探検気分で温泉へ!長野「菱野温泉 薬師館」は小ぶりな宿に工夫がぎっしり


2017.10.22

LINEトラベルjp 旅行ガイド

長野県小諸市の小諸駅から車で約10分。標高約1000mにある「菱野温泉」は開泉800年を超える歴史ある温泉です。ここには2つの温泉旅館があり、上の方にあるのが「薬師館」、少し下にあるのが「常盤館」。今回ご紹介するのは、このうち「上の湯」と呼ばれる「薬師館」です。全10室というこじんまりとしたお宿で外観は普通の旅館ですが、さまざまなおもてなしの工夫が隠されています。
山間にある静かな老舗温泉
菱野温泉は開泉して800余年、山間の静かな温泉郷です。天気が良ければ遠く八ヶ岳連峰が見渡せる高台に、「薬師館」は建っています。
「薬師館」のお湯はその名が示すとおり、療養効果の高いお湯です。その効果を示す逸話は、400年前に遡ります。小諸領主、仙石忠政公の娘が病気にかかってしまい、何をしても効き目がありませんでした。藁にもすがる思いで、薬師に祈願しこの地の霊泉に入浴したところ、驚いたことに何日もたたずに治癒してしまったのです。そこで、この霊泉を広く知らしめるために、薬師堂を祀り、湯小屋を立てました。これが「薬師館」の始まりです。
玄関をくぐると、大正時代にスリップしたかのようなレトロでおしゃれな玄関ホールが迎えてくれます。右手にはフロントと、浴衣やアメニティが用意されています。好きな浴衣を選べるサービスは、女子には嬉しいですね。
歴史ある温泉への道のりはなぜか探検気分
さっそく開湯800余年という温泉に入ってみたいところですが、その前にちょっとロビーに寄り道しましょう。ここにはシャンプーバーがあり、使いたいものを選んで浴室に持っていくことができるのです。その数なんと50種以上!前から気になっていた商品があればラッキーですね。ちなみに、浴室にも備え付けはありますので、持っていきそこねても大丈夫です。
さあ、いよいよ館内の温泉、浮島風呂に向かいます。1階から通路を通った奥にありますが、その通路は…洞窟!?
この洞窟、本物の岩で作られているので、岩肌を水が流れ、苔や草も生え、雰囲気満点です。温泉旅館に来たはずなのに、なぜか探検気分が味わえます。
ちなみに浮島風呂という名前、外の池のうえに建物が張り出して浮いているからこの名前なのだとか。
浮島風呂で疲労回復入浴法を!露天風呂派も「常盤館」雲の助でOK!
こちらが洞窟の先の「浮島風呂」。内湯のみの一見シンプルなお風呂ですが、この衝立の向こうに、あと2つ湯舟があります。一番手前は熱いお湯ですが、衝立の裏側が温湯(ぬるま湯)、一番低いところにあるのが水風呂です。
まずは熱いお湯で全身をしっかり温め、その後水風呂で足首まで15秒。次に温湯に30秒、また水風呂で今度は腰まで15秒…というように、温かいお湯と水風呂に交互に入ることで、血行が良くなり、疲労回復の効果があるとか。
いやいや普通に温まりたい…という方は、一番上の熱いお湯を楽しんでください。温泉の泉質は単純炭酸鉄泉。肌当たりが柔らかく、ゆっくり入っていられるお湯です。
湯治場を思わせる浮島風呂もいいですが、温泉に来たら露天風呂も楽しみたい、という人も多いはず。そういう方も大丈夫! 薬師館宿泊者は、姉妹旅館「常盤館」の展望露天風呂「雲の助」に無料で入ることができるのです。
この「雲の助」、なんと登山電車で登っていくほど高いところにあります。昼間は山々が見渡せ、夜には佐久平の夜景が見下ろせる、まさに絶景展望風呂。開放感も満点です。
和室にベッド、イタリアンにお蕎麦の和洋折衷!
「薬師館」の客室は全10室。すべて和室にベッドやソファを置いた和洋室です。布団の上げ下ろしもないので、部屋でマイペースにのんびり過ごしたい人にぴったり。特に3階のお部屋は眺望も楽しめます。
部屋には空の冷蔵庫があるので持込もOK。カプセル式のコーヒーメーカーもあり、手軽に淹れたてのコーヒーも楽しめます。お水の用意はありませんが、水道の水は菱野の湧水で、そのまま飲んでも美味しいお水。
食事は1階の和風イタリアンダイニングUjoでいただきます。写真は信州和牛のステーキ。信州産林檎の和風だれが添えられています。このほか、信州味噌のディップを添えた野菜など、地元産品にこだわったお料理が並びます。そして食事の最後には、やはり“信州ならでは”のお蕎麦も! 基本はイタリアン、でも旅行者の喜ぶ地元の名物を柔軟に取り入れています。
なお、プランによってメニューが異なります。館外のレストラン「ふわり家」での提供となるプランもあります。
こちらは朝食の長野産の蕎麦粉を使ったガレット。カスタードクリームに信州産のフルーツを使ったスイーツ風ガレットと、ベーコンと卵のガレットから選ぶことができます。信州産にこだわったガレットに、さらに自家製パンやスープがつきます。また、やっぱり朝はごはんとお味噌汁でないと、という方は、和食を選ぶこともできます。
あそこにもここにも、遊べる工夫がいっぱい!
ロビーのちょっと奥を覗くと、あら、こたつと漫画がありますね。何しろ山の中で冷え込むので、ぬくぬくとこたつに入って漫画を読めば、根が生えそうな気持よさ。さらに卓球台まであったりして、家族や仲間でわいわい楽しむにもぴったりです。
「薬師館」の楽しみは、館内だけではありません。浮島風呂の前の池には鯉や鴨がいて、下の広場にはポニーまで! 餌やりもできるので、子どもにも大人気です。 

展望露天風呂雲の助
place
長野県小諸市菱平762-2
phone
0267220516
opening-hour
11:00-16:00(最終受付)※休前…

この記事を含むまとめ記事はこちら