のっぽにイタリアンロールも!静岡「三島駅」ご当地土産オススメ5選


2018.03.08

LINEトラベルjp 旅行ガイド

伊豆の玄関口として知られる静岡県三島。三島にある駅「三島駅」は東海道・山陽新幹線のこだま・ひかりが停車、かつ伊豆箱根鉄道・駿豆線の始発駅です。鉄道を使って伊豆地方を旅行しようという方に馴染みのある駅でしょう。
その三島駅には伊豆近辺の名物商品が集まってきているのが特徴! ご当地お土産を買うのに意外にもおすすめなのです。今回は、三島で育った筆者が三島駅で買えるオススメご当地土産を5つご紹介します。
1.34センチのロ~ングなパン!「のっぽ」
まずご紹介するのは、静岡県民(とくに東部地方!)に愛されている「のっぽ」。通称“のっぽパン”と親しまれているパンです。
とぼけた顔の愛らしいキリンがトレードマークのこちらのパンは1978年に誕生しました。40年ほど静岡県民に愛され続けているご当地パンですが、“のっぽ”という名の通り、細くて長~いのが特徴。
味のイメージとしては、長くしたコッペパンに、口どけのよいクリームがinしています。甘いクリームとパンの相性はバツグンで、朝食にもおやつにもGOODです。
どのくらい長いかといいますと……なんと、34センチ! 比較のために30センチ物差しを横に置いていますが、30センチを超えるパンは見た目にインパクト大です。
味の種類は、定番のクリームからチョコ、ピーナッツ、変わり種の限定商品など数種類あります。クリームは元祖のっぽパンなので、まず味わっていただきたい一品。なお、沼津市の内浦を舞台にした人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』とコラボしたのっぽパンは静岡県内のレア商品です。見つけたらGETしてみては?
<「のっぽ」の基本情報>
買える場所:ベルマート三島南口(改札外)・北口(改札内)
価格:140~160円(味の種類によって異なる)
2.黒く光っているけど…!?「ようかんぱん」
次にご紹介するのが、これまた見た目にインパクトのある「ようかんぱん」。静岡県富士市に工場がある「富士製パン」の商品です。「ようかんぱん」の歴史も古く、1960年より発売。60年近く富士の名物として愛されているロングセラーなご当地パンなんですよ。
「ようかんぱん」の袋を開けてまず驚くのが、その見た目。黒くツヤっと光っていますが……「パンにコーティングされているのは、チョコレート?」と思いきや、羊羹なのです。和菓子の羊羹とパンの組み合わせは、唯一無二といっても過言ではありません。
「ようかんぱん」の中身も気になるところでは? 中身は、ぎっしりと詰まったつぶあん。中心はバニラクリームです。このバニラクリームがさらにアクセントとなり、最後まで飽きずに美味しくいただけます。
<「ようかんぱん」の基本情報>
買える場所:ベルマート三島南口(改札外)・北口(改札内)、新幹線ホーム内ベルマート
価格:200円(税別)、3個セットのお土産袋入りもあり
3.いちごプラザ・大福や名物の「いちご大福」
3つ目におすすめするのが、「いちご大福」です。
「いちご大福なら、わりとどこにでもあるんじゃ……?」と思われた方、こちらの「いちご大福」は、伊豆に向かう道すがら、伊豆中央道にあるドライブイン「いちごプラザ 大福や」によるもの。伊豆旅行に行く際・伊豆から帰ってくる際には立ち寄る方の多いドライブインで、ここに立ち寄ったら、「いちご大福食べるでしょ!」というくらい人気の名物大福です。
大福に入っているいちごは、伊豆の国産の朝採れフレッシュいちご。甘酸っぱいいちごとあっさりした甘めの白あん、もっちりとした餅が絶妙なハーモニーを奏でています。
<「いちご大福」の基本情報>
買える場所:ベルマート三島南口(改札外)・北口(改札内)、ギフトキヨスク三島(新幹線乗り場改札外)、新幹線ホーム内ベルマート
価格:300円(税込)、保冷用の発泡容器あり
4.伊豆随一のパワースポット・三嶋大社の縁起餅「福太郎」
4つ目のおすすめは、三嶋大社の縁起餅「福太郎」。三嶋大社とは伊豆国(いずのくに)一ノ宮・伊豆国総社で、伊豆随一のパワースポットとして多くの人が参拝に訪れる人気の高い神社です。
その三嶋大社境内の茶店で頂けるのが、こちらの「福太郎」なのですが、「今回は三嶋大社に行けなかった……」という人でも三島駅で買えるのがうれしいポイントですね。
「福太郎」はヨモギ餅に甘さ控え目のこしあんの組み合わせで、静岡茶と一緒にいただくと、なおいっそう美味しいこと間違いなし。あんこが不思議な形をしていますが、烏帽子(えぼし)の形だそうです。縁起のいいお餅「福太郎」を食べて、運気アップ!
<「福太郎」の基本情報>
買える場所:ベルマート三島南口(改札外)・北口(改札内)、ギフトキヨスク三島(新幹線乗り場改札外)、新幹線ホーム内ベルマート
価格:950円(税込)
5.冨久家エマーユの「イタリアンロール」
5つ目におすすめするのが、伊豆の国市にある洋菓子店・冨久家エマーユの「イタリアンロール」です。こちらのイタリアンロールは地元で大変人気が高く、早い時間に売り切れになることも多々。お店で確実に購入したい場合は予約をしたほうがベターなケーキとして知られています。
そのイタリアンロールが、なんと三島駅でも買うことができ、美味しさを知る方が続々と買い求めていっています。
イタリアンロールは、長さが23センチ、高さが7センチほどのビッグなロールケーキ。細かく刻まれた栗の甘露煮入り生クリームがスポンジ生地に包まれ、さらにシュー生地で巻かれているのが特徴です。大人数で切り分けて食べられるのがいいですね。
三島駅でイタリアンロールを購入する際の注意点としては、13時頃入荷されること、かつ1日30本程度の入荷であるということ。こちらでも売り切れる可能性があるので、確実に欲しい方は電話予約をされたほうがいいでしょう。なお、保冷用の発泡容器に入れられているので、長時間のお持ち歩きにも対応しています。
<「イタリアンロール」の基本情報>
買える場所:ギフトキヨスク三島(新幹線乗り場改札外)のみ
価格:1650円(税込、価格が変動する場合あり)
TEL:055-980-0125(ギフトキヨスク三島) 

read-more
三島
place
静岡県三島市一番町

この記事を含むまとめ記事はこちら