絶景サイクリングに潮干狩り!沖縄新名所「浦添北道路/臨港道路」誕生!!


2018.05.09

LINEトラベルjp 旅行ガイド

2018年3月18日、沖縄に新名所が誕生しました。といっても「浦添北道路/臨港道路」という道路なのですが、その道路がすごい場所を通っているのです。まさにシーサイドロード。もちろんドライブもできますが、絶景を楽しむなら断然サイクリングがおすすめ!さらに自転車ならすぐ海へ降りることもでき、潮干狩りもできちゃいます。注目の新名所へ、那覇から絶景サイクリング!!
青い海を見ながらサイクリング!沖縄ならではの体験をしよう!!
沖縄旅行でサイクリングはいかがでしょう?とかく沖縄ではレンタカーに頼りがちになってしまいますが、沖縄の道路は渋滞しがち。さらに駐車場がわかりにくく、車を停めるだけでも一苦労です。でも自転車なら無問題。渋滞知らずで、車からは見えない綺麗な海も、近くで見ながら走行可能!レンタサイクルも那覇市街にはお店も多く、那覇やその近郊を散策するなら、自転車は断然おすすめです。
サイクリングに最高!那覇近郊に絶景シーサイドロード誕生!!
そして2018年3月18日、まさにサイクリングには最高のシーサイドロードが誕生しました。那覇中心街もほど近い那覇新港から、宜野湾の海浜エリアまでを繋ぐ、海沿い約4.5kmの「浦添北道路/臨港道路」。正式名称は「一般国道58号浦添北道路」と「那覇港浦添ふ頭地区臨港道路(浦添線)」。
「浦添北道路」は宜野湾側の約2km、自動車専用道路なのでサイクリングはできませんが、那覇側の「臨港道路」は道の両側に広い歩道がある約2.5kmの一般道路なので、サイクリングも可能。特に海側の歩道はヤバイぐらいの絶景です。
もちろん歩道は海の近くにあるので、自転車なら絶景を見ながらサイクリングを楽しめます。逆にレンタカーなど車からだと、歩道と防波堤が邪魔になり、その先の海がはっきりと望めません。絶景シーサイドロードからの景色は、まさにサイクリングならではの特権と言えるでしょう。
海を越える道「カーミージー橋」は両側楽しむべし!!
約2.5kmの絶景シーサイドロードは、那覇側の約1.5kmが海沿いの道で、宜野湾側の約1kmが海を越える「カーミージー橋」の、2つで構成されています。那覇側の1.5kmは海側の歩道が断然おすすめですが、宜野湾側の架橋部分は両側の歩道を楽しみましょう。海側の歩道では大海原が望め、陸側の歩道では自然そのままのビーチが間近に望めます。
しかもこの架橋は下部を船が航行しないので橋が低く、自転車移動でも楽々登れる勾配。海もより近くに望めることでしょう。また、橋の始点と終点には、反対側の歩道へ渡ることができる信号と横断歩道もあるので、ぐるぐる何周もできちゃいます。
ゴールは潮干狩りの名所!秘密のビーチも有り!?
絶景シーサイドロードを那覇側からスタートすると、ゴールとなるのが「浦添北IC交差点」。そこから先は自動車専用道路「浦添北道路」になるので、自転車では行けませんが、逆に行く必要はありません。そのゴールには、潮干狩りの名所「亀瀬」有り!「亀瀬」と書いて「カーミージー」と読み、まさに橋の名前の由来はここから来ていたのでした。
しかも海に降りるための階段まで整備されていて、気軽に天然の海で潮干狩りを楽しめます。さらにこの亀瀬には、浦添や那覇で唯一の天然ビーチも有り!自転車を降りて、秘密のビーチを探しに行きましょう。 

泊港
place
沖縄県那覇市前島
phone
0988682686
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら