熱海の格安コンドミニアム「グランビュー熱海」でお得に温泉三昧


2018.04.27

LINEトラベルjp 旅行ガイド

ここ数年人気が再燃している熱海で、素泊まり4000円~と超リーズナブルな宿をご紹介。「グランビュー熱海」はリゾートマンションを利用したコンドミニアムホテルで、熱海サンビーチまで徒歩3分と観光やレジャーに便利な立地にあります。特筆すべきは温泉の豊富さ。海を一望する展望風呂のほか、5つの貸切風呂が用意されていて、すべて無料で入り放題。なるべく宿泊費を抑えて熱海を満喫したい、そんな人におすすめの宿です。
海まで3分、駅まで6分
「グランビュー熱海」は熱海駅から徒歩6分。干物屋や温泉まんじゅう屋などが立ち並ぶアーケードの「熱海駅前平和通り商店街」をてくてく歩き、アーケードを抜けて海沿いに降りていくと坂道の途中にホテルの建物が見えてきます。
もともとリゾートマンションだった建物を利用した、温泉付きのコンドミニアムホテルです。コンドミニアムとはリビングやキッチンが備え付けらえた宿泊施設のこと。宿泊料金は素泊まり4000円~とかなりリーズナブル。キッチンで好きなものを調理して食べたり、温泉街の名店で夕食を楽しんだり、自分の別荘のような感覚で気ままに過ごせます。
暮らすように泊まる、マンションタイプの客室
フロントで受付を済ませて鍵をもらい、エレベーターで部屋に向かいます。エレベーターを降りるとマンションのような外廊下が続いています。
こちらは8.5畳の和室にベランダとミニキッチン、バストイレが付いたタイプ。1Kの標準的なマンションを想像するといいでしょう。平成2年築と決して新しくはありませんが、掃除が行き届いていて清潔です。
7.5畳や8.5畳の部屋であれば2名1室利用で1人4000円~。熱海では珍しく、ひとり泊も5000円~可能です。そのほか、カップルに人気の上層階で海が一望できる2LDKの和洋室は2名1室利用で1人7000円~。海の見える部屋なら、ベランダから熱海名物の花火も楽しめます。
キッチンには冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、ポットなどの調理器具や食器が一式揃っていますので、自炊もOK。温泉街で美味しい海の幸などを調達し、キッチンで調理していただくのもいいですね。
調理が面倒…という人は、地元鮮魚店から豪華な舟盛り付きの定食をひとり3000円で出前してもらうこともできます。もちろん、温泉街までも歩いてすぐですので、地元グルメが楽しめる名店に出かけてみるのもいいでしょう。
屋上の展望風呂からは海の絶景
グランビュー熱海の売りでもある多彩な温泉をご紹介しましょう。
まずは屋上の展望風呂から。エレベーターで最上階の10階まで行き、さらに階段を上がった屋上テラスに、男女別の展望風呂があります。
テラスに出ると写真の景色が広がります。手前の砂浜は熱海サンビーチ、海に浮かぶ初島と大島、そして右の山の上には熱海城が見えます。
男女別の展望風呂は小さめの内湯ですが、眺めは抜群です。
泉質はナトリウム・カルシウム‐塩化物温泉。天然の美肌成分であるメタケイ酸が豊富に含んでいます。源泉温度が73℃と高温のため、名水百選にも選ばれている熱海の水源の「丹那湧水」で温度調整しています。
5つの貸切風呂は源泉かけ流し
さらに貸切風呂は5つもあります。展望風呂の温泉は「循環あり」ですが、貸切風呂はすべて加水だけのかけ流し。空き状況をフロントで確認し、空いていれば何度でも無料で入れます。
風呂のタイプは2つあって、ひとつがこの開放感たっぷりの半露天風呂。眺望は上層階にある展望風呂と比べると劣りますが、こちらからも遠くに海が望めます。
寝湯としても利用できるように浴槽の一部が枕になっていますので、夜、寝そべって空にまたたく星を眺めるのもいいでしょう。全体的に浅めで、小さな子供と一緒でも入りやすい造りになっています。
貸切風呂のもうひとつのタイプは内風呂。眺望がない代わりに、水中照明の光やバイブラバスの泡に癒されます。
さらに1室だけ、ガラススクリーンで映像と音楽が楽しめる貸切風呂もあります。熱海のクリエイターであるDJhara9000と、伊東市在住の俳優・関口知宏さんが制作した、熱海の花火を連想させる映像が幻想的な世界へと誘います。
自分で炙る干物付きの朝食バイキングは500円!
朝食もおすすめなのでぜひ食べてみてください。
卓上コンロで炙って焼きたてを味わえるアジの干物をはじめ、熱海の隣の函南町から直送される新鮮な地野菜のサラダ、かつおぶしと特製わさびをのせて味わう「わさび丼」などが味わえます。これで500円ですから、食べなきゃ損。 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら