異国情緒が漂う!札幌ススキノ「北の海鮮炙り ノアの箱舟」


2018.05.25

LINEトラベルjp 旅行ガイド

札幌ススキノにある「ノアの箱舟」を知っていますか?ノアの箱舟は、地下鉄南北線・中島公園駅から徒歩1分「鴨々川」沿いにあるレストラン。英国人の建築家が建てた、石化したノアの箱舟を模した建物は、中島公園の観光スポットになっています。
ノスタルジックな建物を、アングルを変えて眺めてみましょう。そして、北海道の新鮮な食材を炭火いろりで豪快に焼き上げる、「海鮮炙り焼き」をいただいてみましょう。
異国情緒が漂う「ノアの箱舟」
「北の海鮮炙り ノアの箱舟」は、英国人建築家「ナイジェル・コーン」が、石化したノアの箱舟を模して建てました。まるで外国映画のワンシーンのような風景、建物の横には「鴨々川」が流れる風情のあるレストランです。
アングルを変えて、色々な方向から建物を眺めてみましょう。東の方角には古風な木枠の窓があり、左右対称ではない建物。建物に興味を持った方は、このレストランの周囲を一周してみましょう。夜の帳が下りる頃、ライトアップされた建物は異国情緒が漂い素敵ですよ。
ノアの箱舟は、細長い一軒レストランです。正面入り口の反対方向は、もう一つの出入り口があります。そして、その上には船の先端を思わせる部分があって、西方面は窓がなく、正面からとは違った雰囲気があります。
エントランスの反対方向は、石化したノアの箱舟の様に見えませんか?
レストランのすぐ側を流れる「鴨々川」は、中島公園からすすきのにかけて流れる約2.5キロメートルの川です。中島公園菖蒲池と繋がっていて、上流にはマガモが泳いでいます。川沿には季節の花が咲き、水の音が心地よいススキノを彩る川です。
建物内には壁画やオブジェも!
ノアの箱舟は、海鮮あぶり焼きのレストラン。木製のテーブルには、炭火いろりがセットされています。1階と2階のフロアーの他に個室もあります。
写真は1階から2階へと続く螺旋階段。建物内の柱やインパクトのある壁画、オブジェやシャンデリア等、レストランの内装も工夫されていて、まるで異国でお食事をしているような気分になります。
北海道の新鮮な海鮮あぶり焼きをより美味しくいただく為に、自分好みのお酒を選んでみましょう。1階のバーカウンターには、生ビールやワイン、日本酒、洋酒など多種取り揃えています。飲み放題メニューも楽しめますよ。
タラバ蟹やホタテの海鮮炙り焼きメニューとは!
レストランで提供しているメニューは、北海道産の新鮮魚介類や野菜や肉など色々あります。写真は、海鮮潮(うしお)メニュー。タラバ蟹の足やボタンエビ、ホッケやつぶ、野菜の陶板焼きの他、食後のスイーツがあります。北海道の山海の幸をまるごと、炙りで美味しくいただいてみましょう。
1人のスタッフがテーブルの前に立ち、新鮮な魚介類を焼いてくれます。最も美味しくいただける焼き加減で最高の美味しさを提供。焼き時間やお客様の人数、メニューに合わせていろりに魚介類がのせられます。
ホタテ貝焼きは、ノアの箱舟特製の醤油だれをかけて、ひと煮立ちしたらお皿に盛り付けてくれます。ホタテ貝は、ふっくらと柔らかで丁度良い焼き加減。食べ終わった貝のお醤油は、タラバやエビなどに付けても美味しくいただけます。
スタッフの手さばきは職人技!
ボタンエビは、焼き加減でカリカリと殻まで食べられるのが不思議です。大きなタラバ蟹の足を、二人前にするには?まず半分にハサミを入れて、その二つになった足を横に半分に分ける、縦と横に分ける事で均等になります。その調理バサミの技は、まさに職人技です。
油の乗ったホッケも、外側が香ばしく、中の身がふっくらと焼き上がります。調理ハサミとトングで、縦と横に半分に分けて均等に、なおかつ食べやすい様に調理してくれます。
つぶ貝はゆっくりと炙り、中の水分がひと煮立ちしたところでフォークで身を外していただきます。熱々のつぶ貝の身は、柔らかで最高の味わいです。
野菜やご飯、スイーツも!
北海道産のジャガイモやトマト、ブロッコリーやベーコン、チーズを陶板焼きで焼き上げます。柔らかい野菜やハムと、とろけるチーズとのコラボレーションが素晴らしいです。
熱々のご飯に上には、「時鮭(ときしゃけ)生とろフレーク」とたっぷりのノリがかかっています。鮭フレークは冷凍したもので、熱々のご飯で溶けて新鮮な風味で美味しくいただけます。お漬物と一緒にいただきましょう。
食後のデザートは、イチゴシャーベットと抹茶チョコレートのプチケーキ。甘さ控えめで、さっぱりした美味しさです。 

read-more
北の海鮮炙り ノアの箱舟
place
北海道札幌市中央区南8条西4丁目 鴨々川沿い
phone
0115213022
opening-hour
17:00-23:00(L.O.22:00)

この記事を含むまとめ記事はこちら