出石皿そば巡り巾着セットで行く!出石そば厳選3名店


2018.04.05

LINEトラベルjp 旅行ガイド

大阪や京都から3時間弱の兵庫県出石(いずし)町は、手塩皿に分けられた一人前5皿のそばを数種の薬味で食べる、出石皿そばが大人気の里。落ちついた城下町には、味・香り・のどごしを競い合う蕎麦屋がおよそ50店。どの店を選ぶか迷うこと必至。そんなあなたに、お勧めなのが『出石皿そば巡り巾着セット』。この巾着があれば、3店で出石そばを食べ比べることが出来るのです。失敗したくないあなたに、厳選3店をご紹介。
出石皿そば巡り巾着セットをゲット!
食べ比べのスタートは、出石皿そば巡り巾着セットを手に入れるところから。まずは町の中心にある「いずし観光センター」へ向かいましょう。
これが出石皿そば巡り巾着セット。地模様が織り込まれた柔らかな出石ちりめんの巾着袋に、3枚の永楽通宝が入っています。永楽通宝は出石藩主仙谷家の家紋。無の印は出石藩の旗紋です。この永楽通宝1枚で、3枚の出石皿そばを食べることが出来るのです。
出石皿そばは、通常1人前5皿で供されますが、5皿食べると2軒をめぐるのが精いっぱいという人も多いもの。でも、出石皿そば巡り巾着セットで食べに行くと、1人前3皿で提供してもらえます。3皿×3軒=9皿。2人前よりちょっと少ない量で、3軒の食べ比べが出来るという優れものなのです。
そば巡りに参加しているお店は38軒。38軒から3軒を選ぶとになるとすごく迷うところですが、チラシに書かれているそばの色・そばの太さ・ダシの甘辛を見比べて選んでみましょう。もっと詳しく知りたければ、出石皿そば協同組合店主のこだわりサイトに詳しく出ていますので、ご確認ください。
1店目・自家製麺の「官兵衛」
出石皿そば名誉ある1軒目に選ぶなら、そばの色も太さもつゆもスタンダードな「官兵衛」はいかがでしょうか。入り口は、期待感溢れる純和風の佇まい。玄関前に置かれている皿そばの皿や、手水鉢に涼しげに置かれたわさびが、このお店の特徴を表しています。
出石そばは、大根おろし・山芋とろろ・ねぎ・わさび・鶏卵とともに供されることが定番。ここ官兵衛では、わさびは、生わさびがおろしがねと共に出てきます。自分でおろして、新鮮なわさびの辛味とさわやかさを堪能できるのはありがたい!
でも、それだけではないのです。もし、わさびの辛味が足りないと感じたら、わさび用砂糖と一緒にわさびをすります。すると、ツンとした辛さが少しマイルドになり、わさび本来の辛みが舌の上に広がります。わさびを知り尽くしているお店ならではだと脱帽。
そして、なんといっても官兵衛の自慢は、自家製紛の手打ちそば。石臼でそばの実をひいて作られる色白のそばは、甘みがあり、舌触り、喉越しともに最高。鼻に抜ける優しい蕎麦の香りにうっとりです。限定の十割蕎麦もありますから、開店時間を狙っていってみて下さい。
2店目・ミシュランガイド掲載の「近又」
2店目は、行列のできる「近又」。店のいたるところに小さな札が。よく見れば、30杯、50杯と強者どもの称号のよう。
出石では「皿そば之証」という認定証があるのです。男女を問わず大人20皿以上、子供15皿以上を食べると、その証として皿そば之証という木札がもらえます。それを5枚集めると、一年間無料になる「そば通の証」がゲットできます。「皿そば之証」は、集めるまでに何年かけてもいいというシステムなので、出石皿そばをお気に召したら、ぜひチャレンジして下さい。
近又のそばは、黒めでやや細め。玄そばと呼ばれる、そばの実を殻ごと挽いて作るそばがいただけます。そばの香りの強さは絶品です。天然塩でいただくと、ダイレクトに香りと旨みを楽しめます。
つゆは醤油がやや強めに出ている感じ。店員さんの丁寧な食べ方説明は好感度抜群です。まずは塩で、次はつゆで。そのあと山芋とろろや卵をつゆに入れて楽しみましょう。
3店目・熟成つゆの桂
いずし観光センターのある中心部から5分も歩けば、とても静かな路地にでます。だからといって蕎麦屋さんがないわけはありません。中心部から離れた静かな場所にあるのが「桂」。
黒めで細めの麺に、やや甘い熟成つゆが特徴のお店。2ケ月寝かせたかえしと良質のかつおをたっぷりと使った風味豊かでコクのあるそばつゆは、関西風というよりはやや中部圏に近い感じ。蕎麦湯でのばしていただくと、ホッコリするつゆです。このお店お勧めの鴨にとってもよく合うテイスト。
細切りのそばだけど、喉を通って行く力強さがとってもいい感じです。
お土産には、ぜひ…
出石皿そばを楽しんだ後は、お土産を求めてぶらり。出石は丹波地方にあります。丹波といえば丹波黒豆。城下町に豆屋さんがあります。
お店に足を踏みいれると、そこは豆ワールド。黒豆だけでも数種類。他にもいろんな豆が格安で売られています。丹波黒といえば大きな黒豆ですが、ここでは、希少種のとても小さな黒豆を入手できます。栽培農家も限られている本当に珍しい黒豆ですから、ぜひお買い上げください。黒豆ごはんに最適です。
同時に野菜も格安値段。ちょっと荷物にはなるけど、地元のスーパーの半額くらいで新鮮な野菜が買えるとなると、皆さんたくさんお買い上げ。美味しい蕎麦で満腹になって、帰宅しても新鮮野菜で満腹。
最高に幸せな出石の旅になるのではないでしょうか。 

read-more
いずし観光センター
place
兵庫県豊岡市出石町内町104-7
phone
0796526045
opening-hour
10:00-17:30

この記事を含むまとめ記事はこちら