イチゴあまっ!子供連れに絶対おすすめ!道の駅アグリパーク竜王


2018.04.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

滋賀県の「道の駅 アグリパーク竜王」は、体験交流型農業公園として家族連れに大人気のスポット。果物狩りや芋掘りなど収穫体験は、いつの時期に訪れても楽しむ事ができますが、その中でもおすすめは1月から5月に開催される「いちご狩り」。絶叫するほど甘くて美味しい!他にも館内のカフェで人気のジェラート、動物ふれあい広場でエサやり体験なども好評です。子供連れで家族みんなが楽しめる、ここは本当におすすめですよ。
収穫体験のできる広大な農園!いちご狩りは絶対おすすめ
自然の実り豊かなアグリパーク竜王では、一年を通して多くの果物や野菜が実ります。例えば、イチゴ、桃、梨、葡萄、さつまいも、じゃがいも、トウモロコシなど…。ここでは全ての収穫において、果物狩りや芋掘りなど、年中いつでも何らかの体験が出来るという全国でも珍しいスポットです。
その中でも特に人気なのが「いちご狩り」です。期間は1月から5月で、金額は時期によって異なりますが、例えば4月なら大人1,500円、子供は1,300円で30分間食べ放題。
(お値段など、詳細は下部MEMOより公式サイトにてご確認下さい)
イチゴはとにかく甘い!驚くほどに甘くて瑞々しい。一口食べた瞬間から、花畑を見つけた蜂のように、リミットの30分間に次から次へと無我夢中で食べてしまいます。「これは毎年、子供に食べさせてあげたいなぁ」そんな気持ちにさせてくれる美味しさです。
尚、ここアグリパーク竜王では「あきひめ」「紅ほっぺ」「よつぼし」といった品種のイチゴが食べられます。
激ウマ!イチゴで人気のジェラート専門店
いちご狩りなど果樹狩りの受付がある総合インフォメーション(改善センター)には、喫茶コーナー「ベリーBerry」があります。ここではネルドリップの珈琲や旬な果物を使ったジェラートが味わえると、地元で大人気の場所。
果樹狩りの楽しさをそのままジェラートにして販売しているこの店では、魅力的なジェラートが10種類以上あり、シングルカップ350円、ダブルカップは520円。豪華な「贅沢いちごのジェラート」や「竜王産いちごをのせたプレミアムジェラート」なども好評です。
2018年7月15日~12月24日までの期間に滋賀県で開催される「虹色の旅 滋賀・びわ湖」観光キャンペーンでは、特別なジェラートが用意されています。
お好みのジェラートを5種と季節のフルーツで彩った「七しょくのジェラート」。コカブ牧場のミルク、農場の果物や野菜を使用したいちごミルク、ももミルク、かぼちゃなど圧倒的な人気を誇るジェラートが選べて、自慢の新鮮フルーツ付き!
他にも、抹茶、かぼちゃ、ココア、紫いも、イチゴ、プレーンの6色のパウンドケーキに季節のフルーツを加え7つの「色」と「食」を掛け合わせ、更に2種類のジェラート、滋賀県自慢のブランド「竜ノコバコ」のジャムが添えた「七しょくプレート」もキャンペーンで登場する一品、共に1,000円です。
竜王町の美味しいがギュッ!と詰まった「竜ノコバコ」
竜王町に来たら絶対に買って帰りたいのが、竜王町の恵みがギュッと詰まった「竜ノコバコ」です。豊かな土地で育った果樹、野菜のうまみが凝縮された贅沢な一品は、食材の宝庫として名高い竜王町のお宝を小分けした、金箔のラベルの統一ブランド。
いちご、もも、梨と林檎、葡萄、イチジク、キウイ、スモモの7種と季節限定の「果実ペースト」は、100%竜王産の果実を贅沢に使った上品な甘さとソフトな口当たりのジャム。他にはアワビのようなコリコリ食感の“足太あわび茸”を醤油に漬けこんだ「あわび茸の醤油煮」、麹の甘みと大豆のコクが自慢の「竜王みそ」といった滋賀県が誇る3品があります。
ヤギが超可愛い!動物ふれあい広場
アグリパーク竜王では、ポニーやウサギ、ヤギなどがいる動物ふれあい広場もあり、ここでは一皿100円でエサやりも出来ます。好奇心旺盛なヤギたちは人が近づくと身を乗り出して「何かちょうだい」と言わんばかりアピールを始めます。
一ヵ所でエサをあげ始めると、隣から「こっちも」と催促するようにメェェェと鳴き声が聞こえ始める。あっちからもメェェェ、こっちからもメェェェと。目を細めて美味しそうに人参を食べるヤギもいて、とにかく超可愛い食いしん坊たちですよ。
(入場は大人200円、小学生以下100円、田園資料館も入れます)
竜王町は近江牛発祥の地!
この竜王町は近江牛発祥の地と言われており、ここでは「近江牛」に関する展示物なども見ることが出来るのも興味深いです。
松阪牛、神戸牛と並び称される「近江牛」は、もともと農耕用や運搬用に広く用いられていました。それが幕末から明治にかけ、近江商人によって当時最大の牛肉消費地だった横浜まで牛を連れて外国人と直接取引を行ったのが、食用ブランドの始まりと言われています。
その取引に使われたのが、蒲生郡苗村(竜王町)と朝日野村(東近江市)の牛で、この近江牛の販売に尽力を尽くした「米久」の竹中久次が蒲生郡苗村の出身。これが竜王町が近江牛発祥の地と呼ばれるようになった所以です。
湖東地方の豊かな自然、良質なワラ、キレイな水で育てられた近江牛、そして堅実かつ進取の気性に富む近江商人によって育まれてきた軌跡もここで見ることが出来ます。また見晴らし抜群のテラスで味わえる本場近江牛と竜王特産あわび茸、地元で採れたお野菜のバーベキューは一人前3,000円で要予約。とにかく凄い人気ですので、利用される場合は早めの予約がおすすめです。
今回は「道の駅 アグリパーク竜王」の一部を紹介致しましたが、他にもサイクルボートやグラウンドゴルフ場や新鮮野菜の直売や焼き立てパン工房、田植えや稲刈りなどの農業体験教室なども開催されています。家族連れに人気のスポットとなっています。 

道の駅アグリパーク竜王
rating

3.5

24件の口コミ
place
滋賀県蒲生郡竜王町山之上6526
phone
0748571311
opening-hour
9:00-17:00※施設により異なる

この記事を含むまとめ記事はこちら