樹氷だけじゃない!山梨県「西湖樹氷まつり」3つの楽しみ方


2017.12.20

LINEトラベルjp 旅行ガイド

山梨県西湖野鳥の森公園では、樹氷を間近で見られるのをご存知でしょうか。間近で幻想的な樹氷が見られるなんて、素敵ですよね。樹氷だけでなく露店でほっこりしたり、自然観察を楽しんだりすることができる、それが「西湖樹氷まつり」です。半日で見て周れるので家族でふらっと寄ってみるのもアリ!富士山とのコラボレーションも楽しむことができ、自然が好き、お祭りが好きという方には特にオススメです!
「西湖樹氷まつり」とは?
「西湖樹氷まつり」は2000年からスタートしました。今では冬の河口湖周辺の風物詩となっています。西湖野鳥の森公園で行われる氷の祭典として、1月下旬から2月上旬で行われています。正確な日時はMEMO欄のホームページで確認してみてくださいね。
この「西湖樹氷まつり」の樹氷は、天然樹氷ではなく人口樹氷です。樹氷の元々の原理は、雪粒が枝や葉にぶつかって凍り、さらにそのすき間に多くの雪が取り込まれ続けることで出来上がります。「西湖樹氷まつり」の樹氷は、樹氷が出来上がる仕組みを上手に利用し、他では見ることのできない個性あふれる樹氷を生み出しています。天気が良ければ富士山と樹氷のコラボレーション写真を撮ることができますよ!
まずは樹氷のアートを楽しもう!
「西湖樹氷まつり」の見どころは、なんと言っても各々タイトルのつけられた樹氷作品の数々です。公園の敷地内には、10個以上の樹氷の作品が自然と調和しながら展示されています。
例えば下の写真は「いやしの里根場」というタイトルです。「西湖樹氷まつり」が行われている西湖野鳥の森公園の近くにある「西湖いやしの里根場」をイメージした作品です。西湖いやしの里根場は、バスで1つ隣のバス停になります。そこでは、昔懐かしい茅葺き集落を見ることができるのですが、この樹氷の作品からも、そんな茅葺き屋根の建物やふるさとの風景をイメージすることができるかもしれません。
また、「いやしの里根場」については別の記事で詳しく書いてあるので、MEMO欄からぜひチェックしてみてください。
「いやしの里根場(上の写真)」の他にも、「幻氷」「白銀ドーム」「御坂山系」「双龍太鼓」「東京五輪2020」「竜宮城」「酉年の祝い」「十二ヶ岳」「赤富士(下の写真)」といったタイトルの作品を見ることができます。毎年少しずつ作品の内容が変わり、社会情勢やその年度に合ったタイトルの作品を見ることができますよ。
1つ1つの樹氷とタイトルを見ながらあれこれ思い返したり想像したりするのも、イメージが膨んで楽しいですね。ぜひお気に入りの樹氷を見つけてみてください!
寒い冬空の下、温かい食べ物や飲み物でほっこり
2つ目の楽しみ方は、温かい山梨特産の食べ物や、飲み物でお腹を満たすことです。「西湖樹氷まつり」では、様々な露店が出ています。樹氷を見ながら温かい甘酒を飲んだり、ヒメマスやクニマスの塩焼きを食べたりすることができますよ。他にも可愛らしい形のたい焼きや、焼き芋なども売っています。また露店では食べ物だけでなく、富士山や富士五湖周辺の情報や、グッズなどが見られるところもあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。
青空の下、露店で食べるのも気持ち良いですが、露店から少し離れたところに「樹海ギャラリー」があり、その1階のレストランで食事をすることもできます。温かい場所で座って食事をしたい方にはオススメです。そこではカレーやハンバーグなどの定番メニューもありますし、山梨名物のほうとうも食べることができますよ。
山梨の郷土料理ほうとうには、地域やお店によって異なりますが、カボチャや里芋、白菜、大根、ネギ、ゴボウ、人参、シイタケなどの野菜が多く入っていて、食物繊維もたっぷり摂ることができます。ここ「樹海ギャラリー」のほうとうにも野菜がたっぷり入っていて、一緒についてくる沢庵が、ほうとうの味噌味をさらに引き立ててくれます。
樹海ギャラリーで学ぼう!西湖周辺の自然と動物たち
3つ目の楽しみ方は、自然観察です!野鳥や自然が好きな方だけでなく、子ども連れのご家族にもとってもオススメです。先ほどのほうとうが食べられる「樹海ギャラリー」で、野鳥の森公園で見られる動物、鳥、自然について知ることができるんです。パネルや写真を見て学ぶだけではなく、一年を通じて自然や野鳥観察、さらには木工細工を中心とした体験学習などもできます。冬は樹氷を楽しみ、夏は子どもの自由研究にも最適な自然観察をしに、再びここを訪れるのも良いかもしれませんね。
2階に上がると自然や鳥たちの写真が見られるギャラリーがあり、窓際にはバードウオッチングができる場所があります。この特設テラスには望遠鏡が設置されていて、窓をあけて自由に鳥たちを見ることができます。初心者の方にとっては冬の方がよく見えるそうなので、「西湖樹氷まつり」に来てバードウオッチングも楽しんでみてはいかがでしょうか。
窓を開けると鳥たちの声がよく聞こえます。望遠鏡で声を頼りに探してみると、鳥たちの姿を見ることもできるでしょう。望遠鏡越しに動いている鳥を撮影するのは難しいと思うので、初めは鳥の餌台だけ撮ってみるのはいかがでしょうか。タイミングが合えば、小鳥の可愛い姿をとらえることができるかもしれませんね。
「西湖樹氷まつり」が行われる西湖野鳥の森公園は、自然豊かな場所です。そんな豊かな自然と、人工的な樹氷作品とが融合しているこのお祭りを、見に行ってはいかがでしょうか。バードウオッチングを楽しみながら、自然について学ぶこともできちゃいます。夜には樹氷がライトアップされ、昼間とは違った表情を見ることができます。天気が良く雲がなければ、西湖周辺の夜は気温がぐっと下がるので、くっきりとした星空を見ることもできるでしょう。
敷地はそれほど広くなく、半日ですべて見て周ることができるので、子ども連れの家族にもオススメです。冬の寒い時期だからこそ、キラキラ美しい樹氷や富士山とのコラボレーションを鑑賞し、温かい食べ物でほっこりしてみませんか。富士山ビューポイントにもなっている野鳥の森公園で、樹氷の絶景をぜひ楽しんでみてください。 

read-more
西湖野鳥の森公園
place
山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068
phone
0555822160
opening-hour
9:00-17:00

この記事を含むまとめ記事はこちら