京都駅から徒歩5分の地に誕生!「崇仁新町」でご当地&屋台グルメを堪能しよう


2018.02.21

LINEトラベルjp 旅行ガイド

京都駅から徒歩約5分の崇仁地区に2018年1月屋台村「崇仁新町」がオープンしました。同町内では1丁目から4丁目まで串カツやおでん等の屋台定番メニューはもちろんのこと、京都のご当地の味も多数味わうことができます!
営業時間は基本的に午前11時から午後11時まで。昼間から飲めるのも嬉しいですが、コーヒーやお茶、スパークリング玉露や餅菓子が楽しめる店舗もあるので、夜のお茶を楽しむことも可能です!
崇仁新町とは?
「崇仁新町」へ行くには、京都駅の北側にある塩小路通をまっすぐ東に歩くだけ!京都駅ビルを出て、5分ほど歩けばこのカジュアル&お洒落な外観が見えてきます。
実はこの「崇仁新町」は京都市立芸術大学の移転予定地です。2018年1月にオープンし、今後は移転工事が始まるまでの約2年半の期間限定で運営される施設。1丁目から4丁目まで10軒以上の店舗が入店する個性的なコンテナやウッドデッキを活用した建物は、デザインや建物の配置など京都市立芸術大学の学生たちによって決められたのだそう。
崇仁新町はイベントスペースも充実!特にこちらのステージは京都の名所が美しく描かれた壁画に目を奪われてしまいます。これは京都市立芸術大学大学院出身の絵本・イラスト作家として活躍中のもりゆかさんらチームによって描かれたもの。時にはここでライブや伝統芸能の上演が行われます。
これも京都の味!中村屋総本家
崇仁新町で絶対に食べてもらいたいのはまず京都・嵐山に本店のある中村屋総本家プロデュースの「中村屋惣菜製作所」の揚げ物たち!
こちらでは揚げ物だけでなく、コロッケパンやビーフカツサンドの他ポークカツレツやステーキなどのプレートメニューも用意されています。
コロッケや串カツなど手軽な揚げ物はビールとの相性も最高!冷めても美味しい中村屋のコロッケですが、こちらでは熱々をビールとともにいただくことができます。揚げ物はメンチカツや唐揚げなどどれも美味しい!男性にはジューシーで肉感満載、でも臭みはなくてまさにお肉屋さんの味!なメンチカツがオススメ!
京都の食べ物というと懐石や豆腐など高価なものというイメージかもしれませんが、決してそれだけが京都の味ではありません。中村屋総本家のお惣菜はぜひ京都の味の1つとして、一度は食べてみてくださいね。
色々選べる!
こちらもぜひオススメしたい珍しいご当地メニューの「ちょぼ焼き」。4丁目にある「やきやき崇仁新町」のメニューです。
ちょぼ焼きとはお好み焼きやたこ焼きの元祖と言われるメニューで、かつては崇仁地区に数件のちょぼ焼きを取り扱う店舗があったそう。近年その姿を見ることはできなかったのですが、崇仁新町にて復活!
可愛い独特のプレートにうどん粉を使用した生地と具をのせて焼くちょぼ焼きは、甘めの御香香(おこうこう、いわゆる沢庵のことです)や牛スジ、そぼろ、餅やチーズなどの具をトッピング。具材に迷ってしまったら5種のちょぼ焼きが楽しめるセットを試してみましょう。
たくさんのお店がある崇仁新町ですが、お連れ様と食べたいものが分かれてしまっても大丈夫!お席はフードコートタイプになっているので、それぞれの店に注文してテーブルに集合することができます。テーブルには各町内の店舗のメニューがまとめて綴じられたメニュー表もあり、じっくり食べたいものを探せます。写真はメニュー表と2丁目に入店する「スウジン5」の近江赤コンのおでんです。
※近江赤こん:主に滋賀県で食べられる独特の色鮮やかな赤いコンニャク。京都市民にもファン多し!
こちらは1丁目に入店する「崇仁茶屋」で取り扱われる餅菓子とスパークリング玉露。写真の紙舟にのったお餅は右は本格生チョコと日本酒レーズンをほうじ茶のお餅でくるんだもの、左のお餅はホワイトチョコ入りの白餡とオレンジをミントのお餅でくるんでいます。
もし夜遅い時間に甘いものが食べたくなったら、色も香りも楽しめるスパークリング玉露とともにぜひこちらのお餅を食べてみて下さい!どれもとても良く工夫されていて美味しいお餅ばかり。
スパークリング玉露はお好みでトッピングできるよう蜂蜜も用意されています。また、「崇仁茶屋」では甘いお菓子系のお餅の他、おかず系のお餅も扱われています。
「浪漫館」
最近は自撮りやSNSブームもありレンタル着物のお店は大人気です。崇仁新町にも4丁目に「京都レンタル着物 浪漫館」が入店。
大正ロマン風のコーディネートを楽しめます。京都駅から徒歩圏内にある為どこへ観光に行くにも便利なのも嬉しいですね。
店内には写真映えしそうなお洒落でカラフルな着物がいっぱい!
予約は電話の他、メールやライン予約もできます。詳しくは下記MEMO欄崇仁新町HPから浪漫館のページをご覧下さいね。
(浪漫館の営業時間は10:00~20:00です。)
日暮れ後も楽しいですよ!
崇仁新町では昼間から気軽に駅地下で飲める!という点も嬉しいのですが、夜は独特の横丁のような雰囲気が楽しめます。
屋外スペースを利用したステージの前には、焚き火にあたる事ができる小さな火床もあり冬の夜など暖をとりつつキャンプファイヤー気分を楽しむことができます。
冬場の崇仁新町内はビニールで囲われ各所にストーブが設置されています。賑やかさはありつつも居酒屋のような騒がしさはあまりないので、お一人様や女性同士でも気軽に利用できる雰囲気です。 

崇仁新町
place
京都府京都市下京区上之町19-6
phone
0757082985
opening-hour
17:00-23:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら