ルビーをゲット?大人もハマる富士宮・奇石博物館の「宝石探し体験」


2018.06.19

LINEトラベルjp 旅行ガイド

静岡県富士宮市にある奇石博物館は珍しい石などを展示している博物館ですが、ここには宝石探しを体験できる人気施設があります。ローズクオーツやアメシスト・水晶などの宝石を水槽の砂利の中から探し、見つけた宝石はそのまま持ち帰ることができます。運が良ければ、ルビーなどをもらえることも!30分の制限時間はあっという間に過ぎてしまう、大人もハマる「宝石探し体験」。ぜひトライして、宝石をゲットしてみませんか?
富士宮・奇石博物館には珍しい石がいっぱい!
静岡県富士宮市には奇石博物館という、面白い石、珍しい石などを集めた博物館があります。下にある文字が浮かび上がって見えるテレビ石や、曲がるこんにゃく石などを常設展示しており、月替わりで変わった石や珍しい石の特集をするなど、訪れる人を飽きさせない展示で、ぜひ訪れてみたい博物館です。
奇石博物館の敷地の一角には「宝石わくわく広場」という施設があり、水槽の砂利の中に隠されたローズクオーツやアメシストなどの宝石をミニスコップで探すという体験ができます。奇石博物館とは建物が別なので、宝石探しだけすることも可能です。
リピーターも!大人もハマる宝石探し
水槽の砂利の中からラピスラズリやローズクオーツ、ガーネットやルチルクオーツなど、40種類以上の大小さまざまな石を探す体験は、子供たちだけでなく大人にも人気です。見つけた石は持ち帰ることができ、宝石リストをもらえるので、採った石の名前を調べることができます。
子供だけでなく、大人もハマる奇石博物館の宝石探しはリピーターも多く訪れます。「宝石探し体験」は人気があるため、ゴールデンウイークなどの連休には混雑しており、隣接する広い駐車場には県外ナンバーも多く見られます。連休を避け、普段の週末に来館するのがおススメですが、夏休みや春休みの期間中などは毎日開催しています。
つい夢中に!30分はあっという間
小学生未満の子供は18歳以上の付き添いと一緒に体験することができ、子供のそばから離れなければ、付添いの大人も一緒に宝探しができます。その場合は2人で1人分の料金となるので、大人1人+子供1人で料金は500円です。子供だけでなく、付き添いの大人も宝探しに熱中しています。
子供が夢中になって宝石を探すと、服が水に濡れてしまうこともあります。着替えやタオルの用意があると安心です。
場内を移動しながら探す人、その場を離れずひたすら目の前の水槽を探す人、いろいろです。制限時間は30分となっていますが、夢中になって探していると、時間のたつのはあっという間。
宝石を探すコツ
水槽は屋内と屋外の2ヶ所あります。この写真は屋外ですが、砂利が白くて細かく、宝石が見つけやすいため、初心者向けです。屋内の水槽は、砂利が黒くて大きめなので中級者向けです。大きめな宝石は屋内で多く見つけられます。
一見すると、砂利なのかお宝なのかわからない石がありますが、その場合は触ってみて、ざらざらしているのが砂利、つるつるしているのが宝石です。
宝石を探す際には上のほうではなく、スコップを使って下のほうから掘ると見つけやすいとのこと。探し終わった砂利はどんどん積み重なっていくので、上のほうでは見つけにくくなっていくためです。
皆が見ないようなところ、コーナーや奥まったところなども狙い目です。
「宝石探し体験」ではルビー・サファイアも!
数も少なく、探すのはなかなか難しいのですが、見つけられたらラッキーな石としては、深い青のラピスラズリ、ピンクのインカローズ、赤いガーネットなどがあります。そして、ここの宝石探し体験では運が良ければ、500円の料金でルビーやサファイアをゲットできます。
高価なルビーを水の中に沈めておくことはできないので、ルビーやサファイアの代わりにサイコロが沈められています。サイコロは銀と銅の2種類あり、サイコロを受付に提出することによって、ルビーやサファイア・日替わりの石などと交換してもらえます。何がもらえるかはサイコロによって違い、銀のサイコロには「R」や「D」のアルファベットが書かれていて、サイコロを交換する際には「R(ルビー)の石が見つかりました!」などとアナウンスされます。 

read-more
奇石博物館
rating

4.0

37件の口コミ
place
静岡県富士宮市山宮3670
phone
0544583830
opening-hour
9:00 -17:00(入館16:30まで)

この記事を含むまとめ記事はこちら