ハートロックの行き方教えます!奄美大島で絶対行きたいパワースポット


2018.03.16

LINEトラベルjp 旅行ガイド

奄美空港から車で15分程の場所に、今人気の観光スポット、ハートロックと呼ばれる自然の青いプール(潮だまり)があります。「見られなかった」「見つけられなかった」という声も多数。ハートロックを見るには訪れる時間にコツがあるのです。今回はハートロックの場所、アクセス、見られるタイミング・時刻をお教えします。
奄美大島のハートロックの場所
ハートロックと言えば嵐のCMに登場した沖縄が有名ですが、奄美大島にも違った種類のハートロックが存在します。奄美のハートロックは空港から車で約15分。龍郷町にあります。遠浅の海が美しい用安海岸から神の子の集落を過ぎたあたり、82号線沿いに写真のような駐車場が見えてきます。目印は「うふた」というお宿。龍郷町はハートロックを見る際にはこちらに駐車することを案内されていますので、路駐などはせず、こちらを利用しましょう。
駐車場に車を停めて進行方向に少し歩くと次の角にハートロックを案内する立札があります。ここを左に曲がります。
更に進むと、また左手に立札。ここがハートロックの入り口となります。
ハートロック入口から海岸まではちょっとしたジャングル
入口から海岸までは草木の生い茂る小道を3~4分歩きます。ハブ注意の立札もありますので、暗くなってからの通行は避けましょう。砂浜に近づくにつれて植物の種類もどんどん変化しますので、クワズイモやアダンなど南国の植物の様子も楽しみましょう。また、冬の間はリュウキュウアサギマダラという蝶が集団で越冬している姿を目にすることもあります。
前方が明るくなって砂浜が見えたら一安心。ハートロックは右手、2つめの岩場にあります。
奄美大島のハートロックとは
沖縄のハートロックは海にある岩が重なってハートに見えるというものですが、ここ奄美大島のハートロックは潮だまりに溜まった海水がハートの形に見える自然現象のようなもの。岩場にはハート型の他にも数多くの不思議な形をした潮だまりがあります。
これがハートロックと呼ばれる潮だまり。いつでも見られるものではなく、「見つけられなかった」という人は、このハートロックが海中にある時間帯に行ってしまったか、単に道に迷った人。
ハートロックを見つけるには、干潮時に訪れる必要があります。干潮時には海面の上に写真のように見られますが、満潮時には海の中なのです。見えたり見えなかったりするのも、このハートロックの魅力なのかもしれません。
潮位を調べて訪れましょう
同じ干潮時でも波が高いとこのような状態。近づけませんし、ハートの潮だまりも波をかぶって綺麗に見えません。見物客も遠くから残念そうに眺めるのみです。
こちらは地元龍郷町所有のハートロックの写真。条件が揃うとこのような澄みきった海水をたたえたハートロックが見られます。観光客は訪れることのできるタイミングが限られていますので、なんとか形が見られたらラッキーくらいの気持ちで挑みましょう。
ハートロック前の「ヘルシーアイランドカフェ」
潮位のことを知らずに訪れてしまった人はこちらにお立ち寄りください。ハートロック入り口近くにあるヘルシーアイランドカフェでは、毎日干潮時刻を看板に書いてくれています。時間をチェックしてタイミングがあえば再チャレンジを。
店内にはハートロックにちなんで、ハート型のスイーツも販売されています。 

read-more

この記事を含むまとめ記事はこちら