沖縄の大自然と一体化するリゾート、ザ・ブセナテラス


2018.01.29

LINEトラベルjp 旅行ガイド

東京から空路で2時間半という沖縄は、年間を通じて青い海と亜熱帯の緑が楽しめる、リゾートアイランド。思い立ったらすぐにでも行けるロケーションが魅力です。心ゆくまで沖縄の海を感じたければ、ホテルは部瀬名岬にあるザ・ブセナテラスへ!東シナ海に面した、このファイブスターリゾートでは、沖縄の海や自然との一体化が楽しめます。
東シナ海のサンセットが真正面に!
ザ・ブセナテラスは1997 年オープン。沖縄本島で展開するザ・テラスホテルズのフラッグシップホテルです。海を囲むように建てられた3つのタワーの総部屋数は410室という、大規模なリゾートホテルです。
リゾートのエントランスをくぐると、ロビースペースは沖縄ならではの気候を肌で感じられるようにと、オープンエアーになっています。そこからはパノラミックに広がる東シナ海が!ザ・ブセナテラスの合言葉、「ようこそ大自然のテラスへ」を実感できる光景でしょう。ここからはサンセットも真正面に見えるので、夕暮れ時はひときわロマンチック!
ハネムーンやウェディングにもよく使われるというザ・ブセナテラスでは1日1組に限り、このテラスで挙式をあげることもできるのです。リゾート・ウェディングを考えている人にはぜひおすすめです。
海や自然を身近に感じられる、ゴージャスな客室
「自然との調和、自然への回帰」というブランドコンセプトは客室にも反映されていて、オーシャンビューの部屋は、どこにいても海を近くに感じることができます。
バスルームの窓を開けると、ベッドの向こうには海が。海を眺めながらのバスタイムは、この上なく贅沢です。インテリアは木材や籐が使われ、白いファブリックと相まってリゾートムードを盛り上げてくれます。
ノースタワー1階にあるガゼボテラスには、ガーデンジャグシーのある部屋も。この部屋からは海は見えませんが、隠れ家に滞在しているような特別感があります。ディベッドに寝そべりながら、沖縄ならではの亜熱帯の木々を楽しむのもいいですね。
ダイニング・シーンもロマンチック!
レストランは4ヶ所あり、朝食はビュッフェスタイルのレストランと、和食レストランで用意されています。どちらのレストランで食べてもいいので、2泊以上するなら両方を食べ比べてみるのもいいですね。
また、ディナーはライトアップされたプールサイドを眺めながら、ロマンチックなひと時を。
ビュッフェスタイルのカフェテラス、「ラ・ティーダ」は6時半から営業。ブッフェの時間帯をすぎても、ここではアラカルトメニューをオーダーできます。あぐー豚やゴーヤなど、沖縄の食材を使った料理も楽しめて、ゴージャスでありながら、ローカル色も豊か。テラス席からはプールや海が見渡せて、リゾート気分もひとしおです。
和食レストラン「真南風」の朝食はセットメニュー。ご飯が白米やお粥などから選べます。ランチやディナーでは旬の食材を使った会席料理や琉球料理がおすすめ。寿司カウンターや目の前で料理人が采配を振るうシェフズテーブルもあります。お酒は泡盛からワインまで多種揃っています。池のあるテラス席もあって、スタイリッシュな和食を楽しめます。
遊びきれないアクティビティから、あえて1つを選ぶならば…
ザ・ブセナテラスでは、バーやカラオケバー、スパやエステ、また様々なマリン・アクティビティなど、遊びの選択肢には事欠きませんが、冬の時期におすすめなのがトレッキングのツアー。沖縄は日本で唯一の亜熱帯地域。暑くない冬の時期ならば、うっそうと茂る亜熱帯の植物をじっくり鑑賞することができます。ガイド付きのツアーなので、他の地域では見られない植物の姿も見落とすことはありません。澄んだ空気の中、自然との一体感を存分に味わうことができるでしょう。 

read-more
ザ・ブセナテラス
rating

4.5

1394件の口コミ
place
沖縄県名護市喜瀬1808
phone
0980511333

この記事を含むまとめ記事はこちら