山の麓の小さな動物園!長野県「須坂市動物園」でふれあい体験


2018.04.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

長野県の北部、須坂市にある「須坂市動物園」。臥竜山の麓にあるこの動物園は、小さいながらも羊やポニー、うさぎなど、見て楽しむだけじゃなく、触れ合える動物がいっぱいです。
自然溢れる環境で育った動物たちは、みんな穏やかで人懐っこい!ふわふわ、もこもこ、可愛い動物たちに癒されに行ってみませんか?
須坂市動物園とは?
昭和37年10月1日に、長野市のお隣の須坂市で開園した「須坂動物園」。
市の職員さんや飼育員さんによるアイデアや工夫が凝らされたイベントや、手づくりの案内板など、動物との距離が近いアットホームで暖かみのある動物園は、市民の憩いの場として親しまれています。
テレビで紹介されたサンドバッグをキックする、アカカンガルーの「ハッチ」くんでその名前を聞いた事のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?残念ながらハッチくんは2009年に亡くなってしまったのですが、現在はその孫の「イッチ」くんや、ベンガルトラ、カピパラなど、約50種・250もの動物を見る事ができます。
オススメは土・日・祝日!餌やり体験無料「南園ガイドツアー」
「須坂市動物園」は、ベンガルトラ、カピパラなど個性豊かな動物がいる「本園」と、ブタやヤギなど私達にもおなじみの動物達がいる「南園」との2エリアに分かれています。
動物と触れ合いたい!という方はぜひ「南園」から見て回りましょう。羊やポニー、ロバにトナカイなどなど…見るだけではなくて、触れ合える動物がたくさんいます。
特にオススメなのが、土・日・祝日に行われている「南園ガイドツアー」。南園にいる動物たちの生態を知りながら、ついでに餌やり体験まで出来るなんともおトクなツアーです。
餌やりが出来る動物は、ラマ、羊、ブタ、トナカイなど。飼育員さんと一緒に回るので、お子さんの知りたい、分からないも一緒に解決できてオススメです。所要時間は約40分、午前と午後に1回ずつ行われています。途中から参加も出来るので、お時間が合ったらぜひぜひ参加してみてくださいね。
他にも触れ合える動物は「本園」にも!本園にある「ふれあいハウス」ではうさぎを撫でたり、モルモットを抱っこしたりする事が出来ます。大きい動物は怖くて触れない!という小さなお子様は、ぜひこちらで触れ合い体験をしてみてはいかがでしょうか?
須坂市動物園は季節にちなんだイベントが盛りだくさん!まるっと一年楽しもう!
須坂市動物園では季節にちなんだイベントも豊富に開催されています。昼間とは違う動物達の姿を楽しめる「サタデー・ナイト・ズー」、仮装していくと入園料無料の「ハロウィンZOO」や、園内がクリスマスらしく飾り付けられる「メリー・クリスマZOO」などなど。
季節のイベントでも特にオススメなのが11月~4月中旬まで行われている「カピバラ温泉」。冬の寒い時期には特設のお風呂で、ゆったり温まるカピパラ達を楽しむ事が出来ます。
野生では水辺の近くで生活しているカピパラ達は実は泳ぎがとっても得意!水を怖がる事なく湯船へザブン、ザブンと飛び込みます。打たせ湯につかる姿はまるで人間のよう。ほっこり癒される事間違い無しのオススメイベントです。ゆず湯や、りんご湯など、その湯種も様々。暦に合わせて色々と変わっていくのも見所のひとつです。
その他、園内にはお子様向けの小さな遊園地や大型遊具、消防車やD51蒸気機関車なども展示されていて、公園としてもオススメです。動物を見終わったら、ぜひそちらも合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。
年間パスが大人1,000円というお財布に優しい設定なのも嬉しいところ。ちなみに年間パスに描かれている動物は毎年行われる園の人気投票で決定しています。2017年度はフンボルトペンギンのトットちゃん。2018年度は一体何の動物か、ぜひご自身の目で確認してみてください。
小さいながらも魅力溢れる須坂市動物園、いかがだったでしょうか?
園内は約1時間程度で見て回れる広さです。小さなお子様連れの方には特にオススメ。
動物園に隣接している臥竜公園は、さくらの名所100選・日本の名松100選としても有名です。そちらも合わせて楽しんでみてくださいね。 

臥竜公園
place
長野県須坂市臥竜2-4-8
phone
0262451770
opening-hour
各施設により異なる

この記事を含むまとめ記事はこちら