親子で満喫できる科学館!東京都西東京市「多摩六都科学館」


2018.03.21

LINEトラベルjp 旅行ガイド

東京都西東京市にある、体験ミュージアムの多摩六都科学館(たまろくとかがくかん)。現在は一部の市が合併したため5つではありますが、6つの市が運営する科学館としてオープンし、休日や連休は多くの家族連れでにぎわいます。館内には世界一に認定されたプラネタリウムをはじめ、それぞれテーマの違う5つの展示室が用意されています。
子供から大人まで夢中になってしまう、多摩六都科学館の魅力をお届けします。
5つのテーマを学びながら楽しもう!
「チャレンジの部屋」「からだの部屋」「しくみの部屋」「自然の部屋」「地球の部屋」と、5つの部屋が用意されています。
それぞれ違ったテーマを学びながら楽しめる展示物や、クイズが用意されているので、子供だけではなく大人も夢中になってしまうものばかり。『遊ぶ』と『学ぶ』が同時にできるので、好奇心旺盛な子供がいるご家族にはぴったりの施設です。
その中でも特に人気があるのは、「チャレンジの部屋」にあるムーンウォークです。
月面でジャンプしたしたときの体験ができるもので、子供から大人まで楽しめるアトラクションです。
ふわっと飛び上がり、ゆっくりと着地するまでが体験できるのですが、少し蹴り上げるだけで予想以上に高く上がるので、大人の方も思わず「おおー!」っと、驚きの声を上げてしまいます。
このムーンウォークのみ身長110cm以上、体重22kg以上~70kg未満の制限があるため、小さな子供連れのご家族や一部の方は注意が必要です。
大きな球体「サイエンスエッグ」で楽しむ繊細で迫力ある映像
外からは何だろう?と思うほどの大きな球体。
この正体はサイエンスエッグと呼ばれるドームで、大型の映像やプラネタリウムが体験できます。
球体全体がスクリーンになっているため、見上げればリアルな映像が楽しめるのが特徴です。上映スケジュールや内容は訪れる時期によって異なりますが、2か月ごとに内容が変わるので何度でも楽しめますよ。
サイエンスエッグで上映されるものの中で、特に人気なのがプラネタリウムです。
「最も先進的なプラネタリウム」として、ギネス認定もされている多摩六都科学館のプラネタリウムは、直径27.5mの大型ドームスクリーンに、1億4000万個を超える星が映し出され、まるで本物の星空を見上げているような気分にさせてくれます。
この繊細な星空を映し出しているのは、東京都府中市にある企業が開発したCHIRONⅡ(ケイロンⅡ)。より本物の星空に近づけるようにと開発されただけのことはあり、星雲や星団を再現した美しい天の川も観ることが可能です。
また、スタッフによる生解説も見どころのひとつ。個性的ながらも分かりやすく説明してくれます。
小さな子供連れのご家族も安心!広い休憩室やカフェも併設
展示室の他に、ミュージアムショップやカフェスペース、休憩室なども充実しています。
ミュージアムショップには、多摩六都科学館のオリジナルグッズや、宇宙食など、お土産や思い出の品にぴったりな一点が見つけられます。
休憩室はとても広く、約150席用意されています。ここでは休憩はもちろん、お弁当など持ち込んでの食事も可能です。授乳室も併設されているので、乳幼児連れのご家族も安心して過ごせるのも魅力のひとつです。
また、1階のカフェスペースには「六都なおきち」が2017年3月にオープン。地元の食材を使った食事やドリンクが楽しめると評判で、平日はカフェのみの利用も可能です。
多摩六都科学館とのコラボで、「食」をテーマにした期間限定のメニューや、季節限定の商品もあり、いつ訪れても楽しめます。 

多摩六都科学館
place
東京都西東京市芝久保町5-10-64
phone
0424696100
opening-hour
9:30-17:00(入館は16:00まで)…

この記事を含むまとめ記事はこちら