東京・町田のフラッグシップホテル「ベストウェスタン レンブラントホテル東京町田」


2018.04.07

LINEトラベルjp 旅行ガイド

東京都と神奈川県の境にある東京都町田市。東京都の南端に位置し地図を見ると神奈川県側に突き出ていることがわかります。都心へも横浜へもアクセスしやすい欲張りな街ともいえます。駅周辺は百貨店や商業施設が多く、人々が行き交いいつも賑やかです。ホテルは町田駅周辺に集中しており、宿泊特化型のビジネスホテルが多くを占めます。一方「ベストウェスタン レンブラントホテル東京町田」は様々な施設のあるホテルです。
魅力多き町田
町田の玄関口である町田駅へは、新横浜駅から横浜線で約25分、新宿からは小田急線急行を利用すれば約35分でアクセスできます。小田急ロマンスカーも停車するので都心からのアクセスは抜群といえるでしょう。
町田駅周辺はビルが林立し近代的な印象があります。おしゃれなカフェやハイセンスなショップなども豊富。レトロでオシャレな名物商店街として知られる「仲見世商店街」は、町田に行ったら是非訪れたいスポットです。
一方、多摩丘陵の西部から中央部という立地なので、周辺には自然も多く住みやすい街として人気です。交通の要衝、商都として発展してきた歴史ある街としても知られており、老舗が多くあります。
近年では、町田駅周辺だけではなく、南町田駅周辺や小山ヶ丘エリアに大型店舗が相次いで出店、利便性が高まっています。また国際版画美術館、文学館といった文化施設も多くあり、都市としての魅力を高めています。
町田のフラッグシップホテル
町田は新宿や横浜へのアクセスが良く、町田をベースに新宿エリア、横浜アリーナや日産スタジアムなど、各地へ出かけるといった利用法もおすすめです。意外な利便性の高さを感じることができるでしょう。
ベストウェスタン レンブラントホテル東京町田は、会議やバンケット、ウェディングなど様々な用途でも多く利用されているホテルです。町田では貴重なフルサービス型のホテルであり、コミュニティ機能の高さにも注目です。
クオリティ高い和食や中国料理のダイニング、朝食ブッフェから、ランチ、ティータイム、ディナーまで、バラエティ豊富なメニューが楽しめるカジュアルレストランなど充実しており、ワンランク上のホテルグルメが楽しめます。
好アクセスホテル
ベストウェスタン レンブラントホテル東京町田へは、JR町田駅ターミナル口より徒歩2分、小田急線の町田駅西口出口より徒歩8分の立地。町田の街を散歩しながらアクセスするのが楽しいでしょう。
車でのアクセスも便利です。東名高速道路経由の場合、横浜町田ICを出て国道16号を八王子方面へ約5キロ、15分ほどでアクセスできます。立体駐車場は70台分用意、全長5.5m/車幅2.05m/高さ1.55mと一般的な立体駐車場より余裕が(車種・サイズにより入庫制限あり)、平面駐車場も用意されています。
全室シティビュー
ベストウェスタン レンブラントホテル東京町田は、全ての客室から町田のシティビューが楽しめます。明るく大きな窓からの都会のパノラマはホテルライフの醍醐味でもあります。
シングルユース向けの客室でも17平方mと余裕のある客室面積で、ダブル、ツインなど多彩な客室はエレガントな印象。町田市内では最大級の広さと高いクオリティでゲストを迎えます。快適なベッドはシモンズ製で心地よい眠りを誘います。
最も豪華なラグジュアリースイートは最上階ラグジュアリーフロアに位置。客室面積はなんと121平方mという2室続きのゆったりとしたスペースです。バスルームにはシャワーブースにジェットバスも完備。ラグジュアリーフロアの客室ではエアウィーヴのマットレス・ピローが採用されています。
使いやすいデスクポジション
利用しやすい客室としてのオススメはスタンダードダブルルーム。17.5平方mの空間ですが機能性が高く快適なステイが実現できます。特にデスク兼テーブルのポジションが秀逸。大画面テレビを見ながらの仕事や食事にも好都合。肘掛けのないチェアも、限られた空間で邪魔をせず使いやすく好印象です。いずれにしても町田を代表するホテルを象徴する質感の高い客室といえるでしょう。 

この記事を含むまとめ記事はこちら