美ら海に囲まれた島で快適ステイ「アートホテル石垣島」


2018.02.28

LINEトラベルjp 旅行ガイド

沖縄の代表的な島のひとつである石垣島。八重山諸島へのターミナルとしても知られています。新石垣空港の開業により、羽田や関空からも直行便でアクセスできるようになったことで、近年益々人気が高まっています。石垣島にはデラックスなホテルから宿泊特化型のホテル、民宿やゲストハウスまで多彩ですが、都市型リゾートホテルとして利用価値の高いホテルが「アートホテル石垣島」です。魅力を紹介しましょう。
美ら海に囲まれた石垣島
空路で石垣島へ向かうと、高度を下げた飛行機の窓外には美しい海が広がります。石垣島は、世界有数のサンゴ礁で知られるまさに美ら海に囲まれた島。平野と山の起伏といった自然の変化には、他の島では味わえない奥深さがあります。
アートホテル石垣島は市街からほど近い高台にあるので、街の楽しみを享受しつつ石垣島の自然が望める好立地のお得ホテルでもあります。ホテルエントランス前にはバス停留所があり、離島ターミナル、バスターミナルなど主要な拠点への移動もラクラク、無料シャトルバスを利用してフサキビーチへも約15分と簡単アクセスです。八重山諸島のキースーテションホテルとして利用価値が高いホテルといえるでしょう。駐車場も余裕ある収容台数なのでレンタカー利用でも安心。
アートホテル石垣島で感心するのがスタッフのおもてなし。島に育まれて島人(しまんちゅ)のおもてなしの心をサービスモットーにするホテルなのです。
快適な客室
アートホテル石垣島は、従前のホテル日航八重山からリブランドしたホテルです。快適な客室はファミリータイプが中心ですが、10タイプあり利用シーンに合わせてセレクトできます。
マイステイズブランドが手掛けるリニューアルは、利用者目線重視なのでゲストからも高評価を得ています。インテリアはシンプルでベーシックにまとめられていますが、実際に利用してみてわかる快適ポイントが多くあります。
眺望も客室の魅力。特にハイフロアからの眺望は、南に青い海と八重山の島々を遠望、そして北には緑豊かな山々といった石垣島の大パノラマが広がります。
更に眺望を楽しむのであれば、最上階13階のスカイバンケット&バー「カプリコン」へ。日航時代は夜のバー営業のみでしたが、現在ではティータイムからバータイムまでゆったり過ごせます。夜景はもちろん素敵ですが、遠くまで望める日中の景色もかなり感動的です。
人気の大浴場
アートホテル石垣島はリゾートホテルとしての機能も高いものがあります。「にぃふぁい湯」は宿泊者はもちろん、地元の方にも大人気の大浴場です。男湯には高温サウナ、寝湯、水風呂、女湯にはミストサウナ、打たせ湯などがあります(サウナは夕方のみ利用可能)。
大浴場は石垣島で一番の大きさです。石垣島の地下水を汲み上げ、さらに磨きをかけた超軟水の水を供給しています。不純物が取り除かれた超軟水ですので、温泉のように柔らかく保湿効果の高い水質です。赤ちゃんでも安心して飲めるピュアウォーターでもあります。
グルメホテル
アートホテル石垣島は、多彩なレストランを擁するグルメホテルとしても知られています。中でもオススメは「炭火焼肉 畑人(はるさー)」。畑人とは農家を意味します。八重山の二大ブランド牛、石垣牛&美崎牛や石垣島産車海老などが満喫できます。
また、キムチやもずく、牛汁といったサイドメニューも秀逸です。ブッフェレストラン「アクアリス」もゲストに人気のレストラン。沖縄、石垣島の食材や郷土の味を楽しめるうえスタンダードメニューも充実。たくさんの料理を欲張りに楽しみたいのであれば、最高のグルメ時間になることでしょう。
ライブが毎晩開催
アートホテル石垣島では、地元出身アーティストによる“ゆいぐくるライブ”を毎晩開催しています。芸能の島ともいわれる石垣島。食事のあとにほろ酔い気分で楽しむ八重山芸能は最高の石垣時間です。
ゆいぐくるは漢字で書くと「結心」。八重山諸島の「人と人との心を結ぶ」という意味の言葉です。ライブを通して集まった人々の心がひとつになり「旅から帰られても、この場所、この時間が、よき旅の思い出として残りますように」というホテルの思いが込められています。思い出深い石垣みやげがひとつ増えることでしょう。 

アートホテル石垣島
rating

4.0

974件の口コミ
place
沖縄県石垣市大川559
phone
0980833311

この記事を含むまとめ記事はこちら