紅葉の大パノラマ!青森の名山「岩木山」のてっぺんを極める


2017.10.22

トラベルjp 旅行ガイド

津軽平野のどこからでも見える「岩木山」。青森県で一番高い山で、県のランドマーク的存在です。山頂からの見晴らしはもちろん最高!天気のいい日は北海道まで見渡せるんですよ。
青森県の一番高い山のてっぺんから、360度の紅葉を眺めてみませんか?「岩木山」は高いだけじゃなくて、パワースポットで有名な「岩木山神社」のご神体ですから、登ったらきっと霊験あらたかですよ。
別名「津軽富士」そして、「お岩木様」
青森県の最高峰「岩木山」は標高1625メートル、その優美な姿から「津軽富士」とも呼ばれ、日本百名山、新日本百名山に選ばれている名山です。津軽平野のどこからでも見えるので、地元の人たちは毎日岩木山を眺めながら暮らしているんですね。親しみを込めて、「お岩木山」とか「お岩木様」と地元の人たちは呼んでいます。
岩木山にはいくつかの登山道がありますが、どこから登っても麓から山頂まで約5時間くらいかかります。いくら絶景が待っていても、5時間の山登りはちょっとツライですよね。でも、ご安心ください。「津軽岩木スカイライン」というステキな自動車道があって、8合目まで車やバスで行けるんです。さらに嬉しいことに、8合目にはリフトがあって、9合目まで運んでもらえます。つまり、9合目まで自分の足を使わずに来れちゃうんです。9合目から山頂までは自分の足で登りますよ。40分ほどで青森県の最高峰のてっぺんに行けますから、がんばりましょうね!
69のつづら折りカーブ!
「津軽岩木スカイライン」について、少しご紹介しましょう。麓から8合目を繋ぐ有料自動車道路で、カーブの多さで有名です。全長9.8キロメートルの間に、これでもかというほどヘアピンカーブが続くんですよね。その数、なんと69!曲がっても曲がってもカーブが待ち受けているって感じです。
カーブを曲がる度に鮮やかに色づいた紅葉が目に飛び込んで、そのたびに息をのむ美しさですよ。高度が上がってくると、視界が広がって、山々や海岸線も見えるようになって、ワクワク気分もアップします。
8合目の絶景!
「津軽岩木スカイライン」の終点、8合目です。ここには、広い駐車場、屋上が展望台になっている休憩所、そしてリフト乗り場があります。
ここからの眺めも絶景ですよ。色鮮やかな絨毯のように広がった紅葉の向こうに日本海が見えます。
リフトも、まるで紅葉の間を流れる川みたいですね。このリフトが約10分で9合目まで連れて行ってくれます。
お年寄りもちびっこも、がんばる40分!
さあ、ここから山登りです。足元は登山靴かスニーカー、そして軍手もぜひご用意くださいね。途中に岩場があって、思わず手を使いたくなることがあると思いますから。
大人気の岩木山ですので、山頂の近くは人でいっぱい。なので、ここには「右登り・右下り」のルールがあります。けっこうドキドキするような岩場もあるのですが、年配の方も、幼稚園くらいのちびっこも、楽しそうに登っています。中にはワンちゃんと一緒に登っている人もちらほら。
でもね、ここは「ハイキング」と言うよりも「山登り」って感じです。何と言っても標高差150メートルのかなり急な坂道を登るのですから。しっかり準備して、ご自分の体力に合わせて、慎重に安全に登ってくださいね。
かわいいベルの下がった三角のモニュメントが見えたら、山頂です!
山頂には、超・絶景と岩木山神社の奥宮
山頂には、岩木山神社の奥宮が祀られています。まずは、山登りの無事を感謝して、手を合わせましょうね。
8合目から見た絶景を超える絶景が待っていますよ。40分山登りを頑張ってよかった!としみじみ感じる一瞬です。
八甲田の山々や、七里長浜のきれいな海岸線、十三湖など、青森の名所が一望できます。足元に気をつけて、存分に360度の大パノラマを堪能してください。
下りのリフトからの景色もお楽しみに! 

read-more
岩木山
place
青森県弘前市
opening-hour
【岩木山リフト】[上り]9:00-1…
すべて表示arrow
津軽岩木SKYLINE(スカイライン)
place
青森県弘前市大字常磐野字黒森56-2
phone
0172832314
opening-hour
8:00-17:00(最終入場16:00)
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら