ライトアップもされる紅葉名所の墓場!?「鳥取藩主池田家墓所」


2017.11.04

LINEトラベルjp 旅行ガイド

「鳥取藩主池田家墓所」は、江戸時代に鳥取を治めていた池田家歴代のお殿様が眠る墓地。境内には全国的にも珍しい墓碑や灯篭が並んでおり、歴史好きにはたまらない観光スポットです。
そんな池田家墓所に、例年多くの人が訪れるのが紅葉のシーズン。ここは夜間にライトアップもされる県内有数の紅葉の名所です。この秋どこにモミジを見に行くか迷っている人は、ぜひ1度チェックしてみてくださいね!
池田家の藩主とその一族が眠る墓地
池田家墓所はその名の通り、鳥取の藩主を務めた池田家一族の墓があるるスポット。もともと池田家は江戸時代に因幡(いなば)・伯耆(ほうき)と呼ばれた現在の鳥取県32万石を領した大名でした。墓所には初代藩主の光仲(みつなか)から11代慶栄(よしたか)までの歴代藩主とその夫人、そして同族の70数基の墓碑が立ち並んでいます。
さらに周囲には家臣らによって供えられた灯籠が260基以上も並べられています。紅葉の時期は夜になるとライトアップが施されるため、この灯籠の中にも、ろうそくが灯されることになるんです。その淡い光が漂わす、幻想的で怪しげな雰囲気はぜひとも体験してほしいポイント。背中がゾクッとするような感覚は、お墓のなかでモミジを鑑賞する醍醐味と言えるのではないでしょうか!
幻想的なライトアップも魅力
1年のなかで池田家墓所に多くの人が訪れるのが、桜と紅葉の季節。そのなかでも、敷地内のカエデが色づく秋は、写真コンクールや墓所ライトアップといった様々なイベントが行われています。(詳しい情報は下記のリンク先ホームページでご確認ください)
池田家墓所の2017年のライトアップ期間は11月18日から12月3日のあいだで、時間は17:30から20:00までとなっています。日中の鮮やかな紅葉だけではなく、ライトアップされた夜間の幻想的な雰囲気も味わえるのが、池田家墓所の大きな魅力の1つ。まさに1度で2度楽しめる、かなりお得なスポットととなっています。さらに昼夜ともに拝観料等は一切必要ないというから驚き!これだけの豪華な紅葉を無料で楽しめる名所はなかなかありませんよ。
風変わりな形の墓もお見逃しなく!
すでに幾度か触れたように、池田家墓所は歴代の鳥取藩主のお墓として造営されました。夫人や一族を含め70数基の墓がありますが、なかでも藩主の墓は別格の豪華さ。高さがそれぞれ約4.6メートルもあり、下には亀のような動物がかたどられています。これは「亀趺円頭墓碑(きふえんとうぼひ)」と呼ばれており、“亀”のかたちをした“趺(台座)”を意味しています。
もともと中国の貴族階級にしかこの墓を作ることは許されず、亀のような動物も正式には「贔屓(ひき、またはびし)」という名前の伝説上の生き物です。重いものを背負うことが好きだったということから、石碑などの土台としてかたどられるようになりました。墓石にしてはチョッピリ愛らしすぎる感じもしますが、他ではなかなか見られないものなので、足を運んだ際にはこちらも忘れずにチェックしてみて下さい! 

国史跡 鳥取藩主 池田家墓所
place
鳥取県鳥取市国府町奥谷・宮下
phone
0857267524
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら