一眼レフで撮ってみたい!魅惑の沖縄夜景スポット3選


2017.12.04

LINEトラベルjp 旅行ガイド

沖縄観光といえば眩しい太陽に青い海の印象。写真撮影を目当てに沖縄を訪れた人はもちろん太陽が差し込む青い海を撮りたいでしょう。でも、そんな景色は今どきはスマホだってキレイに撮れちゃいます。
もしあなたが初心者で一眼レフカメラを持っているのだったらぜひ夜の撮影にもチャレンジしてみましょう。夜だってバッチリ魅力的な沖縄を撮影することができますよ!今回は沖縄で夜撮にオススメのスポットをご紹介します。
沖縄で夜景といったらココ!北谷町美浜のアメリカンビレッジ周辺
沖縄の人気スポットとしても知られる北谷町美浜にあるアメリカンビレッジ。ここは大型ショッピングモールや映画館、ライブハウスなどもあり、昼間も地元の人や観光客が訪れるエリアです。
アメリカンビレッジの中でも観覧車周辺はカーニバルパークミハマ、アメカジショップの大きな建物周辺はアメリカンデポ、さらに奥のレストランやレディースファッションが充実しているのがデポアイランドという風に施設がわかれています。
夜には一年中イルミネーションが灯り、夜撮にはピッタリのスポットです。ゆっくり回る観覧車をシャッター速度を変えながら撮ったり、イルミネーションの光に焦点を当ててボケを楽しんだりと一眼レフカメラの練習をするのには最適な場所でしょう。
アメリカンデポの各建物にはフォトジェニックなオブジェや看板がこれでもかというぐらい配置されており、一年中クリスマスなエリアもあります。AMERICAN DEPOTやSOHOといったアメカジウェアやインポートアイテムが並ぶショップはオールドアメリカンの雰囲気がたっぷりでどこを撮影しても画になります。
アメリカンビレッジ周辺はまだまだ拡大中。以前は夜景スポットとしては少し光量が弱かった印象がありましたが、デポアイランドが出来てからは以前より明るくなりました。女性向けのショップが充実しており、夜遅くまで買い物や食事を楽しむ女性客が多いのは、夜撮をしたいカメラ女子には安心できるポイントかもしれません。
撮影のベストタイムは20~21時ごろでしょう。やはり夏場は20時ごろまでは日が出ています。飲食店以外のショップはだいたい21時頃に閉店を迎えてしまいますので、それ以降では灯りの落ちた店舗が出て来るので撮影の醍醐味が減ってしまいます。
秋から春にかけてなら19時からでも十分暗くなりますので、沖縄観光の合間にカメラの腕を磨いてはいかがでしょう。
<基本情報>
住所:〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜(字)15-69
電話番号:098-926-5678
アクセス:
◆車の場合
那覇空港から国道58号線を北上、「桑江交差点」もしくは「美浜交差点」を左折
◆空港リムジンバス
ザ・ビーチタワー沖縄下車、徒歩約3分(料金は800円)
着陸する飛行機の軌跡が撮れる場所!豊見城市瀬長島
一眼レフカメラを覚えてくると車のテールランプが光の軌跡となって写っている写真を撮ってみたくなりますよね。車のテールランプが撮れたなら今度は飛行機の航跡にチャレンジ!ではどこに行けば撮れるのでしょう。
沖縄県豊見城市にある瀬長島は那覇空港の航路の真下にあるため、頭上をかすめるように飛行機が着陸していきます。昼間見ても迫力がありますが、夜にはキレイな航跡を残して降り立つ飛行機の写真を撮影することができます。
瀬長島には車で15分ほど。車でしかいけないのが難点ですが、それ以外で向かう場合はゆいレール赤嶺駅からタクシーで片道1,000円ほどで向かうこともできます。
航跡が撮れるベストタイムは那覇空港の着陸ラッシュである19~20時ごろです。ただし夏場は20時ごろまで日が落ちないので、秋から春にかけて撮影に出かけるのがオススメです。
<基本情報>
住所:〒901-0233 沖縄県豊見城市瀬長
アクセス:瀬長島へ向かう道路に入り、野球場手前
沖縄観光のメインプレイス。首里城は毎日ライトアップ中!
初めて沖縄旅行に来たら必ずといっていいほど訪れる首里城公園。沖縄の城跡の中では唯一正殿や建築物が復元され、琉球王国時代の生活や文化が感じられる貴重な場所です。
昼間は観光バスがひっきりなしに到着し、多くの観光客で賑わっている場所ですが、夜は閉園しているためほとんど人が訪れず静けさにつつまれています。首里城公園の周辺を走る龍潭通りからは龍潭池を挟んでライトアップされた首里城正殿が浮かび上がり幻想的な景色を見ることができます。
首里城のライトアップは日没から24時までで、基本的には毎日実施しています。ただし機器整備・点検のため点灯しない日があることをご了承ください。
夜の城内はさぞかしキレイだと思いますが残念ながら中に入ることは出来ません。しかも城壁が高いのでライトアップされている正殿を拝むことは出来ませんが、守礼門はくぐれますし、歓会門や久慶門を外から撮影することは可能です。
夜は訪れる人もほとんどおらず静かです。久慶門の正面にある弁財天堂と円鑑池からは虫の声と水の流れる音が美しく響いてくるので、月の見える夜などは琉球王朝時代にタイムスリップしてしまったような錯覚におちいってしうことでしょう。
夜の首里城を撮影するにはある程度の望遠レンズを持参したほうが良さそうです。特に龍潭池越しの首里城を撮りたい場合、標準レンズではピントが合いづらいので思ったような写真が撮れずに悔しい思いをします。
ちなみに、夜の首里城城郭に年に1度だけ入るチャンスがあります。毎年秋に行われる「中秋の宴」では夕方から夜にかけて首里城正殿の前で琉球舞踊や組踊などが披露されます。
※開催時期は公式ホームページをご確認ください。
<基本情報>
住所:〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2
電話番号:098-886-2020
アクセス:
◆ゆいレール(モノレール)
「ゆいレール」首里駅下車、徒歩約15分
◆路線バス
市内線(1、14、17番)、市外線(46番):首里城公園入口バス停下車、徒歩約5分
首里城下町線(7、8番):首里城前バス停下車、徒歩1分
市内線(9、13番)、市外線(25、97番):山川バス停下車、徒歩約15分 

首里城(首里城公園)
rating

4.0

13件の口コミ
place
沖縄県那覇市首里金城町1-2
phone
0988862020
opening-hour
[無料区域][4-6月]8:00-19:30[…
美浜アメリカンビレッジ
place
沖縄県中頭郡北谷町美浜
phone
0989264455
opening-hour
各施設により異なる
瀬長島
place
沖縄県豊見城市瀬長

この記事を含むまとめ記事はこちら