豪華古城ホテルで温泉を!南紀白浜「ホテル川久」は全室スイートのロマンティックホテル


2018.05.14

LINEトラベルjp 旅行ガイド

手軽に豪華宮殿に泊まりたい!そんな夢が叶うのが「ホテル川久」です。和歌山・南紀白浜に建つこのお城は全室スイートのラグジュアリーホテル。「泊まれるアート」と言われるこのホテルで、特に見逃せない世界的アートや白浜温泉の「温泉サロン」、美食の晩餐会「王様のビュッフェ」をご紹介します。美しい古城ホテルで、優雅で贅沢な滞在をぜひ楽しんでくださいね。
美しき古城ホテルはまさに「宿泊できるアート」
ホテル川久は和歌山県・南紀白浜にあるホテル。田辺湾に面する美しい景観と白浜温泉を有する、全室がスイートルーム仕様のラグジュアリー・ホテルです。
外観はまるで美しい豪華な古城。総工費400億円のこちらのお城は、世界中の建築家やアーティストが「自分の作品が100年、200年先も残っていくように」との想いとこだわりをもって手がけた、まさに宿泊できるアート作品なのです。その伝統技術と建築美は評価が高く、1993年には建築界に感銘を与えた建築に対して授与される「村野藤吾賞」を受賞しています。
お城の中は贅沢なアート空間、特にメインロビーは圧巻です! 天井はヴェルサイユ宮殿の修復も手掛けた職人によるドームで、陽のあたる時に最も美しく輝く純度22.5金。柱は「シュトゥックマーモア」と呼ばれる漆喰大理石で、ドイツのオペラハウスと同じものです。そしてその床は、3年かけて手作業で埋め込まれた世界最大級のローマンモザイク細工。柱の青いマーブル模様が美しく金のドームに映え、力強ささえ感じるほどの優雅さです。
なおこちらのロビーは、2018年4月スタートのドラマ『花のち晴れ~花男Next Season~』にて主役の御曹司の自宅として登場しています。
どの部屋を選んでも全部オーシャンビュー・スイートルーム!
豪華なのはロビーだけではありません。こちらの「ホテル川久」では全ての部屋がスイートルーム仕様。更に内装は全室で異なり、アジアン風やヨーロピアン風、シックなものからロマンティック調など様々で、訪れる度に違う雰囲気のお部屋に泊まることができるのです。また和洋室やメゾネットタイプもあり、ペットと泊まれる部屋には愛犬専用のバスルームまで!
部屋の内装は全て違いますが、部屋のベッドは全てシモンズ社製かシーリー社製マットレスのリラックスベッド。上質な眠りが待っています。
また全ての部屋はオーシャンビュー。年間通して穏やかなことから「綱不知(つなしらず)」と称された田辺湾の海を広々と眺めることができますよ。空を映して広がるかのような海は、ビーチとは違う不思議な美しさ! 更にプレジデンシャル・スパ・スイートルームでは、空と海へ向かって開け放たれた天然温泉の半露天風呂も用意されています。
白浜温泉の名湯に浸かる2つの「温泉サロン」
しっかり温泉を楽しむなら温泉サロンへどうぞ! ホテル川久のお風呂は日本三古湯(白浜・有馬・道後)に数えられる名湯・白浜温泉です。大浴場でなく温泉サロンと呼ばれるのは、浴場内にソファや飲み物が用意され、サロンのようにくつろぐことができるから。2つの温泉サロンがあり、それぞれ趣きの異なるお風呂を楽しむことができます。(男女別で朝夕入替え制)
昼以降と日帰り時に女性用・朝に男性用となるのが「温泉サロン ROYAL SPA」(上写真)。広く海と空を眺められる広々とした半露天風呂は、柔らかく優しい白浜温泉のお湯質と相まって、ずっと入っていたくなるほどです。温泉ながら暖炉の火でくつろぐことのできる、内風呂の邸宅リビングスパも併せてどうぞ。
こちらはまるで森林浴のようなお風呂が楽しめる「温泉サロン ロイヤルスパ 悠久の森」。昼以降と日帰り入浴では男性用、朝が女性用となります。和風の露天風呂ながらソファでくつろげる洋風スタイルも取り入れられ、和洋のいいとこ取りでくつろぐことができますよ。
朝も夕も美食の宴!豪華すぎる「王様のビュッフェ」
ホテル内にはメインダイニングの他2つのレストランがあります。中でもおすすめはメインダイニングのフォルナ―チェで開かれる「王様のビュッフェ」。ビュッフェと言えばカジュアルなイメージですが、こちらのビュッフェは豪華美食尽くし! 北海道と地元紀州の贅沢食材をふんだんに使い、アートのように仕上げられたお料理がずらりと並びます。
「王様のビュッフェ」は夕食・朝食時に開催され(日付限定で昼食に開催されることも)、その内容は季節ごとに変わります。春の夕食のラインナップは、十勝ハーブ牛のサーロインとリブロース、ミナミイセエビとわかめのしゃぶしゃぶ、焼きサザエやハモンセラーノ、フォアグラの焼き立てピザなど70~80種類。目の前で仕上げてくれるライブ形式料理がたくさん用意されるのも魅力です。
「王様のビュッフェ」は朝食も豪華! 春のメニューではなんと朝からローストポークやすき焼きの実演が並びます。その他にも甘エビ・イクラ・サーモン・まぐろなどが盛り放題の海鮮丼やチーズフォンデュ(温・冷)、紀州備長炭の炭火で焼くタチウオのみりん干しなど、こだわりのお料理は約40種類。美食すぎる朝食には、搾りたてのメロンジュースもご一緒にどうぞ。
「王様のビュッフェ」では料理を盛り付けるお皿も、ナルミのプラチナラインやリモージュの特注品など、繊細で美しいこだわりの器。また会場の上にはシャンデリア、窓の外には穏やかな空と海の光景が広がります。ぜひ五感の全てで美食を味わってみてくださいね。
知れば知るほど奥深い!ホテル川久のアートを味わおう
ホテル川久にはまだまだみどころがいっぱい! こちらは事前希望者のみ入室できるワインセラー。貴重なヴィンテージワインを含め常時5000本ものワインが揃い、1992年にはアジア1位の称号を受けています。こちらで試飲したワインをそのままレストランでの夕食にいただくこともできますよ。
建物は重厚な作りながら、天井が高くまた自然光を多く取り入れているため、館内は明るく軽やかな空気が漂っています。ラウンジ「ミュゼ」の天井は星や花を思わせる透かし彫りの美しい細工。6mの窓から差し込む自然光にヴェネツィアンガラスのシャンデリアがキラキラと輝く、館内でも一際ロマンティックな空間です。
1つ1つにこだわりや由来の込められた館内アートは、普通に滞在したのではとても把握しきれないほど。なので館内の見どころを紹介してくれる「館内クルーズ」はいかがでしょうか。美術館クラスのアートたちを説明つきで見てまわる館内ツアーの後では、きっと古城が我が家のように親しみのあるものに感じられますよ。(17:00~約30分、予約制) 

read-more
白浜温泉 ホテル川久
rating

4.0

247件の口コミ
place
和歌山県西牟婁郡白浜町3745
phone
0739423322

この記事を含むまとめ記事はこちら