新大阪駅徒歩1分に外資系クオリティ「コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション」


2017.11.03

LINEトラベルjp 旅行ガイド

大阪の玄関口ともいえる新大阪駅。東海道・山陽新幹線、九州新幹線からも直通でアクセス出来る大ターミナルです。そんな新大阪駅周辺は宿泊地としても注目のエリアといえます。駅周辺にホテルは多いものの、「コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション」の徒歩1分という立地は最高。施設・設備、サービスなど、さすが外資系と思わせる洗練されたホテルです。客室からレストランまで多彩な魅力を紹介しましょう。
アクセス最高!
コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションへは、JR新大阪駅の新幹線中央出口改札から北口を出て歩行者デッキを経由し徒歩1分、在来線からは東改札口を出て右へ、北口または西口を出て歩行者デッキを通り徒歩1分という最高立地です。地下鉄御堂筋線新大阪駅からならば、北改札口より1番出口を出て歩行者デッキを通り徒歩1分といずれの鉄道からも便利さこの上ない立地です。
飛行機の利用でも、大阪空港(伊丹空港)からリムジンバスにて新大阪駅バスターミナルまでアクセスできますし、関西国際空港からもJR特急はるかで新大阪駅まで直通です。このように駅近ホテルには、鉄道と直結というロケーションの強みを改めて感じます。一方、車を利用した場合でも、ホテルは幹線道路である新御堂筋(国道423号)に面しており、駐車場も完備しているので利便性が高いと言えるでしょう。
広々した客室
コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションの客室は332室ありますが、なんと全室30㎡以上というゆとりある広さ。デザイン性も高く、アースカラーやカルチャーパターンを取り入れたモダンなデザインに外資系のセンスを感じます。設え・調度品をはじめ、アメニティに至るまでクオリティの高さが光る客室です。
17・18階は、スイートルーム3室とデラックスルームで構成されるエグゼクティブフロア。
エグゼクティブフロアのゲストには、エグゼクティブラウンジの利用をはじめ、ダイニング&バー ラヴァロックの朝食や、快適に過ごせる客室アイテム(ネスプレッソ、バスローブ)が用意されています。
ワンランク上の快適な滞在が楽しめ、客室のクオリティや特典などを考えるとお得感すら感じるオススメのフロアです。
魅力溢れるエグゼクティブラウンジ
エグゼクティブフロアとマリオットリワードゴールド会員以上のゲストは、ホテル最上階のエグゼクティブラウンジが利用できます。ラウンジでは、ライトミールやティータイム・夕刻には軽食とカクテルタイムが楽しめます。
6時~17時30分にはライトミールとして、ペストリー、シリアル、ヨーグルト、ホールフルーツ・スナック・ジュース・コーヒー・紅茶が、17時30分~19時30分はカクテルタイムとして、アペリティフ・オードブル・スナック・アルコール・ジュース・コーヒー・紅茶が提供されます。
19時30分~21時30分のカクテルタイムでは、アペリティフ・スナック・アルコール・ジュース・コーヒー・紅茶が、21時30分~24時はナイトスナックとして、スナック・ジュース・コーヒー・紅茶が提供されます。
鉄板焼き 一花一葉
グルメ度高いレストランもコートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーションの魅力です。中でも「鉄板焼き 一花一葉」はオススメ。店名には、素材そのもののおいしさをシンプルに提供したいという思いが込められています。
店内で印象的なのが、琥珀色の高級感あふれるカウンター席。日本三大和牛の1つである近江牛を、シェフが選び抜き、きめ細かな霜降り度合と脂の甘みがしっかりとしたサ―ロインをメインディッシュとしたコース料理を提供。目の前の鉄板で丁寧に焼き上げ、こだわりの4種類の塩と本山葵で堪能できます。
ダイニング&バー ラヴァロック
朝食は「ダイニング&バー ラヴァロック」で提供されます。出来たての卵料理など温かい料理がライブクッキングで提供されます。スムージー、野菜ジュースなどが充実したドリンクステーションも印象的。70種類以上のブッフェラインで充実した朝食が楽しめます。
ランチも秀逸。コースをはじめ充実のメニューも人気です。スイーツも充実しており、居心地の良いオシャレ空間でつい長居してしまいそう。ダイニング&バー ラヴァロックでは、レストラン自慢の溶岩石(LAVAROCK)で焼き上げるおグリル料理が自慢。遠赤外線効果で焼き上げる肉は、旨みが最大限に引き出されたジューシーな仕上がりで人気です。 

read-more
コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション
place
大阪府大阪市淀川区宮原1-2-70
phone
0663505703

この記事を含むまとめ記事はこちら