岡山総社・備中国分寺で楽しむ菜の花、夕陽、ライトアップ


2018.01.13

LINEトラベルjp 旅行ガイド

岡山県総社市にある備中国分寺は、総社市を代表する観光地と言えます。あまりに美しい五重塔はまさに吉備路観光のシンボル。
備中国分寺では季節ごとに様々な花を楽しむことが出来ますが、1月頃と言えば黄色が目に鮮やかな「菜の花」であり、この季節は五重塔との対比も楽しめます。
更に五重塔は季節によって様々な色のライトアップが行われるため、ぜひとも歴史と現代のコラボレーションを見に行きましょう。
備中国分寺の菜の花
早い時期なら12月下旬から、通常は1月中旬から2月にかけて咲き誇るのが備中国分寺の「菜の花」です。東北であれば4月から5月頃となる菜の花ですので、あちらではまだ雪が降っている1月頃に、既に菜の花が楽しめるのは西日本ならではと言えます。
咲き誇る菜の花の鮮やかな黄色。そしてその向こうに見える五重塔はまさに「日本の美」と呼ぶのにふさわしい姿ではないでしょうか。
さらに日が落ちてくると、菜の花は黄色よりもオレンジ色に近づいていくように見えることでしょう。
菜の花の向こうに五重塔が見える場所はその年により変化することがあります。しかしながら周辺は見晴らしが良いのですぐに見つけることが出来るでしょう。
夕暮れの様子
周囲にある落葉樹の葉が落ちているこの時期、枝だけの木々があればあるほど遠くまでの見通しが良いので周囲は広く見えるのも特徴と言えます。
落ちていく夕陽の赤さ。どこか昔懐かしい日本の原風景が感じられるかも知れません。
落ちていく夕陽を眺めながら、ゆっくりとした時間を過ごしてみるのも旅の面白さと言えるのではないでしょうか。
防寒対策を忘れずに
暗くなって来たら足元には注意をして下さい。小さくても懐中電灯があればかなり便利です。また、菜の花が咲く季節とはいえ、陽が落ちてからは寒くなりますので防寒対策をしっかりと行いましょう。
変化するライトアップ
例年のライトアップは、この季節では18:00~22:00となります。しかしながら時間帯は季節により変化しますので、公式サイト等で確認をしておきましょう。
ライトアップの楽しみ方ですが、菜の花を鑑賞した夕方からをお勧めします。なぜなら完全に暗くなってしまう前、空に光がまだ残っている頃が一番美しいからなのです。
様々な色に変化するライトを見ながら、現代アートとしての美しさと、日本の歴史的美しさの両方を楽しめる時間は、より深い思い出を残してくれるのではないでしょうか。
備中国分寺と五重塔
吉備路を代表する備中国分寺ですが、真言宗御室派の寺院で本尊は薬師如来となります。国分寺は日本全国にあると言っても過言ではありませんが、もとは聖武天皇の詔により建立されたものです。
備中国分寺の創建は天平13年(741年)と古いのですが、一時期は廃寺となっており、今の美しさからは想像が出来ない歴史がありました。
岡山県内で唯一とされる五重塔は国指定重要文化財となっており、高さは34.32メートルあります。弘化年間(1844年-1847年)の建築ですので、時代は江戸時代。
なお、五重塔にはそれぞれの面に干支の彫刻があります。ぜひとも明るい時間帯に塔の下まで行き、自分の干支がどこにあるのか探してみて下さい。 

備中国分寺
place
岡山県総社市上林1046
phone
0866920037
opening-hour
8:00-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら