庭が見事!茨城出張にも最適な純和風宿の内原鉱泉「湯泉荘」


2018.08.05

LINEトラベルjp 旅行ガイド

地名というのは、「名は体を表す」の言葉が指し示す通り、その場所に関する事柄より付けられる場合が多い。茨城県水戸市の三湯(みゆ)は典型例で、3ヵ所から冷泉が湧いていたことに由来している。この一つを受け継ぐのが内原鉱泉「湯泉荘(ゆせんそう)」。立派な庭を持つ純和風旅館、と聞いて財布が心配になってきたそこのあなた。ところがどっこい、リーズナブルに滞在できてしまう。
池は湧水!龍神様を祀る「湯泉荘」の日本庭園
水戸市随一の観光スポット、日本三名園「偕楽園」より少し東京方面にある常磐線の内原駅が宿の最寄りとなる。駅東側は商業施設が集中する一方、一軒宿「湯泉荘」へ続く西側は田んぼや雑木林が点在していて対照的だ。徒歩15分程で到着し、昭和初期に建てられた貴重な木造建築の本館が来訪者を出迎えてくれる。
敷地の総面積は1800坪と広々。「三湯」と水に因んだ地名で呼ばれるだけあって、湧水が庭の池を満たす。橋を渡った先の島に建つ湯泉神社には龍神様が祀られているので、訪ねた際に挨拶も兼ねてお参りしてみては?
庭園と建物が魅せる和テイスト
鴨居をくぐって中に広がるのは、建物に使われた木材が奏でる昭和レトロな空間。ただ単に年季が入っているだけではなく、永い時間をかけた末に完成する重厚さ、あるいは熟成した品の良さを感じさせ、館内のさりげない飾り付けや意匠が更なる華を添えている。
館内は大きく分けて本館と大浴場のある新館で構成。純和風旅館ながらWi-Fiの導入を始め、電子レンジの提供、全客室に冷蔵庫(使用自由)を設置するなど設備面も充実。トイレは共同となるが、全ての御手洗いにウォシュレットが完備されている。布団が最初から纏めて置いてあり、疲れていても出し入れの手間なく、伸ばすだけですぐ横になれるのが地味にうれしい。
宿でお勧めしたい客室は本館の桜の間、藤の間、紅葉の間、菊の間。四部屋とも二階に当たり、広縁から庭園が持つ四季折々の景観美を一望するのにぴったりだ。それと、やや遠方で常磐線の列車が時折り駆け抜けて行く姿を見物できるのもポイント。
丁寧に整えられた庭園に古き良き建物、加えて鉱泉までついてお値段驚きのビジネス価格。殊更ベッドや洋室は飽きたなという出張族の方に、和テイストを存分に味わえる「湯泉荘」はおあつらえ向きだろう。
只者ではない?三湯で語られてきた内原鉱泉の実力
大浴場は男女別内湯で造りも至ってシンプル。だが、湯船に龍紋石(ドラゴンアゲート)を使い、また超音波風呂としての側面も持ち合わせる。注がれる鉱泉(池の湧水とは源泉が別)は冷泉なので沸かしているものの、内原鉱泉の歴史を辿ると少なくとも江戸時代前期には既に知られていた様だ。
『古来湯泉湧き出し、人畜の諸病治癒に著効あり。』と書き記され、プラス「鉄分が多く含まれています」と女将が語っていることからも、普通の水と違うのは確か。24時間入浴OK、ゆっくり神経と腰と皮膚を休めよう。
茨城県産の食材も活用した家庭的な「湯泉荘」の味
前述した通り、近くに商業施設が建ち、車があれば尚更食事に苦労しない。しかし、「湯泉荘」は食事が評判の宿。せっかくだから頼んでみよう。料理はぬくもりに丁重さが込められた家庭味溢れるもので、茨城県産の白米を用いて、朝食に茨城らしく水戸納豆がつく。夕食が物足りなければ、アップグレードすることも可能。 

内原鉱泉 湯泉荘
rating

4.0

3件の口コミ
place
茨城県水戸市三湯町1105
phone
0292592020

この記事を含むまとめ記事はこちら