沖縄ドライブ旅行!3泊4日盛り沢山オススメコース


2018.04.22

LINEトラベルjp 旅行ガイド

沖縄は意外と広く、見どころが沢山!そんな沖縄を満喫するなら4~5日は滞在したいところ。今回は、那覇市内で1泊し、中部や北部で2泊するドライブ旅行の4日間オススメモデルコースをご紹介いたします。美ら海水族館やアメリカンビレッジ、万座毛、気軽に渡れる古宇利島やオシャレなグルメ店など、人気スポットが盛り沢山なので、お見逃しなく!
1日目:那覇の繁華街と夕方のアメビレ観光
初日は那覇市内で1泊すると、到着早々バタバタする事もなく、中心街をのんびり散策できるのでオススメ。沖縄の繁華街「国際通り」までは、空港から出ているモノレール"ゆいレール"で約15分。「県庁前駅」や「牧志駅」で下車しましょう。
那覇の定番観光スポット「牧志公設市場」付近には商店街がいくつも交差しているので、ショッピングはもちろん、ウロウロ散策するだけでも楽しめます。
商店街や路地裏には、気軽に立ち寄れる沖縄料理屋などが沢山。地元の雰囲気を存分に味わえます。
初日からレンタカーを借りる予定のある方は、北谷町にある「アメリカンビレッジ」まで足を伸ばしてみるのも良いでしょう。こちらは、ファッションやグルメなど、様々なショップが集まる複合施設。異国情緒感溢れる建物や、ネオンに彩られる観覧車がフォトジェニック!特に夕方~夜の景色がオススメです。
2日目前半:万座毛へ寄ってから美ら海水族館!
万座毛や美ら海水族館などの人気観光スポットを巡りたい場合、2日目以降は北部付近で宿泊すると良いでしょう。北部・中部エリアには、連泊向けのリゾートホテルが多数あるので、那覇市内でレンタカーを借り、道の駅や絶景スポットなどに立ち寄りながらドライブ旅を満喫しましょう!
恩納村にある絶景スポット「万座毛(まんざもう)」は、駐車場代や入園料が不要なので、気軽にサクッと立ち寄れる定番観光地。断崖絶壁のベストビューポイントからは、濃淡様々な海のブルーを楽しめますよ。天気の良い日に訪れるのがオススメ。
万座毛から美ら海水族館へ向かう途中にある、道の駅「許田(きょだ)」は人気の立ち寄りスポット。沖縄そばなどの軽食や、名物"おっぱアイス"などを食べて小休憩しましょう。
道の駅内では、美ら海水族館のチケットが少しお得な価格で販売されているので、水族館へ行く予定の方は是非立ち寄って購入することをオススメします。
美ら海水族館は、見応えのある大規模な展示が最大の魅力ですが、雨の日でも楽しめるというのが重要ポイント。沖縄旅行となると、ビーチでマリンスポーツを楽しんだり、絶景スポットへ行くのを楽しみにされる方も多いかと思われますが、台風や大雨に当たってしまい、折角のバカンスを楽しめない事もあるでしょう。そんな時に重宝する屋内施設です。
2日目後半:オシャレパンを買って瀬底島へ!
長距離ドライブで小腹が空いてきたら、名護市にあるオシャレベーカリーへ立ち寄ってみましょう。「パン・ド・カイト(Pain de Kaito)」は、比較的お手頃価格・オシャレ・駐車場有りという使い勝手の良いお店。2018年8月で10年を迎える人気店。小ぶりなデニッシュや本格的なハードパン、ボリューミーなサンドイッチ系もあるので、ドライブのお供に買ってみてはいかがでしょうか。
<パン・ド・カイトの基本情報>
住所:沖縄県名護市宇茂佐の森4丁目2-11
電話番号:0980-53-5256
営業時間:8:00~19:00 (年中無休)
パンを購入した後は、車で気軽に渡れる"瀬底島"へ行ってみましょう。瀬底島は、沖縄でトップクラスの美しさを誇る「瀬底ビーチ」と、無料で気軽に利用できる「アンチ浜」が魅力の離島。本島からは車で約1分という近さ!
写真は、瀬底大橋を渡りきってすぐ左手にある無料駐車場。ここから坂を下って行くと、アンチ浜までは徒歩で約3分。ビーチにも駐車スペースは少しありますが、砂まみれになりやすいので、こちらへ停めておく方が無難です。
橋の下部分がビーチになっているアンチ浜は、無料で利用できるのが嬉しいスポット。短時間だけビーチ気分を味わいたい人にオススメ!島の西側まで進むと、より綺麗な瀬底ビーチがあります。そちらは駐車料金が必要になるので、のんびり海水浴を楽しみたい場合にオススメ。
3日目:気軽に渡れる古宇利島で海水浴!
3日目は、車で渡れる離島でのんびり海水浴はいかがでしょう?名護市の北、今帰仁村に位置する「古宇利島」は、本島から車でアクセス可能な人気ドライブスポット。島へ渡る直前にある「美らテラス」では、軽食やドリンク、BBQなども頂けるので、立ち寄ってみるのも良いでしょう。
美らテラスから砂浜へ降りる事ができるので、古宇利島や古宇利大橋をバックに記念撮影するのもオススメ。手前の小さい島も可愛らしくてインスタ映えしますよ!
橋を渡ってすぐの古宇利ビーチは昨今人気の海水浴スポット。駐車場は無料で利用可能。公衆トイレや食堂もあるので非常にオススメ。駐車場付近では、フードトラックにてハワイ名物"ガーリック・シュリンプ"も販売されているので要チェック!
4日目:オシャレ度高めな隠れ家カフェ&外人住宅街
最終日は、那覇空港方面へ向かいつつ、時間の許す限り沖縄を楽しみましょう。北中城村「プラウマンズ ランチ ベーカリー」は、パンも販売されている隠れ家風カフェ。8時からオープンしているので、朝早くから行動したい人に打ってつけのオシャレ店です!雰囲気あるお店で絶品朝食を頂きましょう。
<プラウマンズ ランチ ベーカリーの基本情報>
住所:沖縄県中頭郡北中城村安谷屋927-2
電話番号:098-979-9097 (当日の電話予約のみ可能)
営業時間:8:00~16:00
定休日:月曜
駐車場:有
フライト時間までまだ余裕がある場合は、浦添市の「港川ステイツサイドタウン」へ寄ってみましょう。元々米軍の家族向けに作られた外人住宅街で、今は雑貨屋や飲食店が入店し、若者に人気のオシャレスポットです。
インスタ映えするフルーツタルト専門店「オハコルテ 港川店」は、店内やテラス席でイートイン可能。旬のフルーツを使用したタルトや、ヒラミーレモンケーキなど、こだわりの素材で仕上げられたスイーツが絶品です。那覇空港内にも小規模店があるので、時間がない場合はそちらでお土産を買うのも良いでしょう。
<オハコルテ 港川店の基本情報>
住所:沖縄県浦添市港川2丁目2-17-1
営業時間:11:30~19:00 

Pain de Kaito
rating

4.5

47件の口コミ
place
沖縄県名護市宇茂佐の森4-2-11
phone
0980535256
opening-hour
月-日 08:00-19:00
no image
oHacorte(オハコルテ) 港川本店
place
沖縄県浦添市港川2-17-1 #18
phone
0988752129
opening-hour
11:30-19:00
プラウマンズ ランチ ベーカリー
rating

4.0

32件の口コミ
place
沖縄県中頭郡北中城村安谷屋927-2
phone
0989799097
opening-hour
8:00-16:00

この記事を含むまとめ記事はこちら