スマホ捨て、スマボへ行こう!伝説の四万温泉柳屋遊技場がエモすぎる!


2017.10.24

LINEトラベルjp 旅行ガイド

今やスマホは誰でも知っている現代文明最高の利器ですが、みなさんスマボはご存知ですか?「スマートボール」と聞けば、あぁ、あれね、と思い浮かぶ方も多いと思いますが、実際にプレイしたことのある方は数少ないのではないでしょうか。
四万温泉の柳屋遊技場はそんなスマートボールが今でも現役バリバリで活躍している全国でも数少ないお店。そんな昭和レトロ感あふれるお店には、人情あふれる伝説の女将も待っているのです。
ディープな四万の温泉街で燦然と輝く柳屋遊技場
四万もの病に効く名湯として長い歴史を持つ四万温泉(しまおんせん)。「千と千尋の神隠し」のモデルのひとつとも言われる「積善館本館」や室町時代に創業し、五百年もの間愛され続けてきた「四万たむら」など老舗の旅館も多く、関東では最も湯治場の雰囲気を残している、と言われるほど情緒ある町並みが特徴です。
そんな四万温泉の中心部、「積善館本館」と「四万たむら」への入口がわかれる新湯横丁広場の四つ角から東に細い路地が延びています。いくつかに分散している四万の温泉街の中で、もっともディープな雰囲気を醸し出しているのが、この「落合通り」。
そんなディープな世界に足を踏み入れるとありますあります、昔よく見た温泉街のスナックや喫茶店、そして燦然と輝く「パチンコ・スマートボール」の看板が。
柳屋遊技場は50年の歴史を持つスマートボール場
柳屋遊技場は、50年の歴史を持つ昔ながらの遊技場。かつてはこの通りにも何軒かの遊技場があったのですが、今はこの柳屋が四万温泉で唯一の遊技場です。
全国的に見ても、こうしたお店はもう数少なくなったからなのでしょうか、物珍しさと、その独特のオーラに吸い込まれるように週末の夕方は浴衣姿の宿泊客や観光客で賑わっています。
現在は夜は営業していないので、賑やかな雰囲気を楽しむのであれば旅館の夕食前、ゆっくりと楽しみたいのであれば、翌日旅館をチェックアウトした後の午前中がおすすめです。
懐かしいヒット曲が流れる店内にはスマートボールが所狭しとばかりに並び、ガラスの玉がジャラジャラぶつかりあう音が響いています。スマートボールが流行したのは昭和30年代で現在は絶滅の危機にあり、大阪の新世界や浅草などのごく一部と、こうした古い温泉街にわずかに残っているだけだと言われています。
店内に並ぶパチンコ台、よくみるとすべて手打ち台(自分で玉をはじいて遊技するタイプ)です。これももう地方の温泉街でしか目にすることはできませんね。
サービス満点!柳屋遊技場のスマートボールは長~く遊べる?
さて、このスマートボールですが、柳屋遊技場では1回500円で50個の玉が出てきます。出てくると言ってもスマートボールの台の中ではなく台の上にある出玉口からガラスの盤面の上に直接ジャラジャラと落ちてくるのでびっくり。この玉を発射レバーを引いて一つずつゆっくり弾き出すだけなので、遊び方は至って簡単です。
もちろん遊び方がわからなくても大丈夫。女将のフジコさんが孫の手を使ってちゃんと教えてくれるからです。打ち出した玉が「5」の穴に入れば5つの玉が、「15」の穴に入れば15個の玉がジャラジャラとガラス盤の上に払い出されます。
「ひとつずつゆっくり打ってね」
「うちは長く遊べるようにサービスしてるからゆっくり楽しんでってね」
「あんまり狙いすぎちゃダメよ、入れようとしない方が意外といいんだからね」
もちろん打った分以上に賞球があり、玉がたくさん貯まればレトロでディープな(?)景品と交換することもできますよ。
この時間の流れ、なんとゆるやかなことでしょう。遠い昔にタイムスリップした気分になれること、間違いなしです。
柳屋遊技場の本当の魅力は、伝説の女将「フジコちゃん」
この柳屋遊技場の女将の名前は「二二子(ふじこ)」さんですが、その気さくな人柄から、親しみを込めて「フジコちゃん」と呼ばれることも。
さっきまでスマートボールの遊び方を教えていたかと思うと、いつの間にかおかしとお茶を持ってお客さんのまわりを行ったり来たり。
柳屋遊技場はテレビや雑誌、ウェブなどの多くのメディアで取り上げられていますが、それはこのお店の希少性はもちろんのこと、このフジコちゃんのキャラクターのよさも大きく関係しているに違いありません。
店内にはそうした取材でやってきた沢山の著名人の写真やサインが残っていますが、すぐにフジコちゃんのファンになってしまう人も多いとか。
とにかく気さくで話しやすいので、スマートボールが終わってもお茶を飲みながらついつい長居をしてしまいます。そう、なんだか四万温泉に親戚の叔母さんがいる、といった感じでしょうか。
そう、このお店がこれほど愛されるのは、この伝説の女将、フジコちゃんがいるからなのです。
10代の頃にこのお店にやって来て、今はオーナーとして一人で切り盛りするフジコちゃん。このお店がなくなってしまうと、四万温泉の灯が消えてしまうのでいつまでも頑張ってほしい、とまわりの旅館の女将からも懇願されているとか。本当に元気でいつまでも続けてほしいですね。 

read-more
柳屋
rating

4.0

8件の口コミ
place
群馬県吾妻郡中之条町四万4145
phone
0279642520
opening-hour
10:00-18:00
四万温泉
rating

4.0

135件の口コミ
place
群馬県吾妻郡中之条町四万
phone
0279642321

この記事を含むまとめ記事はこちら