まるで美術館のようなスタイリッシュ空間・岡山県新見市図書館


2018.02.24

LINEトラベルjp 旅行ガイド

岡山県内には、今話題の図書館が続々と建てられていますが、北部には神楽で有名な新見市にその空間で過ごすためにだけに行きたい!と思うくらい素敵な空間があります。それは、公立の図書館です。日ごろの忙しさから抜け出してゆっくり過ごしたい。しかも、それでいて癒されスペースで学びもできてしまう。そんな穴場スポットをご紹介いたします。
とにかく建物がすばらしい
新見図書館は新見市役所の隣にあり、2017年4月に、新見市の文化交流施設「まなび広場にいみ」として建築されました。総ガラス張りの鉄骨構造の建物です。とてもスタイリッシュな構えをしています。これが図書館なのか?と最初はわからないくらいです。しかも、これが公共の建物とは思えないほど観ると魅了されてしまう建築物なのです。この建物を見るだけでも価値があり、建築物好きにはたまりません。
この「まなび広場にいみ」には、図書館とコンサートや講演などが開催される多目的イベントホールがあります。こども向けの映画鑑賞会から演奏会まで様々な公演が催されています。
左が「まなび広場にいみ」の大小イベントホール施設。右が図書館施設です。
まるで絵を観るような図書館
図書館の中に入るとまず目に入ってくるのが、大きな吹き抜けの空間に天井まである本棚です。この美しさには魅了されます。本が置いてあるのでここは図書館だと実感できるのですが、図書館というよりもここは美術館では?と思うくらい素敵なディスプレイがされています。今は本を読むということプラス、本を観るという、つまり装丁の美しさをデザインとして楽しむことも本の魅力だと言わんばかりです。
本のディスプレイはライトアップされてまるで美術品を見ているかのようです。
この心地よい空間で勉強する人も多数います。静かな場所で勉強もはかどりますね。気楽にソファに座って本を読むことができます。やはり、ここは図書館ではなく、まるで家の中かロビーでくつろぐような気分で本を読んでいる感覚になってしまいます。もちろん図書館ですから利用料は無料。こんな素敵なスペースがタダで堪能できることは、とてもお得ですね。
いろいろな利用の仕方があります
スタイリッシュすぎて大人向けと思ってしまうかもしれませんが、子どももゆっくりと本を楽しむスペースがあります。ゆっくり靴を脱いで本を読む空間。本好き親子なら何時間いても飽きないですね。不定期ですが、子ども向けの読み聞かせなどのイベントが開催されていますので、図書館のホームページをチェックしてお出掛けしてみるのもいいでしょう。
半個室スペースブースになっていて、勉強をしている学生さんたちもいます。
無料で利用できるパソコン。旅の途中の情報集めにも役立ちますね。
テラスを眺めながらのカフェ
図書館横にはカフェがあります。カフェ巡りにはお勧めの場所です。カジュアルなカフェでそのテーブル席から外を見ると「まなび広場にいみ」のテラスとイベントホールの建物外観を見ることができます。イベントホールの建物も総ガラス張りでその曲線がまた美しい!カフェで飲み物やスイーツを堪能しながら美しい建築物を眺めていると、とても優雅な時間が過ごせます。
ドリンクはホットコーヒーが200円。ワンプレートランチは500円とリーズナブル。写真のケーキセットは税込み500円です。 

新見市立中央図書館
rating

4.5

4件の口コミ
place
岡山県新見市新見123-2
phone
0867722826
opening-hour
10:00-20:00
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら