伊豆半島最強の桜スポット!伊東市「伊豆高原桜並木」の楽しみ方


2018.03.03

LINEトラベルjp 旅行ガイド

「伊豆高原桜並木」は、伊豆高原駅近くにある桜の名所。3月上旬頃からひと足早く「おおかん桜」が咲き始め、3月下旬~4月上旬頃には、約3kmに及ぶ華やかな"桜のトンネル"が完成します。その圧巻の光景は全国的に知られ、多くの観光客が訪れます。
毎年「伊豆高原桜まつり」も開催され、夜間はライトアップも実施!一面のピンクの彩りの中、ミニ美術館やオシャレな店を楽しみながら、のんびりと散策はいかがですか?
一度は行きたい!大人気の「伊豆高原桜並木」
全国的にも知られ、人気が高い「伊豆高原桜並木」。伊豆急行 伊豆高原駅のすぐ近くにあり、都心からのアクセスも比較的容易で、一度は訪れておきたいスポットです。
桜の本数は約600本、周辺合わせて約3,000本と言われます。道路の両側に植えられているため、見頃の時期にはピンクの花が頭上を覆い、その光景はまさに"桜のトンネル"!歩いて散策しても、車で通り抜けても気持ちが良いものです。
ソメイヨシノに先駆け、3月中~下旬に見頃になる駅周辺の「おおかん(大寒)桜」も淡紅色の花が華やかで、見ごたえ十分!
車で訪れて歩いて散策する場合、伊豆高原駅周辺の駐車場(詳細は一番下の段落に記載)を利用しましょう。少し離れていますが、「やまも口駐車場」なら最初の1時間が無料になりますよ。
見頃の時期は、駐車場がすぐ満車になります。周辺道路も混雑するので、早めの行動がお薦め。混雑が激しい土日は、公共機関を利用するほうが安心です。
毎年、おおかん桜と桜並木(ソメイヨシノ)の見頃に合わせ、「おおかん桜イベント」と「伊豆高原桜まつり」を開催!2018年の「おおかん桜イベント」は3月10・11・17・18日、「伊豆高原桜まつり」は3月24日~4月1日の実施となります。詳細は、下記の関連MEMO「第41回 伊豆高原桜まつり」よりご覧ください。
ひと足早く楽しめる!淡紅色の「おおかん桜」
伊豆高原駅を出て、すぐに見ることができるのが「おおかん(大寒)桜」の並木。駅の周辺に約200本植栽されています。ソメイヨシノより1週間ほど早く見頃を迎え、ここから伊豆高原の桜の最盛期がスタートします。
「おおかん桜」は、寒桜(カンザクラ)と大島桜の交配種。花の直径は3センチほどで、花弁の先に細かい切れ込みがあるのが特徴です。
3月中~下旬頃、駅前から国道135号線にかけて、ソメイヨシノより濃い淡紅色の花が咲き誇る様子はとても華やか。ソメイヨシノの桜並木が有名ですが、ぜひ「おおかん桜」にも注目してくださいね。
歩いてもドライブしても最高!夢のような"桜のトンネル"
駅から国道135号線に向かって3~5分ほど歩くと、いよいよ「伊豆高原桜並木通り」の入口に到着します。3月下旬~4月上旬頃になると、道路の両側に植えられたソメイヨシノが見頃を迎え、ピンクの花が頭上を覆って桜のトンネルを作る様子は圧巻!
「桜並木通り」を端まで歩いても所要時間は25~30分ほどでしょう。ただし、のぼり坂なので、少々大変。伊豆高原駅から路線バスを利用して「桜並木通り」を一気にのぼり、「高原中央」や「大室山荘」バス停などで降りて、坂を下りながらお花見する方法もあります。バスの時刻は、下記の関連MEMO「東海バス」よりご確認ください。
車で"桜のトンネル"を通り抜けるのも気持ちが良いものです。見頃の時期でも、平日なら意外にスンナリ通れますよ。そのまま「桜並木通り」を大室山方面に抜けて、伊豆高原のもうひとつの桜スポット「さくらの里」へ向かうのもよいでしょう。
ただし、見頃の土日は渋滞が予想されます。それはそれで車内からゆっくりとお花見ができますが、時間にゆとりをもって行動することをお薦めします。
桜並木通りを「高原中央」交差点まで進むと、「伊豆高原桜のトンネル通り」の入口があります。桜並木通りと同じように、道路の両側にソメイヨシノが植えられており、見頃の時期は、名前の通り"桜のトンネル"を見ることができます。
桜並木通りより距離は短いですが、車通りが比較的少ないので、ゆっくり散策したり写真を撮ったりすることができますよ。
「桜のトンネル通り」では、毎年「夜桜ライトアップ」を開催!18~22時の間、「高原中央」交差点の約300メートル先から約1200メートル先ぐらいの区間で実施されます。期間は、開花状況によるのでご注意ください。
桜の開花状況は、下記の関連MEMO「伊豆・伊東の花情報」のリンク先に随時掲載されます。お出掛け前にぜひご覧くださいね。
お花見と一緒に楽しめる見どころをご紹介!
「桜並木通り」と「桜のトンネル通り」には、おしゃれな店やミニ美術館などが点在しており、お花見と一緒に楽しめるのが嬉しいところ。
「桜並木通り」に入ってすぐの「陶磁・ガラス美術館 やんもの木」では、中国陶磁美術の数々や17~20世紀までの乾隆ガラスを展示。「高原中央」交差点にある「野坂オートマタ美術館」では、オートマタ(西洋のからくり人形)を専門に展示し、実演も行われています。
「桜トンネル通り」から路地に入ったところにある「アトリエ・ロッキー万華鏡館」の、世界一の巨大万華鏡は圧巻!看板が出ているので、場所はすぐわかりますよ。
「桜のトンネル通り」にあるPULCINO(プルチーノ)は、南イタリアの家庭料理とピッツァが自慢の店。さっぱりとした食べやすい味で大変人気があります。
写真は、ランチの「マルゲリータ」(税込1,050円)。野菜サラダとデザート付です。ピッツァのあまりの大きさにびっくり!でも美味しいので、いつの間にか食べ切れてしまうのが凄いところ(「小さいサイズ」もあります)。4種類のチーズが乗り、好みでハチミツをかけて食べる「クアトロフォルマッジ」もお薦めです。
散策のあと足が疲れたら、伊豆高原駅前の「美足の湯」で休憩するのがいちばん。ナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉の足湯で、打ち身・筋肉痛・関節痛などに効能があります。16~17時頃の清掃時間以外は自由に利用ができますよ。タオルは「やまもプラザ」内の売店で販売されています。
すぐそばには、天城山系の矢筈山(やはず)ふもとの地下水を水源とする「伊豆高原のうめえ水」があります。ペットボトルに汲んで、散策のお供にしてはいかが?
伊豆高原のもうひとつの桜スポット「さくらの里」!
大室山の麓にある「さくらの里」は、伊豆高原桜並木と並ぶ伊豆の代表的な桜の名所。 約40種1500本の桜が植栽され、約8ヵ月にわたりさまざまな種類の桜が咲き続けます。伊豆高原桜並木と近いので、併せて訪れてはいかがでしょうか?
「さくらの里」のソメイヨシノの開花は伊豆高原桜並木より1週間ほど遅れますが、両方の見頃を同時に楽しむことは可能です。また、園内全域にある「伊東桜」の見頃も伊豆高原桜並木と重なります。
下の写真が「伊東桜」。伊東市城ヶ崎で発見されたソメイヨシノ系の品種です。純白の花を満開に付け、園内を彩る様子は、ソメイヨシノに劣らない美しさですよ。
「さくらの里」への交通機関でのアクセスは、伊豆高原駅バス停1番乗り場から「シャボテン公園・大室山リフト行き」に乗りましょう(約20分)。終点から徒歩5分で行くことができますよ。
「さくらの里」については"たびねす"の別記事に詳しく掲載しています。下記の「関連MEMO」より、ご旅行の参考にぜひご覧ください。 

伊豆高原桜並木
place
静岡県伊東市八幡野 伊豆急伊豆高原分譲地

この記事を含むまとめ記事はこちら