしてみたり、テーブルの上に並んだたくさんの調味料を組み合わせて新しいギョーザの食べ方を試すこともできます。みんなで盛り上がってきたら、テーブルに設置されている写真撮影用の自撮り棒を利用して、スマホで記念写真も撮影できるんです。
前回は1日中行列が絶えない人気でしたが、2018年は公式サイトからWEB予約もできるようになりました。もちろん当日席も用意されていますので、予約なしでも大丈夫です。
会場には扇風機はありますが、駅のホームなので冷房はありません。涼しい時間帯がおすすめです。
普段は立ち入ることのできない両国駅の幻の3番ホームでギョーザを焼く体験をしてみてはいかがでしょうか。 

read-more
両国〔JR〕
place
東京都墨田区横網1丁目

この記事を含むまとめ記事はこちら