扇おみくじの千代神社、芸能の神がおわす彦根市最古の神社


2017.10.18

LINEトラベルjp 旅行ガイド

滋賀県彦根市にある千代神社の「扇おみくじ」が、キレイでかわいいと話題になっている。主祭神が「芸能の神」ということで、習い事や技能の上達、オーディション合格祈願にまで御利益があるというのも理由のようだ。
見た目もかわいいミニチュア扇のおみくじ。お守りにもなり、飾るもよし、身につけるもよし。
地域の氏神様として親しまれ、彦根市で最も古い歴史をもつ千代神社の「扇おみくじ」を手にしてみませんか。
芸能の神をまつる千代神社
千代神社の主祭神は天宇受売命(アメノウズメノミコト)。諸芸全般をつかさどる女神といわれている。天岩戸神話に登場する神で、天照大神が岩戸に隠れ暗闇となった際に、岩戸の前で舞い世の中に光を取り戻した女神だからだ。
俳優(わざおぎ)の始祖、芸能の始祖としてあがめられ、歌舞伎能狂言や武芸者、職人、芸術家の崇敬を集めている。
天宇受売命をまつる神社は、京都府京都市右京区にある車折神社(くるまざきじんじゃ)境内の芸能神社や三重県鈴鹿市の椿大神社(つばきおおかみやしろ)などが知られているが、千代神社のように主祭神としてまつられる例は珍しい。
ちなみに東京都新宿区にある花園神社の境内社・芸能浅間神社(げいのうあさまじんじゃ)も芸能の神をまつる神社として知られているが、こちらの主祭神は木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤヒメ)である。
この千代神社、彦根市では神社として最も歴史が古い。社伝によると「人皇第八代孝元天皇の皇女倭迩迩姫の降誕によって勧請」とある。どれほど昔なのかも定かではない遠い遠い昔のことだという。
本殿は、国の重要文化財で寛永15(1638)年に建立された。檜皮(ひわだ)ぶきの三間社流造で朱色の漆が塗られている。桃山時代の様式を残す極彩色の見事な彫刻が印象的だ。普段は非公開だが、社務所で希望すれば特別に近くで見せていただける。
おみくじがお守りに、末広がりの「扇おみくじ」
話題となっている「扇おみくじ」とは、どんなものなのか気になるところだろう。
扇を広げるとハガキくらいの大きさ。美しいミニチュア扇だ。絵柄は9種類。裏を返せば、おみくじになっている。内容は芸能上達に関すること。日々鍛錬を積んでいる人にとって指針となる教えが記されている。
ミニチュアといっても本格的。京都の扇子専門店「舞扇堂」の特注品だ。飾り物としても十分通用する。扇は「末広がり」ともいわれる縁起物。お守りとして神棚や稽古場に飾るもよし、専用の「御守袋」に入れて持ち歩くのもよし。
「扇おみくじ」800円、「御守袋」200円。
ちなみに、おみくじは自分で引くだけではなく代理で引いても構わない。その人に変わって引くことを神様に報告し、願いをこめて引いたら開封せずに渡すと効力があるとか。お土産やプレゼントにもいいかもしれない。
氏神として地域で親しまれている千代神社
彦根城下の百石町(現、彦根市京町)と呼ばれていた武家屋敷跡に建つ千代神社。
その昔、「千代宮」と呼ばれていた頃は佐和山の麓にあった。石田三成が佐和山城築城時に「見下ろすのは失礼にあたる」と彦根山に移したが、彦根城築城時に元の場所に戻され、寛永15(1638)年に現在の立派な本殿が建立された。明治2(1869)年になって「千代神社」に改称、明治16(1883)年には県社に指定されている。
昭和30年代になって近隣のコンクリート工場からの公害に悩まされ、昭和41(1966)年に現在の場所へ解体移築された。時の権力者や地域の人に大切に守られてきた千代神社。五穀豊穣、家業繁栄などを祈願する氏神様として親しまれ、多くの年中行事が執り行われている。
なかでも、5月3日から5日(本宮)に行われる春季例大祭では、氏子と共に3基の神輿や神馬が街中を練り歩く。彦根城下が観光客でにぎわうGWだけに、目にした人にも御利益があることだろう。 

千代神社
rating

3.5

6件の口コミ
place
滋賀県彦根市京町2丁目9-33
phone
0749221237
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら