京都あじさいの穴場「岩船寺」から浄瑠璃寺を散策すれば気分上々!


2018.06.06

LINEトラベルjp 旅行ガイド

雨露に濡れてキラキラ輝く紫陽花は、梅雨のうっとおしくなる気持ちを明るくしてくれるもの。京都府木津市にある岩船寺は隠れたあじさいの名所。いかにも山寺といった趣がある三重塔と紫陽花のコラボは風情を感じます。徒歩で40分ほどのところにある浄瑠璃寺の横には、紫陽花を楽しめるカフェも。
雨の日ならではの景色に出会える京都あじさい散歩をご案内!
紫陽花に囲まれる古寺「岩船寺」
京都府木津市の山間にある岩船寺の創立は、天平7年、聖武天皇の勅願によって開基したと言われています。最盛期には広大な敷地に39もの坊舎を有したものの、度重なる兵火で縮小。荒廃していったものの、徳川家康、秀忠らの寄進で、本堂、仏像等が修復され、現在も多くの文化的遺産が残されています。
緑豊かな山の中にある岩船寺では、静寂な境内に四季を通じてさまざまな花が咲き乱れます。特に6月~7月にかけて青や紫、赤や白といった色とりどりの花を咲かせる紫陽花は、見ているだけで和み癒される雰囲気。
雨にも関わらず多くの人でにぎわうのも納得の美しさです。
三重塔とあじさいのコラボが美しい
1442年、仁明天皇が智泉(空海の最愛の弟子)の遺徳をしのんで建立した三重塔。内部には、智泉作の「普賢菩薩騎象像」が収められています。
池を取り囲むように咲く紫陽花と三重塔のコントラストは、風情たっぷり。日ごろの疲れを癒してくれる景色をじっくりと堪能してみてください。
三重塔では四隅の垂木に注目。垂木を支えるのは、なんともユーモラスな隅鬼の木彫。隅鬼の表情がキュートで思わずくすっとしてしまいます。
<岩船寺の基本情報>
住所:京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
電話番号:0774-76-3390
拝観時間:8:30~17:00
拝観料:400円
アクセス:JR「加茂駅」より徒歩約1時間30分。
コミュニティーバス当尾線「岩船寺」下車
石仏散歩をしながら浄瑠璃寺へ
岩船寺周辺は石仏の宝庫。あぜ道の横やしげみの中、といたるところにさまざま表情をした石仏を見ることができます。岩船寺から徒歩約40分のところにある浄瑠璃寺まではゆるやかな下り坂でとっても歩きやすいので、石仏散歩を楽しんでみてください。
途中、地元の人たちが作った野菜や漬物が並んだ吊り店を楽しむこともできます。新鮮な野菜は激安!カバンに余裕があればぜひどうぞ。
あじさいに囲まれるレストラン「あ志び乃」
浄瑠璃寺の手前にあるレストラン「あ志び乃」では、庭中に咲き誇る紫陽花を愛でることができます。
食事をしなくても、庭の紫陽花は見られます。庭といってもかなり広いので存分に紫陽花を楽しめるはず。
食事は山菜や野菜を使った素朴な田舎料理。ぜんさいやアイスクリームなどもあるので、カフェ利用にも最適。外にもテーブルがあるので、紫陽花を見ながらティータイムを過ごしてみては?
<あ志び乃の基本情報>
住所:京都府木津川市加茂町西小札場56
電話番号:0774-76-2791
営業時間:9:30~17:00
極楽浄土を表した庭園が美しい浄瑠璃寺
最後に訪れたい浄瑠璃寺は、奈良時代に聖武天皇が僧行基に命じて建立されたと言われている寺。美しい寺の名前は三重塔の内陣に安置されている薬師如来の浄土「瑠璃光浄土」からきています。
東に薬師仏、西に阿弥陀仏を配した庭園は、極楽浄土の世界観を表しています。
浄土式庭園は緑に囲まれる夏が特に美しい。池をはさんで向かい合う本堂と三重塔を見ていると心が洗われるようです。
<浄瑠璃寺の基本情報>
住所:京都府木津川市加茂町西小札場40
電話番号:0774-76-2390
拝観時間:9:00~17:00
拝観料:400円
アクセス:JR「加茂駅」より徒歩約1時間。
コミュニティバス当尾線「浄瑠璃寺前」下車 

浄瑠璃寺
rating

4.5

118件の口コミ
place
京都府木津川市加茂町西小札場40
phone
0774762390
opening-hour
9:00-17:00[12-2月]10:00-16:0…
岩船寺
rating

4.5

71件の口コミ
place
京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
phone
0774763390
opening-hour
8:30-17:00[12-2月]9:00-16:00
あ志び乃店
rating

4.0

10件の口コミ
place
京都府木津川市加茂町西小札場56
phone
0774762791
opening-hour
9:30-16:30(12-2月は10:00-16:…

この記事を含むまとめ記事はこちら