南紀白浜の幻スイーツ!福菱本店限定のお菓子「生かげろう」って?


2018.08.16

トラベルjp 旅行ガイド

一日売り上げ四万個・TVでも人気の紀州銘菓「かげろう」に本店限定スイーツが! その名も「生かげろう」、地元の人でもなかなか食べられない幻のお菓子なのです。また実は「かげろう」にはアイス版もあるのですよ。フワッとサクッと優しい甘さで大人気の「かげろう」「生かげろう」「かげろうアイス」を全部購入できるのは福菱本店だけ。季節限定も要チェックです。
紀州銘菓「かげろう」のお店・福菱
「福菱」と言うより「紀州銘菓・かげろうのお店」と言った方が早いかもしれないこちらのお店は、昭和8年(1933年)の創業以来80年以上も続く老舗のお菓子屋さん。昭和天皇皇后両陛下へご料菓として献上のほか、数多くの受賞歴を持つ、南紀白浜の名店です。
店名よりお菓子の名前の方が有名なことからもわかる通り、お菓子を食べた人がリピートし、口コミが広がることで自然と人気となっていったこちらのお店。和菓子から始まって2002年頃からは洋菓子も手掛け、今ではたくさんの種類の和洋菓子をいただくことができます。お菓子は本店の上階で製造しているため、店内はふんわり甘い香り。そしてまた、本店にはここでしか食べられない人気のお菓子もあるのです!
TVでも人気の銘菓「かげろう」ってどんなお菓子?
福菱の一番人気は「かげろう」。白浜土産にも自宅用にも人気の、南紀白浜を代表する銘菓です。関西テレビ「ウラマヨ」など数々のTVで紹介されており、その販売個数は一日四万個にのぼるほど。また近隣の多くのホテルや旅館でもお茶うけに選ばれている、大人にも子どもにも好まれるお菓子です。
「かげろう」の名前の由来は、口に入れると消えてしまうかのような口当たりが、まるで浜辺に漂うかげろうのような儚さ…とのイメージから。ほんの2口3口ほどで食べきれてしまう大きさで、日持ちは製造から40日です。その食感はふわりと軽く柔らかく、優しい甘さでいくらでも食べたくなりますよ。
白浜本店限定・幻のスイーツ生かげろう!確実に食べるには?
その「かげろう」がさらに進化したのが、白浜本店限定の「生かげろう」! 2015年に常連さんの声から産まれた「生かげろう」では、「かげろう」のバタークリームが生クリームに変わります。冷たい状態でいただくため食感も変わり、「サクッ」感も「フワッ」感も更に増したスイーツなのです。
「生かげろう」はノーマルのもののほか、2、3か月ごとに期間限定で「季節の生かげろう」が2種類ほど加わります。写真は生クリームとレモンクリームの「レモン生かげろう」。甘さと酸味が爽やかでおいしい!(生かげろう 1本100円、季節の生かげろう 1本120円~)
「生かげろう」の賞味期限は当日中、持ち歩き時間は1~2時間まで(季節により)。そしてそれでも午前中に売り切れることもあるほどの人気のため、和歌山に住んでいてもなかなか食べられない人が多いという幻のお菓子なのです。確実に食べたい方はぜひ午前中に来訪を!
銘菓「かげろう」のバリエーションには「アイスかげろう」も。こちらはアイスクリーム風に仕立てたクリームを挟んだかげろうです。アイスではないので溶けることはありませんが、凍ったままいただくのがおすすめですよ。「生かげろう」は本店限定ですが、「アイスかげろう」は白浜内なら一部のお土産店やコンビニでも取り扱いあり。(2本入り250円)
ちなみにこちらのパッケージに登場しているのは「かげろう男爵」。かげろうが男爵となったダンディーな口調のキャラクターで、併設カフェ「Kagerou Cafe」のロゴや店内の注意書き、更には飲み物に添えられるクッキー形となって活躍しています。福菱本店前には顔出しパネルもありますよ。
福菱はアドベンチャーワールドから車で9分!
それ以外にも福菱には、創業以来80年以上のロングセラー「柚もなか」を始め、「はまゆう」「梅もなか」「白浜銘茶 川添茶シリーズ」など白浜を代表する銘菓がたくさん。本店ならではの豊富な品ぞろえの中から、ぜひお土産を選んでみてくださいね。
福菱本店はアドベンチャーワールドから車で9分、白良浜からは車で4分。大通り沿いでバスでも車でも訪れやすい立地です。また福菱本店のお店の奥は「生かげろう」や福菱のお菓子をいただける「Kagerou Cafe」となっているので、白浜観光の立ち寄りカフェにもたいへんおすすめ。ぜひ白浜限定スイーツを楽しんでくださいね。 

read-more
福菱 Kagerou Cafe(カゲロウカフェ)
place
和歌山県西牟婁郡白浜町1279-3
phone
0739423129
opening-hour
8:00-18:00[Cafe&Bar]18:0…
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら