まさにOn The Beach!奄美大島シーサイドロードは絶景へ誘う道


2018.04.11

LINEトラベルjp 旅行ガイド

絶景ビーチまで0m。もはや「シーサイドロード」ではなく「オンザビーチロード」と言うにふさわしい、絶景ロードが奄美大島にあります。その道のり約1.5km、徒歩にして約20分。程よい長さのシーサイドロードなので、思う存分絶景を楽しめます。そんなシーサイドロードを、絶景ポイントを抑えて完全ガイド!LCCも就航し、注目の奄美大島。原生林だけじゃない奄美の魅力を、シーサイドロードで満喫しましょう!
芦徳漁港から始まるシーサイドロード!序盤は林越しの絶景
奄美大島といえば、原生林など亜熱帯のジャングルの印象が強いですが、実は島の北部には沖縄以上の綺麗な海が広がります。中でも、倉崎海岸、崎原海岸などを要する「赤尾木湾」は注目。さらに、奄美空港と名瀬市街を結ぶ国道58号線から、倉崎海岸まで伸びる海沿いの道は、まさに絶景ロード!綺麗な海だけではなく、きめ細かい砂浜をすぐ近くに望みながら移動ができます。
絶景ロードから海やビーチまでの距離「0m」。「シーサイドロード」ならぬ「オンザビーチロード」レベルです。そのスタートは、国道58号線から脇道に入って約1kmの「芦徳漁港」。そこから約1.5kmの絶景ロードが始まります。序盤は林越しのビーチ。木陰が心地いい場所です。
中盤はまさにオンザビーチ!海に向かって踊る木がある!?
序盤の林の区間を抜けると、そこに広がる光景はまさに「オンザビーチロード」。海沿いというよりも海の上を走る絶景ロードです。しかもガードレールがないので、道と海の一体感をよりいっそう楽しめます。さらにその道の途中には、まるで海に向かって踊っているような「木」があります。まさに「絵になる木」。踊る木に寄り添って、のんびりしたくなる場所です。
後半はナチュラルカーブの絶景ロードとガジュマルトンネル
後半もオンザビーチな絶景ロードは続きます。しかも、後半は程よいナチュラルカーブの、絵になる絶景ロード。さらに途中には小さな集落があり、そこには南国らしいガジュマルの木のトンネルも!?綺麗な海やビーチだけではなく、南国らしいガジュマルまで、この後半は楽しめます。そして、小さな集落にあるガジュマルトンネルを越えると、いよいよシーサイドロードも終盤。その先にはさらなる絶景も!?
最後は海への滑り台?オンザビーチはインザビーチへ!?
1.5kmの絶景ロードの終盤も、オンザビーチな絶景ロードです。まるで海の上を滑るかのように、絶景ロードが延びています。さらに最後の最後には、海へ誘う滑り台が!?オンザビーチロードは、インザビーチロードに?もちろん、この斜路は滑り台ではなく、船を海に上げ下げするものですが、通常の斜路より細く、まさに海へ誘う滑り台のようで絵になります。
ちなみにこのシーサイドロードのビーチは海水浴場ではありませんので、基本的に遊泳はおすすめできません。しかし、シーサイドロードのさらに先まで足を伸ばせば、奄美大島屈指の絶景ビーチが!?シーサイドロードも延長戦に入ります!
絶景ロードの先には奄美屈指の絶景ビーチ有り!?
シーサイドロードだけでも、奄美大島の海の魅力を満喫できますが、この絶景ロードの先には、奄美屈指の絶景ビーチ「倉崎海岸」があります。シーサイドロードも延長戦に入ります。しかし、倉崎海岸までは海沿いの道ではなく、「山道」になります。実際は丘レベルですが、ここまで平坦なシーサイドロードだっただけに、山のように感じる高低差です。でも、その高台から見る倉崎海岸の海の色も格別。さらにビーチまで行けば、まさにビーチに誘う階段まで!?シーサイドロードの真のゴールです。 

read-more
赤尾木海水浴場
place
鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら