秋田市民のオアシス!歴史と自然を感じる「千秋公園」でゆったり散歩


2018.08.17

LINEトラベルjp 旅行ガイド

JR秋田駅から徒歩約10分。秋田市民憩いの「千秋公園」は、秋田藩主佐竹氏の居城・久保田城があったところです。藩政時代の面影のこる公園内は、春は桜やツツジ、夏は緑の木々や蓮、秋は紅葉、冬は雪景色と季節ごとの味わいがあり、とても自然豊か。散歩したり、写真を撮ったりと思い思いに過ごす人たちの姿が見られます。
ふらりと気軽に立ち寄れる「千秋公園」のおすすめスポットを秋田市民の筆者がご紹介します。
「千秋公園」は秋田藩主佐竹氏の居城の跡
「千秋公園」は、慶長8(1603)年に初代秋田藩主・佐竹義宣が自然の大地を利用して築城した久保田城があったところです。久保田城址は造園家・長岡安平の設計により明治29(1896)年に公園として整備され、今に至ります。
写真は「千秋公園」の大手門と穴門のお掘の間にかかる中土橋の入り口。JR秋田駅からここまで徒歩10分弱。ここから公園内に入っていくのが王道ルートです。
まずは久保田城の歴史を感じることのできるスポットをご紹介します。
写真は平成13(2001)年に再建された久保田城の表門です。ここは、本丸の玄関口として警備上とても重要なところでした。門の冠木にある藩主佐竹氏の家紋・月印五本骨軍扇にもご注目ください。
本丸北西部の端にある御隅櫓も立ち寄りスポットとしては外せません。御隅櫓は本来は二層建ての櫓で、兵具蔵や物見として使用されていました。
今ある建物は、平成元(1989)年に秋田市政100周年記念として再建されたもの。内部は久保田城および藩主佐竹氏の歴史がわかる資料館となっています。展望室からは秋田市内がよく見渡せます。
<久保田城御隅櫓の基本情報>
電話:018-832-1298
観覧時間:9:00~16:30
観覧料:100円(高校生以下無料)
休館日:12月1日から翌年の3月31日まで
「千秋公園」で神社めぐりをしよう
つづいては千秋公園内にある神社のご紹介です。
まずは表門をくぐっていちばん近い八幡秋田神社へどうぞ。こちらには秋田藩主の佐竹義宣、義尭、義和が祀られています。八幡秋田神社で女子のハートをくすぐっているのがキュートな鳩の形のおみくじです。御朱印もいただけます。
八幡秋田神社の隣りにあるのは、赤い鳥居と狐の像が特徴的な与次郎稲荷神社です。
ここには悲しい伝説があります。大狐の与次郎は、江戸までの往復を6日で走る飛脚として藩主・佐竹義宣に仕えていましたが、その仕事ぶりを妬まれ、山形(現在の東根市)で殺されてしまいます。その後疫病が流行り、祟りではないかと恐れられたので、与次郎を弔うために建立されたのがこの神社です。
初詣やご祈祷などで多くの秋田市民が訪れているのが、二の丸北側にある彌高(いやたか)神社です。こちらには秋田県出身の国学者・平田篤胤と経営学者・佐藤信淵が祀られています。
秋田県の有形文化財に指定されている本殿と拝殿の見学とお参りに、彌高神社へもぜひ足を運びましょう。御朱印もいただけます。
「千秋公園」の穴場スポットで歴史にひたろう
ここからは千秋公園の穴場スポットをご紹介します。
まずは茶室宣庵です。イベント等で開放されているとき以外は内部を見ることはできませんが、趣のある佇まいが素敵なので、茶室の外観をぐるりと見てまわりましょう。
この茶室宣庵の庭にあるのが大手水鉢。これは、加藤清正が朝鮮出兵の時に持ち帰り、豊臣秀吉に献上したものと伝えられています。その後、石田三成の計らいで佐竹家に贈られました。
この辺りは人も少なく静かで、ひっそりとたたずむ茶室やお庭、手水鉢を緑の中でゆっくり眺めながら散策することができます。
茶室宣庵から土塁をあがってすぐの御出し書院跡も穴場スポットです。ここには当時、書院風の2階建ての建物がありました。会合や接待に使われ、歴代の藩主はここから内町・外町を眺め、城下町の雰囲気をうかがい、竿燈まつりも見ていたといわれています。
ベンチに座って遠くに目を向ければ、秋田藩主の気持ちを想像できるかもしれません。この辺りも人が少なく静かなので、散策中にひと休みする場としても最適です。
「千秋公園」で風光明媚な景色に出会う
こちらの写真は公園内の裏門坂からの眺めです。左奥には秋田市のシンボル・大平山が見えます。階段や坂を上っている途中にふと遠くに目を向けるだけで、こんなに美しい景色が望めるのが千秋公園です。歴史に興味がない方でも公園内の散策を充分に楽しめます。
緑の木々に囲まれ、噴水や石灯篭が風情ある景色を演出する胡月池は、自然を満喫するのにおすすめのスポット。春には桜やツツジ、夏には池に大賀ハスの花が咲くなど、季節ごとの美しい景色が見られます。
大手門の堀に7~9月頃に咲く蓮の美しさはまた格別です。お堀を埋め尽くす蓮の葉に圧倒されると同時に、優雅なピンクの蓮の花の姿に思わずうっとりしてしまうことでしょう。
歴史も自然も秋田犬も!贅沢に楽しめる「千秋公園」へ
千秋公園周辺のホテルに宿泊される方は、ちょっぴり早起きして朝のお散歩に出かけてみてください。さわやかな風を感じながら木漏れ日の中を歩くのはとても気持ちがいいですよ。
公園内は坂や階段が多いので、スニーカーなど歩きやすく履きなれた靴で散策しましょう。
千秋公園は広いので、旅行中の限られた時間で効率よくまわるには、ガイドさんに案内してもらうのもおすすめ。千秋公園にはボランティアガイドさんがいます。案内料は無料です。
<久保田城址歴史案内ボランティアの会の基本情報>
案内期間:4月中旬から11月中旬の土日祝日
申込み先電話番号:018-832-7892(秋田市立佐竹資料館)
案内時間:9:00~16:00
平成30(2018)年、千秋公園の二の丸に秋田犬とふれあえるスポットがオープンしました。写真撮影はもちろん、直接触れることもできます。歴史と自然を感じつつ、今、注目の秋田犬にも会える千秋公園にぜひお越しください。
<秋田犬ふれあい処in千秋公園の基本情報>
期間:2018年6月6日(土)から2018年11月4日(日)まで
時間:11:00~15:00 

read-more
千秋公園
place
秋田県秋田市千秋公園

この記事を含むまとめ記事はこちら