埼玉県北本市で桜名所巡り!「城ヶ谷堤」と「石戸蒲ザクラ」


2018.03.12

LINEトラベルjp 旅行ガイド

埼玉県北本市の西部に「城ヶ谷堤」の名で知られる桜の名所があります。江戸時代初期に築かれたという堤の両側に桜が植えられ、美しい桜並木になっているのです。緑濃い風景の中に咲き誇る桜並木は見事なものです。すぐ近くには「石戸蒲ザクラ」と呼ばれる名桜もあり、併せて訪れるのがお勧め。周辺でも美しい春景色を楽しめるので、ひととき春の散策を楽しみましょう。次のお花見シーズンは北本市へGO!
桜の大木が並ぶ、「城ヶ谷堤」の桜並木
「城ヶ谷堤」と呼ばれる“堤”は、江戸時代初期に水害から集落を守るために築かれました。すぐ西側を荒川が流れていますから、昔から水害に悩まされてきた土地だったのでしょう。現在の「城ヶ谷堤」は昭和18年(1943年)に全面改修が行われています。
その“堤”の両脇に、戦後、桜が植えられ、地元の人たちによって大切に育てられてきました。それが北本市の桜名所として知られる「城ヶ谷堤」の桜並木です。
「城ヶ谷堤」に植えられている桜は60本ほど。数の点では決して規模の大きなものではありませんが、植えられてから年月を経て、大きく育った桜は見事な姿で咲き誇ります。桜並木の下を歩いたり、堤の下から並木を見上げたり、さまざまな表情を楽しんでおきましょう。
堤の脇では菜の花も咲き、菜の花と桜並木との競演が春らしい景観を見せてくれます。周辺は緑濃い風景が広がり、のんびりと穏やかな空気感の中でお花見が楽しめるのが魅力です。
桜が見頃になる時期、「城ヶ谷堤」西側に設けられた駐車場横の広場には露店が並び、お花見ムードを盛り上げています。春の行楽気分で出かけるのも楽しいですね。
<城ヶ谷堤の基本情報>
住所:埼玉県北本市石戸宿6丁目
電話番号:048-594-5547(北本市都市計画課)
アクセス:JR北本駅西口から「北里大学メディカルセンター」行きバス15分、「自然観察公園前」バス停下車、徒歩15分/無料駐車場有り
「城ヶ谷堤」の横は天神下公園、足を延ばしてみよう
「城ヶ谷堤」の西側、駐車場の横は天神下公園という公園になっています。グラウンドとして使える広場を設けただけの公園ですが、その広場の外縁部に桜が並んでいて、なかなか美しい風景を見せてくれます。
「城ヶ谷堤」はお花見の人で賑わっていますが、天神下公園へ足を延ばす人は少ないようです。人の姿の無い公園の広場で、のんびりと桜の咲く風景を楽しみましょう。
世界に一本だけの品種、「石戸蒲ザクラ」
「城ヶ谷堤」からほど近い、東光寺の境内に立つ「石戸蒲ザクラ」は「日本五代桜」のひとつに数えられるという名桜。この桜はヤマザクラとエドヒガンとの自然交雑種で、「カバザクラ」という、世界でこの一本だけという品種です。大正11年(1922年)に国の天然記念物に指定されましたが、残念ながら現在のものは老木から株分けした二代目。それでも「石戸蒲ザクラ」は風格漂う姿で咲き誇ります。ぜひ見ておきたい名桜です。
ところで、なぜ「石戸蒲ザクラ」という名なのでしょう。「石戸」はこの辺りの昔からの地名ですが、「蒲」は源頼朝の異母弟である蒲冠者(かばのかじゃ)源範頼の伝説に由来するのだとか。東光寺境内に伝説について記されたパネルが設置されていますから、訪れたときに目を通しておきましょう。
<石戸蒲ザクラの基本情報>
住所:埼玉県北本市石戸宿3丁目
電話番号:048-594-5566(北本市文化財保護課)
アクセス:JR北本駅西口から「北里大学メディカルセンター」行きバス15分、「北里大学メディカルセンター」バス停下車、徒歩5分/無料駐車場有り
「石戸蒲ザクラ」の周辺を散策するのもお勧め!
「石戸蒲ザクラ」のある北本市石戸宿は長閑な風景の広がるところ。周辺を散策してみるのもお勧めなのですよ。「石戸蒲ザクラ」の北側へ歩を進めれば、民家の庭に咲く見事なオオシマザクラやベニシダレにも出会います。畑に咲く菜の花も春の風情です。そんな“春の風景”を愛でながら散策を楽しみましょう。ただし、くれぐれも地元の方のご迷惑にならないように注意しましょうね。
東光寺の南側、道路脇に来場者用の駐車場が設けられていますが、この駐車場脇にも桜の木が並んでいます。それほど大きな桜ではありませんが、一列に並んで咲く姿がきれいです。せっかく訪れたのですから、そんな風景との出会いも楽しんでおきましょう。 

城ヶ谷堤
place
埼玉県北本市石戸宿7
no image
石戸蒲ザクラ
place
埼玉県北本市石戸宿3-119 東光寺境内
phone
0485911473

この記事を含むまとめ記事はこちら