新潟・豪雪地帯のユートピア「あてま高原ベルナティオ」


2018.06.02

LINEトラベルjp 旅行ガイド

日本有数の豪雪地帯である新潟県十日町市。静かな雪国ならではの景色を通り過ぎ、峠を一つ越えると突然現れる「あてま高原リゾートベルナティオ」。
ヨーロッパの雰囲気漂う、別世界のようなリゾートでは、温泉、グルメ、ゴルフ、その他アクティビティを一度に楽しむ事ができます。東京ドーム109個分、1日ではとても周りきれない広大な敷地を持つ、ユートピアのようなリゾート体験をご紹介します。
都心から直行バス有!便利すぎる「ベルナティオ」
十日町のベルナティオへは、都心からホテルへの直行バスがあるので大変便利。運転免許を持ってないグループも、運転をしたくないグループもお近くのバス停から乗り込めば約5時間でホテルまで連れて行ってもらえます。
2018年5月時点では、東京・新宿・川越・桜木町・松戸・西船橋の路線があり、今後は練馬・さいたま副都心も増える予定です。(松戸・西船橋は終了の予定)
十日町市はイタリアのコモ市と姉妹都市ということもあり、イタリアの建物にインスパイアされたレンガ作りの建物が本館になります。新潟の豪雪地帯に突如現れる日本離れしたリゾート。ちょっとキツネにつままれたような気分になるかもしれません。
チェックインまでの時間は、レストランでランチをしたり、温泉に入ったり、敷地内を散策するのがここでの定番。特に春から秋にかけては40種類程の草花が楽しめるフラワーガーデンは、一見の価値ありです。
ベルナティオの客室
こちらは53平米のゆったりとしたファミリールーム。3世代ファミリーやグループ旅におすすめの客室です。ベッドはシモンズ社製で寝心地は抜群。
窓を開ければ、高原の空気が気持ちよく、鳥やカエルの声に心洗われます。客室で過ごす時間が贅沢であることも、ベルナティオが人気の理由です。
特筆すべきはWi-Fiが大変良好なこと。ここでの素敵な写真や動画をノンストレスで、SNSにアップできますよ。
こちらは愛犬と宿泊できるコテージ、プレミアム棟。大型犬もOKの広々としたリビングや、ドッグラン、キッチンも併設で、愛犬家には嬉しい時間が過ごせます。
また、プレミアム棟のベッドはアルフレックス×シーリーの最高級ベッド。睡眠までもが楽しみになるコテージです。
ゴルフ、ブナ林散策、スターツアー他、充実のアクティビティ
充実したアクティビティも魅力。ゴルフ、ブナ林散策、サイクリング、スターツアーなど、大人からお子さんまで楽しめる内容は、何で遊ぶか迷ってしまうほど。特にオススメはガイドさん付きのネイチャーツアー。植物や森に住む生き物たちについて楽しく学べます。
また、2018年7月にはフランス発のアスレチック「アルプスアドベンチャー」がオープン。ジップラインなど、あてまの森を遊びつくす注目のアクティビティです。
悪天候でも楽しめる体験が多いこともおすすめポイント。プールやスパ、へぎ蕎麦打ち、ハーバリウムや苔玉体験など大人も楽しいものから、館内を周る宝探しゲームなどお子さんが夢中になれる仕掛けも沢山。
また、夜にはナイトクルーズもおすすめ。カートに乗ってゴルフコースを周り、ガイドさんと一緒に野生動物や星空を観察します。ひんやりとした夜の高原クルーズは、大人でも子どもに戻ったようにわくわくしますよ。
茶褐色のあてま温泉で癒される
新潟で楽しみたいものと言えば温泉。茶褐色の「あてま温泉」はPH8.9のアルカリ性単純温泉。無臭のやわらかいお湯で、ゆっくり温まることができます。
女湯だけのお楽しみはシャンプーバー。少し高級なシャンプーを選んで試すことができます。アメニティも充実していて、メイク落とし、洗顔、化粧水、乳液、ヘアミルク、ボディミルクなどが揃っているので手ぶらでOK。
ベルナティオの必食グルメ
ベルナティオの自慢は何を食べても美味しい料理。でも、短い滞在中に全部制覇するのは無理。ここではイチオシグルメをご紹介します。
まずはレストランアイリスの「あてまのビーフシチュー」。にいがた和牛をとろとろに煮込んだシチューは、ベルナティオの看板メニュー。シェフ自慢のデミグラスシチューにとろけるお肉がごろごろと入って大満足。
こちらはロビーラウンジ・パエーゼの「もっちり麩れんちトースト」。お気づきのように、新潟特産の車麩のフレンチトーストです。黒蜜シロップがたっぷりしみこんだ和風フレンチトーストは1日20食限定。
郷土料理ぶなと、酒坊だんだんどうものメニュー「地酒ハイボール」。十日町の日本酒「松乃井」の清酒をトニックで割っただけなのに、フルーティーなカクテルのよう。口当たりよく、女性や日本酒が苦手な方にもおすすめです。 

read-more
あてま高原リゾート ベルナティオ
place
新潟県十日町市珠川
phone
0257584888
opening-hour
施設により異なる

この記事を含むまとめ記事はこちら