地域に愛される屋上遊園地!川越・丸広百貨店「わんぱくランド」


2018.03.05

LINEトラベルjp 旅行ガイド

“小江戸”と呼ばれ、人気を集めている川越ですが、有名な蔵造りの町並みだけでなく、「昭和」な建造物やお店が数多く残されています。
今回ご紹介するのは、「丸広百貨店川越店」の屋上にある遊園地「わんぱくランド」。わんぱくランドには、とても希少な「小さい観覧車」もあり、昭和43年の開園から現在までずーっと現役!川越に残された屋上遊園地へ、家族みんなで遊びに行ってみませんか?
地域に愛されるデパート「丸広百貨店 川越店」
今回ご紹介する「わんぱくランド」は、東武東上線・JR線「川越駅」から徒歩約8分「丸広百貨店 川越店」の7階にあります。丸広百貨店は、埼玉県を代表する地場百貨店であり、埼玉県西部を中心に9店舗を展開。本店である川越店は、昭和26年10月に開設されて以来、地域密着型百貨店として、地域の方々に愛されてきました。親しみを込めて「丸広さん」と“さん”付けで呼ぶ人も多いんですよ。
丸広百貨店は、川越駅と蔵造りの町並みをつなぐ「クレアモール」と呼ばれる商店街の真ん中に位置し、まさに川越の核的存在となっています。また、そんな川越の中心地にありながらも、立体駐車場、平面駐車場が充実し、電車でも車でもアクセス抜群!
昭和43年オープンの屋上遊園地「わんぱくランド」
わんぱくランドがあるのは、屋上階にあたる7階。
エレベーターを降りて左手、“わんぱくランド”と書かれたドアを開けると、最新機種がずらりと並ぶ、広いゲームコーナーが!わんぱくランドがオープンしたのは、昭和43年。数多くのアミューズメント施設の企画・運営などを行う「ナムコ」が運営しています。
そして、こちらが屋外エリア。ドラマのロケなどでも度々利用されています。
昔はいくつも存在したデパートの屋上遊園地も、時代の流れから、オシャレなガーデンテラスなどに次々と生まれ変わりました。しかし、川越の丸広百貨店は、休みの日に親子で、もしくは親子三代で「デパートに行って、買い物をして、屋上で遊んで、美味しいご飯を食べよう!」という、昔から変わらない“昭和スタイル”のおでかけができる貴重な場所なんです。パパママ、おじいちゃんおばあちゃんが子供の頃遊んだ場所に、自分の子供や孫を連れてこられるって、素敵だと思いませんか?
そして、わんぱくランドにあるバッテリーカーなどの乗り物は、通常よりも少し長めに遊べるように設定されています。それには、“子供の笑顔がもっとみたい”“子供と一緒にゆっくり遊んでもらいたい”という思いが込められているそうです。
ずっと現役!これからも残したい屋上観覧車!
上の写真は、大人気の屋上観覧車「わんぱくホイール」。
2018年2月現在、首都圏で屋上観覧車があるのは、東京都大田区「東急プラザ蒲田」とココだけ。東急プラザ蒲田の屋上「かまたえん」は閉園していた時期がありましたが、丸広百貨店のわんぱくホイールは、ずっと現役!約2分で一周してしまうほどの大きさですが、デパートの屋上(7階)にあり、屋上の柵よりもずっと上まで上がるので、眺望はなかなかのもの。
わんぱくホイールは、1回1周300円ですが、誕生月の方にはバースデー特典が用意されています。誕生月の平日、1日1回無料で乗車できるんですよ。おでかけの際は、誕生日を証明できるものを忘れずにお持ちくださいね。
屋上ならではの眺望を楽しもう!
こちらは、てんとう虫のモノレール「わんぱくビード」。カワイイてんとう虫が、園内の空中散歩に連れて行ってくれます。
上の写真は、モノレールからの眺め。“たのしい音楽がながれるボタン”もあるので、ぜひ押してみて!天気のいい日は気分爽快ですよ。
こちらはレバーで上下する飛行機「わんぱくエアプレーン」。操縦気分を味わえるので、いつも子供たちに大人気です。他の遊園地よりも空に近い飛行機、乗ってみませんか?
その他にも、わんぱくトレインやトーマスなどのレール系遊具、ボールプール、バッテリーカー、キャラクター遊具など盛り沢山!わんぱくランドは、0歳から楽しめる屋上遊園地です。
隠れパワースポット「民部稲荷神社」で足腰健康祈願!
お子様連れファミリーの楽しそうな声が響く屋上の片隅には、足腰健康の御利益があると言われている「民部稲荷(別名 相撲稲荷)」が祀られています。民部稲荷神社には、面白い伝説が残されており、「まんが日本昔ばなし」で紹介されたことから、とても有名になりました。
その伝説とは、八王子に住み着いていた相撲好きな狐が「民部」と名乗る侍に化け、家来と近くの寺の小僧に相撲をとらせて楽しんでいましたが、寺の和尚に正体を悟られたことから「打ち身の手当ての術」を教えて、川越の山中に身を隠したというもの。
民部稲荷は当初、梵心山という場所に祀られていましたが荒廃し、川越八幡宮に移されたそうです。そして、梵心町に再建後、さらに移設され、現在は丸広百貨店の守り神として、屋上に祀られています。 

この記事を含むまとめ記事はこちら