目を奪われる絶景!北九州市「河内藤園」の藤棚が世界中で話題


2018.03.16

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2012年に「実在する世界の美しい場所10」、そして2015年にはアメリカCNN「日本の最も美しい場所31選」にも選出され、その絶景がSNSや口コミで拡散されて話題の『河内藤園』。花の見頃がGW(4月下旬~5月初旬)と重なることで、周辺では大規模な交通渋滞を引き起こすほどの人気観光地となりました。そのため2016年からは入園方法が変更になり、現在はコンビニで販売する事前チケットの購入が必要です。
絶景!「河内藤園」藤のトンネル
「河内藤園」の一番の見所は、入場した途端に目に入ってくる「藤の花のトンネル」。
水彩画のようなグラデーションで彩られる藤の花のトンネルは、他に類を見ない美しさで、様々な色の花が順々に咲き乱れるその素晴らしい光景を目にすると入り口から先に進めなくなってしまうほどです。トンネルは80mと110mの2本があり、いずれも同様の絶景を楽しませてくれますので、どちらから入られてもいいでしょう。
入園料は、咲き始めが500円~見頃が1500円(高校生以下は無料)となり、開花状況によって変動します。1500円で入場したら、もっとも美しい時期に訪問できたということです。
トンネル内ではいろんな種類、いろんな色の藤の花を楽しめます。入り口で全体のグラデーションを楽しみ、ゆっくり歩を進めながらそれぞれの藤の花を堪能しましょう。
どうしても混雑してしまうトンネル内ではありますが、人に押し流されるほどではありませんので、自分のペースで心ゆくまで楽しむことが出来ます。
ほんとによく手入れされていて一房一房がとっても綺麗です。藤の香りに包まれながらの観賞は、想像以上にリラックスできますよ。
ドームも新緑も
トンネルを抜けて大藤棚に向かう途中にはドーム状の藤棚もあります。小さな入り口から内部に入ると、360度の花景色を楽しめます。
藤棚の周辺にはもみじの木もたくさんあり、5月であればきれいな新緑も一緒に楽しめます。
2016年からは事前の入園チケット購入制に変更
これほどの絶景ですから、国内外からたくさんの観光客が来園します。山間の藤園に向かう道路が大渋滞!なんてことがあたりまえの状況になっていました。
そこで、交通渋滞を緩和してスムーズな通行を促すとともに、ストレスなく藤を鑑賞してもらうことを目的に、2016年度からGW前後の一定期間は、コンビニで販売される事前チケット(コンビニチケット)を購入するシステムに、入園方法が変更となりました。
詳細は、公式ホームページ(MEMO参照)で丁寧に説明されていますので、確認の上で計画を立てることをおすすめします。JR八幡駅からはシャトルバスも期間中は運行されます。始発が9時で最終が3時。1時間に2~4本出ます。
*2018年の期間は4/21(土)~5/6(日)
*コンビニチケットは3月15日(木)から、セブンイレブン、ファミリーマートにて販売開始されます。
大藤棚のスケールも圧巻!!
ここの見所は藤のトンネルだけではありません。トンネルを登りきった先には藤棚で覆われた約1000坪の広場があるのですが、この大藤棚の豪華さにも圧倒されてしまいます!!
満開時の藤の房は目前まで垂れ下がり、背の高い方は花をかき分けなければいけないほど。広大な藤棚の下でゆっくりした贅沢な時間を過ごせます。
見上げると、まるで藤の花のシャワーです。
2014年までは、大藤棚の下で持参の弁当を食べたり、藤の下でごろごろ寝たりして過ごす光景が見られたのですが、2015年からは少し様子が変わり、樹木保護のため、根本周囲がすべてて立ち入り禁止になっています。
今後もずっときれいな花で楽しませていただけるように、みんなで協力して保護していきたいですね。
どこを歩いても藤の花
大藤棚から入場口への直通通路ももちろん藤棚。こちらの藤園はどこを歩いても藤の花なんです。めずらしい八重の藤も見られますよ。
ちょっとめずらしい八重の藤。まるで葡萄がたくさんぶら下がっているようです。
目で楽しめるのはもちろんですが、これだけの藤の花ですから香りもすごいんです!!
その香りに誘われてクマバチなんかもたくさん飛んでいたりします。ハチが苦手な方にはちょっと怖いかな・・・でも、おそってくることはまずありませんから、安心して下さい。 

read-more
河内藤園
place
福岡県北九州市八幡東区河内2-2-48
phone
0936520334
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら