美しすぎる!北海道の絶景スポット「三島さんの芝ざくら庭園」


2018.05.10

LINEトラベルjp 旅行ガイド

北海道にきたら是非オススメしたい春の絶景スポットがあります!北海道で芝桜と言えば、滝上町の芝桜公園や大空町の東藻琴芝桜公園は有名ですが、実はもっと札幌から気軽に行ける絶景スポットがあるんです。新聞やメディア、口コミなどにより、今では世界各国から観光客が訪れるほど有名となったこの芝桜庭園。今回はそんな素敵な場所を、皆さんにご紹介したいと思います。きっと、美しい情景に誰もが心奪われることでしょう。
「三島さんの芝ざくら庭園」ってどこにあるの?
札幌から車を走らせること約2時間。喧騒から離れたのどかな町、北海道倶知安町に、この美しい芝桜庭園があります。
倶知安(くっちゃん)・ニセコと言えば、ご存知の通り、日本百名山のひとつでもある蝦夷富士・羊蹄山を一望できる地。夏には北海道の大自然を堪能できるアクティビティ、冬には最高のパウダースノーを求め、世界各国からスキー客が訪れる、世界に誇れるリゾート地です。
そんな自然豊かな倶知安。ここに、美しい芝桜庭園があることをご存知でしたでしょうか。
プライベートガーデンへようこそ。ワンちゃんのウェルカムボードがお出迎え!
それではさっそく、皆様を中へとご案内致します!
タイトルをみて、「三島さん?」と疑問に思った方もいらっしゃいますね。そう、実はここ、元農家でもある三島和夫さんの私有地であり、ご自宅のお庭なのです。ですが、お庭と言っても敷地面積はなんと約4000平方メートル。驚くほどの広さを誇ります。
この広い大地で繰り広げられるロマンを、心ゆくまでお楽しみください。
さっそく、かわいいワンちゃんがウェルカムボードでお出迎え。撮影スポットやおすすめビューポイントも示してくれています。奥にみえるピンク色の景観、来園者を魅了する庭園、どんな絶景が待っているのでしょうか。
見事に咲き乱れる桜と菜の花のコラボレーション
目に飛び込んできたのは、美しい芝桜たち。あたり一面を、ピンクのじゅうたんで埋め尽くします!よく見ると、ハート型のように見える区画も。そんな視点で歩いてみるとワクワクしますね。
周りを囲む、黄色に輝く菜の花のコントラスト。ほんのり甘いお花の香りが、春の到来を感じさせ、美しさだけでなく、上品さや愛らしさ、優しく包まれるような温かい雰囲気さえも感じさせてくれます。
もちろん、この芝桜はすべて、三島さんご自身が手塩にかけ、丹精込めて育て上げた庭園。苗は使わずに、砂利や石もすべて1人で運んだといいます。何色もの桜が花開き、グラデーションとなった景観は、息をのむほどの美しさ!
撮影スポット!荘厳に佇む羊蹄山と可愛いミニ羊蹄山?
そして、見所は芝桜だけではありません。少し奥に進み振り返るとそこには、素晴らしい景色が待っています。
北海道を代表する蝦夷富士・羊蹄山!残雪の羊蹄を背景に、黄色い菜の花と赤・白・ピンク、色鮮やかに彩られた芝桜とのコラボレーションは、圧巻の一言。南に蝦夷富士、西にニセコ連峰。まるで絵画の世界に飛び込んだような、感動的な美しい情景に出逢えることでしょう。
さらに!写真左下をご覧ください。小さな丘のようにも見えますが、何かに似ていますよね。実はこれ、山に積もる残雪を、白い桜で表現した小さな羊蹄山。荘厳に佇む羊蹄山と、桜で彩られた愛らしいミニ羊蹄山のツーショット。周囲にはミニニセコ連峰まで、遊び心いっぱいの素敵な庭園です。
個人で作られたとは思えないほどのパフォーマンスとクオリティの高さ。まさに、芝桜が織りなすアートですね。
美しい景観とともに北海道の素敵な旅を
お楽しみ頂けましたでしょうか。今回は、北海道の大人気観光地、ニセコ周辺の春の観光スポットをご紹介いたしました。
今では観光バスもとまるほどの名所となっているこの庭園、驚くことに、ここのすべての空間は拝観料が無料なんです。三島さんのご厚意により、無料で一般開放とは、本当にありがたいですね。たくさんの幸せを届ける三島さん、そのお心遣いに、感謝状をお渡ししたいくらいです。
日帰り温泉やキャンプに行く途中に立ち寄るのも、贅沢なひとときとなります。
わずか7~10日間ほどで見頃を終えてしまう芝桜。ですが、その短い期間に、たくさんの人々を魅了し、日本の美しさを感じられる庭園は一見の価値あり。北海道の広い大地、大自然、澄んだ空気、ぜひこの機会に、足を運んでみてはいかかでしょうか。
芝桜庭園では、例年5月下旬から6月上旬ごろに見頃を迎えます。開花情報は関連MEMO欄をご参照くださいね。
それでは、素敵な北海道の旅となりますように。お気をつけていってらっしゃいませ。 

三島さんの芝ざくら庭園
place
北海道虻田郡倶知安町旭51
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら