レアな大眺望!神奈川「日連アルプス」ハイキング&温泉癒し


2018.05.11

LINEトラベルjp 旅行ガイド

神奈川県相模原市の北部低山群をたどる「日蓮(ひづれ)アルプス」は、大眺望のあるレアなハイキングルート!いくつもの山頂を巡りアップダウンを繰り返す、楽しい尾根筋ルートになっています。JR中央線藤野駅からのアクセスもよく、近隣には相模原市が運営する「やまなみ温泉」もあり、静かな自然を楽しみ、しっとり温泉につかって疲れを癒すことができます。おおよそ2時間半の行動時間は、手軽なハイキングルートと言えます。
レアなルート「日蓮アルプス」!アップダウンがある侮れないハイキングコース
神奈川県相模原市に位置する「日連アルプス」は、金剛山420m、峰(日連峰山)423m、鉢岡山460m、日連山384m、宝山374mなどで構成される低山群のハイキングルート!JR中央線藤野駅より徒歩で登山口に行ける手軽さがありながら、陣馬山や石老山などの近隣人気スポットに隠されあまり知られていない存在になっています。
JR藤野駅から国道20号線を左に進み、県道76号線で日蓮大橋を渡り切った先にコンビニがあります。その先のルート上には売店がありませんから、買い物はここで済ませるようにします。トイレも同様、藤野駅かここがいいでしょう。
3分ほどでT字路のロードサイン「←道志、牧野 国道20号、名倉→」が出てきます。これを左折して日蓮神社を目指します。しばらくすると写真のように車道が広くなり大きな橋を渡ります。
日蓮を「ひづれ」と読むのは、この地域の名称からです。藤野駅から下山口までの行動時間は、おおよそ2時間半ほどで、手軽さでは一押しのハイキングコースと言えます。
日蓮神社は「日本武尊(ヤマトタケル)」など多数の神様を祀る神社!堂々とした社殿を取り巻くように咲き誇る桜は、春先の日連地域の名所と言えます。
ここでハイキングの無事をお参りしましょう。そして境内奥へ進むと車道が現れ、これを左に進めば、日蓮アルプス登山口に向かいます。
徐々に整備がよくなっていくコースを金剛山方面へ
少し行くと「日蓮アルプス」の登山口に到着します。大きな看板があるので、ここから右側へ登り始めます。最初は岩が少し多めの道ですが、徐々に整備がととのって歩きやすくなっていくので、金剛山方面を目指し足を進めます。
ルート上には木々の隙間から相模湖が望める場所が点在します。日蓮アルプスは最高峰でも460mなので、初心者でも十分縦走が可能になっています。ですが季節によっては降雪やぬかるみなども点在するため、十分な計画と万一のためのヘッドライトなどは持参してください。
険しい個所といえば「ここ」かもしれません。でも大丈夫!ロープが補助的に張ってありますし、距離としては大したものではありません。しっかりした足取りでここを越えてしまいましょう。
各山頂を順繰りに縦走していく楽しさ!
最初に現れる山頂は「宝山374m」ですが、残念ながらこの山頂では眺望はあまりよくありません。ただし涼やかな風が吹き抜けるので、休憩箇所としてはいいでしょう。そこからアップダウンを少し繰り返し金剛山方面を目指すと、「日蓮山384m」にたどり着きます。ここも眺望は望めませんが、気持ちの良い尾根筋をたどり、いくつもの山頂を踏破していく楽しさが味わえます。
日蓮山を越えると、杉峠の重要な五差路に出くわします。バス停と逆方向になる鉢岡山を目指すなら、ここから往復約1時間の行動時間をプラスしましょう。
今回は鉢岡山はスルーして、大眺望が見込める「峰(日連峰山)423m」を目指します。鉢岡山方面の道標と並行するように右側に登っていくルートを進みます。ただし金剛山方面として表示されている道標は五差路にしかないので間違えないように!
体力的に不安がある方は、ここから右へ下れば八坂神社方面(スタート地点方面)へ抜けることができます。
金剛山方面へ足を進めると、ふと足元に「峰へ1分 眺望良い」の道標が現れます。これを右へ少し行くと今回最大の眺望が眼前に現れます。峰は日蓮峰山を省略したもので、日蓮アルプスの象徴的な山頂です。
山頂は広くはないものの、ベンチも設置されていて、昼食をとるには最適!前方には「緑のラブレター※」がある山肌と、遠く山梨の山々などが遮るものなく眺められます。約220度のパノラマは、低山とは思えないほどのすばらしさです。
※藤野町が芸術の街のモニュメントとして山肌に掲げてあるラブレター
金剛山登山口へ下山
金剛山山頂は樹木が生い茂り、夏場でも涼やかです。ここから金剛山登山口側と赤沢バス停側へとルートが分岐します。おすすめは金剛山登山口側への下山で、相模湖を眺めながら尾根筋を下っていきます。ここは斜度が少しあるので、トレッキングポールなどがあるといいでしょう。
あらかた下りきると金剛山神社の鳥居があります。ここまでくればもう今回の縦走も終わり!目の前には金剛山登山口バス停があり、JR藤野駅方面とやまなみ温泉方面のバスが停車します。
※今回の詳細ルートは関連MEMOのヤマレコをご参照ください。
ここでは日蓮アルプスとやまなみ温泉の様子を1分の動画にまとめました。ぜひご覧ください。
バスに乗って藤野やまなみ温泉へ
金剛山登山口バス停から藤野やまなみ温泉までは、バスならあっという間!相模原市が運営するここは、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で源泉が36℃/PH:9.0の泉質の高い日帰り湯です。
露天風呂からの眺めも良く食事もできるので、日蓮アルプスの疲れを癒やすのに最高でしょう。ここからJR藤野駅までバスに乗れば、湯冷めをすることもありません。
<藤野やまなみ温泉の基本情報>
住所:神奈川県相模原市緑区牧野4225-1
電話番号:042-686-8073
アクセス:JR藤野駅より「野11」やまなみ温泉行 「野12」やまなみ温泉経由奥牧野行 (神奈川中央交通バス)15分 やまなみ温泉入口下車 230円 

藤野やまなみ温泉
rating

3.5

3件の口コミ
place
神奈川県相模原市緑区牧野4225-1
phone
0426868073
opening-hour
10:00-21:00(最終受付20:20)

この記事を含むまとめ記事はこちら